検索結果 【海軍】

281-290件/293件中

  • 中国が周辺国を呑み込み始めた

    2008.04.13
    中国が周辺国を呑み込み始めた

    2008年6月号記事   アジア大変動   中国が周辺国を呑み込み始めている。台湾、オーストラリア、北朝鮮が自ら中国の影響下に入る動きを見せるなか、中国はアメリカに対してアジアの覇権国であるかのように振る舞い出している。5月6日には胡錦濤国家主席が来日する予定だが、このアジアの大変動に日本はどう立ち向かうか。   ...

  • 沖縄が危ない

    2007.10.13
    沖縄が危ない

    2007年12月号記事 過去19年間で16倍という驚異的なペースで軍拡を続ける中国。   2020年ごろにはパワーバランスでアメリカを圧倒するとされ「米中覇権戦争」が予想されているがそれを待たずして“前哨戦”がすでに始まっているのが沖縄だ。 覇権衝突の最前線でいったい何が起きているのか──   ...

  • 中国が日本を「属領化」する

    2007.08.13
    中国が日本を「属領化」する

    2007年10月号記事     台湾で激突する米中の覇権   安倍・自民党の参院選大敗で、公約の憲法改正はハードルが高くなった。ただ、日本を取り巻く環境を見れば、中国が大軍拡を加速させ、「台湾獲得」に動いているように見える。中国に台湾が併合されれば、「次は日本が中国の属領になる」との指摘もある。その時期は早ければ2020年...

  • 「無税国家」は実現できるか?

    2007.07.10
    「無税国家」は実現できるか?

    2007年9月号記事 東京・杉並区が「住民税ゼロ構想」   東京都杉並区が7月、「住民税ゼロ」を目指し、予算の一部を積み立て運用する減税構想を検討する研究会を立ち上げた。故・松下幸之助氏が生前に提唱した「無税国家」の自治体版だが、果たして実現できるのか。   78年後に住民税ゼロ 「日本で初めて税を減らし、ゼロに...

  • 中国の対日戦略を読み解く

    2007.04.10
    中国の対日戦略を読み解く

    2007年6月号記事   経済協力を求めつつ日米同盟を分断?   中国の温家宝首相が4月、中国首相として6年半ぶりに来日。小泉政権時代の強硬姿勢とはうって変わって、笑顔で友好ムードを演出し、「微笑外交」を展開した。しかし、その背後には中国のしたたかな国家戦略が見え隠れしている。      ...

  • 見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006.05.08
    見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006年7月号記事   見えてきた 靖国・  竹島問題の深層 中国・韓国にどう向き合うか   靖国や竹島問題で中国・韓国との首脳会談が開かれず、「日本はアジアで孤立している」という声があがっている。だが問題点を考えてみると、中韓の靖国参拝批判は国際常識を逸脱した内政干渉といえるし、竹島をめぐる韓国の主張は国際法上成り立た...

  • 未来社会のヒントは「エジソン」にあり!

    2006.05.08
    未来社会のヒントは「エジソン」にあり!

      2006年7月号記事 未来社会のヒントは「エジソン」にあり!      白熱電球をはじめ、映写機、蓄音機など、科学技術で世界中の人々の暮らしを豊かにした世界の発明王トーマス・ エジソン。来年の生誕160周年を前にイベントが行われたり、今年9月末にはエジソンが登場するアニメ映画「永遠の法」が封切られるなど、改め...

  • トンデモ上司とトホホ部下

    2006.03.08
    トンデモ上司とトホホ部下

    2006年5月号記事 新入社員に贈る トンデモ上司とトホホ部下 それでも僕らは戦い続ける   職場における永遠のテーマ「上司と部下」。 無責任な上司に反抗的な部下。 不条理なんて当たり前。 それでも我々は明るい未来を心に描きながら力強く生きていくのだ! イラストレーション/増澤香織   &nb...

  • うちのオカン伝説

    2006.02.08
    うちのオカン伝説

    2006年4月号記事 やさしくってあったかくってちょっとこわい うちのオカン伝説   今、「オカン」が熱い。 母と子の心の交流を描いた小説『東京タワー』のロングセラーが象徴するように日本人は身近で大事なものに気づき始めたのか。 読者投稿とともに、“発明王”ドクター・中松元女子プロレスラー・北斗晶の両氏にオカンに...

  • 2005年「敗軍の将」の研究

    2005.10.07
    2005年「敗軍の将」の研究

    2005年12月号記事 2005年「敗軍の将」の研究   成功者を真似ようとしても簡単にはいかないが「敗北」は教訓に満ちており、研究に値する。 ダイエー創業者の故・中内氏 ライブドアの堀江貴文社長 民主党の岡田克也前代表── 今年1年、世間の注目を集めた「敗軍の将」から成功へのヒントを学んでみよう。   ...

Menu

Language