検索結果 【信教の自由】

221-227件/227件中

  • なぜ宗教教育は日本から消えたのか  (後編)

    2007.05.10
    なぜ宗教教育は日本から消えたのか (後編)

    2007年7月号記事 戦後教育秘史   先月号(前編)では、戦後占領期の、わずかなボタンの掛け違いで宗教教育の「タブー」がもたらされたことを指摘した。 しかし、戦後60年以上経った現在でもその「タブー」を放置し続けているのは、日本の責任にほかならない。 なぜ日本では、宗教教育の論議が一向に進展しなかったのか? そして、その現状を打開す...

  • なぜ宗教教育は日本から消えたのか  (前編)

    2007.04.10
    なぜ宗教教育は日本から消えたのか (前編)

    2007年6月号記事 戦後教育秘史   いじめ、不登校、学級崩壊…… 誰が見ても、日本の公教育は危機的状況にある。 その根本的な原因として、公教育から道徳そしてそのベースとなる宗教そのものが排除されたことを指摘する声は多い。 では、なぜ宗教は教育から追放されてしまったのか。 これまで主に専門家の間で...

  • 主役たちの誤算2006

    2006.10.10
    主役たちの誤算2006

      2006年12月号記事 あの人は、あの国は、なぜ敗れたのか?   2006年は政界では安倍政権スタート、経済界はM&A時代に本格突入、スポーツ界ではワールド・ベースボール・クラシックやワールドカップなどが話題をさらった。これらのニュースの陰で敗れ去った人たちもいる。挫折した中国の「反日」路線、再建の道が見えないダイエー、惨敗のジーコ・ジ...

  • 香港は「中国」に呑みこまれたか(後編)

    2006.09.10
    香港は「中国」に呑みこまれたか(後編)

      2006年11月号記事 大反響・現地レポート それでも共産中国は「香港化」する? 来年で「一国二制度」10年を迎える香港は、北京政府による経済的な支援もあって「繁栄」を享受する一方、その他の政治や言論の自由は様々な制約を受けている。前号ではその一端をレポートしたが、今回は、北京政府が「支配」を強めている政治や言論の現状を関係者のインタビューを交え...

  • 新・日米同盟でアジアはどう動く?

    2006.07.10
    新・日米同盟でアジアはどう動く?

      2006年9月号記事 台頭する中国の覇権主義   6月末に日米両国首脳が日米安保を「21世紀の新しい日米同盟」と意義づけたばかりの7月5日、北朝鮮が日本海に7発のミサイルを発射し、世界に衝撃を与えた。新たな日米同盟は、北朝鮮やその“後ろ盾”の中国との「冷戦」と もいうべき事態にどう行動するのか。 ...

  • 見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006.05.08
    見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006年7月号記事   見えてきた 靖国・  竹島問題の深層 中国・韓国にどう向き合うか   靖国や竹島問題で中国・韓国との首脳会談が開かれず、「日本はアジアで孤立している」という声があがっている。だが問題点を考えてみると、中韓の靖国参拝批判は国際常識を逸脱した内政干渉といえるし、竹島をめぐる韓国の主張は国際法上成り立た...

  • 朝日新聞・箱島信一社長の守護霊インタビュー

    2003.08.04
    朝日新聞・箱島信一社長の守護霊インタビュー

      2003年10月号記事 特集 マスコミ人に仏性ありや、またなしや。 朝日新聞・箱島信一社長の守護霊インタビュー 朝日が読めないなら愚民 日本における神は朝日です   朝日新聞は去る7月29日、幸福の科学の会員である国家公務員の伝道活動を、あたかも違法行為であるかのように取り上げた記事を掲載した(16ページのコラ...

Menu

Language