検索結果 【大川隆法】

211-220件/3148件中

  • 釈量子の志士奮迅 [第93回] - コロナの教訓と神の意志

    2020.06.20
    釈量子の志士奮迅 [第93回] - コロナの教訓と神の意志

      2020年8月号記事   幸福実現党 党首 釈量子の志士奮迅 第93回   幸福実現党党首   釈量子 (しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局。本誌編集部、常務...

  • コロナ不況、小池都政、東京の未来を語る 大川隆法総裁の『時事政談』が発刊

    2020.06.20
    コロナ不況、小池都政、東京の未来を語る 大川隆法総裁の『時事政談』が発刊

      《本記事のポイント》 国民の生活をおびやかすコロナ不況は人災 3密がダメなら、近代の経済と民主主義の原理が崩壊する ビルの屋上からプライベートジェットを飛ばすような大胆な発想を     中国発・新型コロナウィルスの感染拡大で、世界中の人、モノ、カネの動きが滞り、急速に経済がしぼむ中、...

  • イージス・アショア断念で見えた安倍政権の体質 正々堂々と国防強化を言えばいい

    2020.06.20
    イージス・アショア断念で見えた安倍政権の体質 正々堂々と国防強化を言えばいい

    イージス・アショアは、イージス艦から発射されるミサイルを地上に配備する兵器。写真:viper-zero / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 イージス・アショアの配備を断念し、防衛大臣が山口県知事に陳謝 しかし、イージス・アショアは時代遅れの兵器であり、当初より反対論があった 今回の判断は、中国のウィ...

  • 中国共産党で「習近平解任を協議する会議」が開催!? 【澁谷司──中国包囲網の現在地】

    2020.06.17
    中国共産党で「習近平解任を協議する会議」が開催!? 【澁谷司──中国包囲網の現在地】

      《本記事のポイント》 習近平氏への"反抗"続ける李克強首相 中国内からも露骨な習近平批判相次ぐ 韓国瑜リコールで台湾工作も敗北     中国内外で、習近平政権を本格的に揺るがすような狼煙(のろし)が上がっている。   本欄でもご紹介した通...

  • コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (後編)

    2020.06.17
    コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (後編)

      コロナ禍で、政府や自治体がさまざまな「自粛」を要請。それに伴い、国民一人につき一律10万円を給付するなど、多くの補助金や助成金をバラまいている。   だが、政府が1000兆円を超える財政赤字を抱えていることが問題になっていることを考えれば、この先に起きるのは「増税」だろう。   コロナの被害を考えれば、インフルエンザ並...

  • 映画「心霊喫茶」が観客動員で5週連続1位 邦画の実写では「永遠の0」以来の快挙

    2020.06.16
    映画「心霊喫茶」が観客動員で5週連続1位 邦画の実写では「永遠の0」以来の快挙

    興行通信社「CINEMAランキング通信」トップページより   映画『心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-』が、興行通信社が発表する週末観客動員ランキング(6月13~14日)で1位を獲得。5月の公開以来、5週連続の1位となった。   近年、同ランキングで5週以上の連続1位を続けたのは、2017年の「美女と野獣」、...

  • コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (前編)

    2020.06.16
    コロナ禍の政府のバラまきを「やったー!」と感じてしまう人へ (前編)

      コロナ禍で、政府や自治体がさまざまな「自粛」を要請。それに伴い、国民一人につき一律10万円を給付するなど、多くの補助金や助成金をバラまいている。   だが、政府が1000兆円を超える財政赤字を抱えていることが問題になっていることを考えれば、この先に起きるのは「増税」だろう。   コロナの被害を考えれば、インフルエンザ並...

  • 錬金術の歴史を振り返る-アラビア世界の錬金術2-(2) 【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

    2020.06.16
    錬金術の歴史を振り返る-アラビア世界の錬金術2-(2) 【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

      HSU 未来産業学部プロフェッサー 志波 光晴 プロフィール (しわ・みつはる)1957年、福岡県生まれ。神奈川大学経済学部経済学科卒業後、プラントメンテナンス会社、非破壊検査装置会社で働く中で理科系の研究者を決意。放送大学教養学部で理科系を学び、東京大学先端科学技術研究センター研究生を経て、同大学工学部より工学博士を取得。同...

  • 渡部昇一氏・天国から語る「中国の嘘を許すな」「未来は『自助論』にあり」

    2020.06.15
    渡部昇一氏・天国から語る「中国の嘘を許すな」「未来は『自助論』にあり」

      評論家の渡部昇一氏がこの世を去って3年が経った。   知的生活の重要性や、歴史認識の誤りを乗り越える必要性などを啓蒙してきた渡部氏。生前、国の行く末を左右する事件が起きた時などには、必ずと言っていいほどその評論に注目が集まった。   コロナ感染で世界が混乱し、日本の政治経済にも大きな影響が出ている今、渡部氏に話を聞ける...

  • ジョージ・オーウェル『1984年』に見るワンフレーズ・ポリティクスの危険性

    2020.06.15
    ジョージ・オーウェル『1984年』に見るワンフレーズ・ポリティクスの危険性

    写真:Wachiwit / Shutterstock.com   1949年にイギリスで発刊された『1984年』。架空の全体主義国家・オセアニアに統治された世界が描かれている同書は、発刊から半世紀以上が経った今でも、世界中で読まれ続けています。   同書は全体主義国家における監視社会の恐ろしさを描き出していることで有名です。同時に、民主主義...

Menu

Language