検索結果 【大川隆法】

211-220件/3207件中

  • 今の日本が知るべき「なぜチャーチルはヒトラーとの戦いを選べたのか?」

    2020.07.28
    今の日本が知るべき「なぜチャーチルはヒトラーとの戦いを選べたのか?」

    画像:Mary Doggett / Shutterstock.com   第二次世界大戦において破竹の勢いで戦線を拡大し、ヨーロッパの国を次々と手中に収めていったヒトラー。そのヒトラーに戦いを挑んだイギリスの政治家がいました。彼の名は、ウィンストン・チャーチル。   しかし当時のイギリスでは、ヒトラーとの宥和を主張する声も少なくありませんで...

  • ALS患者の嘱託殺人事件 「障害者や高齢者を排除」する発想の奥にある全体主義思想

    2020.07.27
    ALS患者の嘱託殺人事件 「障害者や高齢者を排除」する発想の奥にある全体主義思想

      《本記事のポイント》 嘱託殺人事件の容疑者の医師は自殺未遂を繰り返していた 4年前の障害者施設殺傷事件に通じる発想 宗教が「テロ思想」「全体主義思想」からの防波堤     ALSの患者である51歳の女性患者の依頼で薬物を投与し、殺害したとして、医師2名が嘱託殺人の容疑で逮捕された事件...

  • ポンペオ国務長官が中国を痛烈批判 「中国共産党から自由を守ることは現代の使命」

    2020.07.25
    ポンペオ国務長官が中国を痛烈批判 「中国共産党から自由を守ることは現代の使命」

    23日、カリフォルニア州で、対中国政策に関するスピーチを行ったポンペオ米国務長官。写真:Ringo Chiu / Shutterstock.com   《本記事のポイント》  演説で、「習近平総書記は、全体主義イデオロギーの信奉者」 「中国国民と自由主義世界が、中国共産党の行動を変えさせる」 「今こそ、民主主義諸国の...

  • 反中演説第三弾 バー米司法長官が愛国心を失った米企業を辛辣に批判

    2020.07.24
    反中演説第三弾 バー米司法長官が愛国心を失った米企業を辛辣に批判

    画像はwikipediaより   《本記事のポイント》 アメリカに対して「経済的電撃戦」を仕掛ける中国 外国人代理人登録法の適用で親中企業の見える化 国家観を失った米企業は愛国心を取り戻せるか     ウィリアム・バー米司法長官は17日(現地時間)、ミシガン州のジェラルド・フォー...

  • 「水害が中国軍を無力化」 洞庭湖の女神が中国の水害の真相を語る

    2020.07.23
    「水害が中国軍を無力化」 洞庭湖の女神が中国の水害の真相を語る

    洞庭湖。   中国では今年に入り、新型コロナウィルスの蔓延やバッタの大量発生、6月以降の度重なる洪水被害など、災いが相次いでいる。特に、数十年ぶりの水害に見舞われたことで、約3800万人が被災したほか、サプライチェーンも打撃を受けている。   泣きっ面に蜂とも言える状況の中、中国建国の父である毛沢東の霊が19日、幸福の科学・大川隆法総裁の元...

  • 【理想のナンバー2とは】本田宗一郎を支え続けた藤沢武夫の美学 その3

    2020.07.23
    【理想のナンバー2とは】本田宗一郎を支え続けた藤沢武夫の美学 その3

    写真:Vadim Axel / Shutterstock.com   スーパーカブなど世界で愛される二輪や四輪を生み出す日本が誇るトップ・メーカーの一つ、本田技研工業(ホンダ)。   創業者の本田宗一郎が有名ですが、副社長として本田を支え続けた藤沢武夫がいなければ、ホンダは静岡の町工場の域を出なかった可能性もあると言われています。 ...

  • 国民を核から守るイージス・アショア 拒んだ県は地方交付税カットに値する

    2020.07.22
    国民を核から守るイージス・アショア 拒んだ県は地方交付税カットに値する

    アメリカにあるイージス・アショアのテスト施設(Wikipediaより)。   中国発の新型コロナウィルスが世界中に広がり、各国の政治や経済が混乱する中、大川隆法・幸福の科学総裁は18日、法話「いま、政治に必要な考え方」を説いた。   70分を超える法話では、安倍政権のバラマキ政策の問題点や中国のバブル経済の危険性など、数多くの論点が語られた...

  • 中国・長江の大洪水、令和に相次ぐ台風、沖縄・首里城の火災…… 災害の奥の「天意」とは

    2020.07.21
    中国・長江の大洪水、令和に相次ぐ台風、沖縄・首里城の火災…… 災害の奥の「天意」とは

    中国の三峡ダム。   中国発の新型コロナウィルスが世界中に広がり、各国の政治や経済が混乱する中、大川隆法・幸福の科学総裁は18日、法話「いま、政治に必要な考え方」を説いた。   70分を超える法話では、安倍政権のバラマキ政策の問題点や中国のバブル経済の危険性など、数多くの論点が語られた。この法話は、幸福の科学の支部、精舎で拝聴できる(文末に...

  • 奈良の大仏に「信仰と情熱」を捧げた僧侶の物語

    2020.07.21
    奈良の大仏に「信仰と情熱」を捧げた僧侶の物語

    近鉄奈良駅前には、大仏建立に尽力した行基の像が建てられている。   疫病や天変地異が続いた奈良時代──。   鎮護国家を祈念して造られたのが、奈良の国分寺である東大寺です。当時世界最大の金銅仏像だった「奈良の大仏」が鎮座しています。   大仏は2度にわたる戦火で焼失しましたが、その都度、民の寄付によって再建・再興さ...

  • 「骨太方針」の"健康管理"はヒトラーと同じ! マイナンバー制度はナチスの発想

    2020.07.20
    「骨太方針」の"健康管理"はヒトラーと同じ! マイナンバー制度はナチスの発想

    政府のマイナンバーのホームページより。   コロナ禍で日本の政治が迷走を続ける中、大川隆法・幸福の科学総裁が18日、法話「いま、政治に必要な考え方」を行った。   70分を超える法話の中で、安倍政権のバラマキ政策の問題点や中国のバブル経済の危険性など、数多くの論点が語られた。この法話は、幸福の科学の支部、精舎で拝聴できる(文末に連絡先)。 ...

Menu

Language