検索結果 【言論の自由】

201-205件/205件中

  • 正しい男女観を考える(後編)

    2006.09.10
    正しい男女観を考える(後編)

      2006年11月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第117回 シリーズ「正しき道を求めて」正しい男女観を考える(後編)   問 日本は、家庭でも職場でも、まだまだ男性主導型であり「女性が自分の意見を聴いてほしいと思っても、男性が先に結論を出してしまう」などといったことで、トラブルの...

  • 香港は「中国」に呑みこまれたか(前編)

    2006.08.10
    香港は「中国」に呑みこまれたか(前編)

    2006年10月号記事 一国二制度来年で10年 共産政権下の「繁栄」を追う(前編)   97年7月に香港がイギリスから中国に返還されて、今年ではや9年。香港は返還後、どうなったのか。寂れたのか。イギリス領時代とどちらがよかったのか──。「一国二制度」の香港は中国国内であり、日本とは違うとはいえ、13億の共産主義国家の強い影響を受けるという点で両者は似...

  • 新・日米同盟でアジアはどう動く?

    2006.07.10
    新・日米同盟でアジアはどう動く?

      2006年9月号記事 台頭する中国の覇権主義   6月末に日米両国首脳が日米安保を「21世紀の新しい日米同盟」と意義づけたばかりの7月5日、北朝鮮が日本海に7発のミサイルを発射し、世界に衝撃を与えた。新たな日米同盟は、北朝鮮やその“後ろ盾”の中国との「冷戦」と もいうべき事態にどう行動するのか。 ...

  • 見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006.05.08
    見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006年7月号記事   見えてきた 靖国・  竹島問題の深層 中国・韓国にどう向き合うか   靖国や竹島問題で中国・韓国との首脳会談が開かれず、「日本はアジアで孤立している」という声があがっている。だが問題点を考えてみると、中韓の靖国参拝批判は国際常識を逸脱した内政干渉といえるし、竹島をめぐる韓国の主張は国際法上成り立た...

  • 朝日新聞・箱島信一社長の守護霊インタビュー

    2003.08.04
    朝日新聞・箱島信一社長の守護霊インタビュー

      2003年10月号記事 特集 マスコミ人に仏性ありや、またなしや。 朝日新聞・箱島信一社長の守護霊インタビュー 朝日が読めないなら愚民 日本における神は朝日です   朝日新聞は去る7月29日、幸福の科学の会員である国家公務員の伝道活動を、あたかも違法行為であるかのように取り上げた記事を掲載した(16ページのコラ...

Menu

Language