検索結果 【誇り】

11-20件/380件中

  • 本多静六流 富に至る定石は"平凡"にあり

    2020.09.21
    本多静六流 富に至る定石は"平凡"にあり

      先行きが不透明な時代。個人も企業も、貯蓄に動いています。   日本銀行によると、6月末時点で、個人の預金残高が1031兆円と過去最高になりました。また、金融機関を除く民間企業の金融資産は1185兆円となり、過去最高の伸び率を見せています。   財務の基本は、「入るを量って、出ずるを制す」。つまり、入るお金の方を多くして...

  • アメリカで進む黒人の保守化 民主党の"票田システム"が崩壊か

    2020.09.20
    アメリカで進む黒人の保守化 民主党の"票田システム"が崩壊か

    民主党議員でありながら、8月24日の共和党全国大会でトランプ支持の演説を行うバーノン・ジョーンズ氏。提供:2020 Republican National Convention/ロイター/アフロ   《本記事のポイント》 トランプ大統領の就任以降、共和党支持を公言する黒人が増加 差別反対を叫びながら、黒人を票田にしておきたい民主党の欺瞞が...

  • 「法と秩序を守る」トランプの賛同者が増えている

    2020.09.14
    「法と秩序を守る」トランプの賛同者が増えている

    8月17日、ウィスコンシン州オシュコシュにて、州警察が監視する中、トランプ支持者と反トランプ派が衝突。   11月3日の米大統領選投票日まで、2カ月を切りました。米リベラル系主流メディアの報道を見ていると、トランプ氏の支持率は低いようにも見えますが、実際は違います。   驚異的なペースで全米を飛び回っているトランプ大統領は、行く先々で熱狂的...

  • 堺から、世界へ。 - 地域シリーズ 大阪府堺

    2020.08.29
    堺から、世界へ。 - 地域シリーズ 大阪府堺

    仁徳天皇陵古墳の上空から、大阪湾を望む写真提供:ピクスタ   2020年10月号記事   地域シリーズ   堺から、世界へ。   今から約1700年前の日本で、空前絶後の大減税が行われた─。 日本の繁栄は、堺なしには語れない。 (編集部 飯田知世)   ...

  • 『大川隆法 思想の源流』にある ハンナ・アレントの政治哲学  アレントが源流にある理由とは

    2020.08.29
    『大川隆法 思想の源流』にある ハンナ・アレントの政治哲学 アレントが源流にある理由とは

      2020年10月号記事   BOOK   『大川隆法 思想の源流』にある   ハンナ・アレントの政治哲学 アレントが源流にある理由とは   大川総裁の政治活動や政治的発言の原点にあるアレントの政治哲学とは何か。 思想の源流に位置付られる意味について探究した。 ...

  • トランプ大統領はなぜサプライサイド経済学を支持するのか(1) 「努力即幸福」の尊さを説くサプライサイド経済学

    2020.08.29
    トランプ大統領はなぜサプライサイド経済学を支持するのか(1) 「努力即幸福」の尊さを説くサプライサイド経済学

    画像はラッファー氏提供。   《本記事のポイント》 サプライサイド経済学は生産者の働く意欲を高める 働いて自尊心を高めることが大切 魂は本来、生産的で創造的につくられている     トランプ米大統領は、25日の共和党大会の演説で、10カ月以内に1000万人の雇用を取り戻すとの公約...

  • コロナですべてを失っても ゼロから立ち上がる力

    2020.07.29
    コロナですべてを失っても ゼロから立ち上がる力

      2020年9月号記事   コロナですべてを失っても ゼロから立ち上がる力   コロナ禍でお店や会社の経営が苦しくなり、 「国に保護してもらおう」と考える人が増えている。 しかしこうした時こそ、「自助論」の考え方が必要だ。 (編集部 駒井春香、山本泉)     ...

  • 【理想のナンバー2とは】本田宗一郎を支え続けた藤沢武夫の美学 その2

    2020.07.09
    【理想のナンバー2とは】本田宗一郎を支え続けた藤沢武夫の美学 その2

    写真:Vadim Axel / Shutterstock.com   『ザ・リバティ』2020年8月号 幸福の科学出版 スーパーカブなど世界で愛される二輪や四輪を生み出す日本が誇るトップ・メーカーの本田技研工業(ホンダ)。   創業者の本田宗一郎が有名ですが、副社長として本田を支え続けた藤沢武夫...

  • 優れたリーダーには「名参謀」あり  理想のナンバー2とは

    2020.06.29
    優れたリーダーには「名参謀」あり 理想のナンバー2とは

      2020年8月号記事   優れたリーダーには「名参謀」あり 理想のナンバー2とは   古今東西に存在する、歴史を創ったリーダーたち。その影には常に、「名参謀」が存在する。 彼らの生き方から理想のナンバー2の姿を読み解く。 (編集部 駒井春香)     ...

  • 「まるでジョージ・オーウェルの『1984年』のよう」って、一体どんな世界……?

    2020.06.22
    「まるでジョージ・オーウェルの『1984年』のよう」って、一体どんな世界……?

      給付金に便乗して政府が進めようとしている、マイナンバーと預貯金口座のひも付け。東京都が中国・清華大学と協力して進めている、顔認証システムの導入。感染封じ込めのために運用が始まった、新型コロナウィルス接触アプリ「COCOA」──。   コロナ禍で、日本にもひたひたと近づいている、全体主義の足音。時にそれは、「まるで、ジョージ・オーウェルの『198...

Menu

Language