検索結果 【臓器】

11-20件/91件中

  • もし中国の指導者を「臓器狩り」の罪で裁判にかけたら!?

    2020.03.17
    もし中国の指導者を「臓器狩り」の罪で裁判にかけたら!?

    判決を言い渡す民衆法廷の判事団たち。右から3人目が議長のジェフリー・ナイス卿。   英ロンドンにて2019年、中国で"良心の囚人"から臓器収奪が行われている問題についての民衆法廷の最終裁定が下されました。民衆法廷とはNGOや市民が設置する模擬法廷のことです。 (関連記事:2019年6月26日付本欄 英民衆法廷の最終判決「中国臓器狩りは有罪...

  • 映画監督 Interview - 「馬三家からの手紙」 レオン・リー

    2020.02.28
    映画監督 Interview - 「馬三家からの手紙」 レオン・リー

      2020年4月号記事   Movie   映画監督 Interview 「馬三家からの手紙」    プロデュース、監督 / レオン・リー     【公開日】 2020年3月21日より新宿K's cine...

  • アウシュビッツ解放から75年 イランはユダヤ人国家を滅ぼそうとしている?

    2020.01.30
    アウシュビッツ解放から75年 イランはユダヤ人国家を滅ぼそうとしている?

    アウシュビッツ強制収容所写真:Romanova Elizaveta / Shutterstock.com。   第二次大戦中、ナチス・ドイツによるユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)が行われたアウシュビッツ強制収容所が解放されて、27日で75年を迎えました。アウシュビッツ収容所では、ガス室などで少なくとも110万人のユダヤ人などが虐殺されました。   ...

  • 2020年代の「中国離脱」戦略Part02 新・ニッポンのものづくり中国に勝つ「未来産業革命」

    2020.01.29
    2020年代の「中国離脱」戦略Part02 新・ニッポンのものづくり中国に勝つ「未来産業革命」

      2020年3月号記事   2020年代の「中国離脱」戦略   中国バブル崩壊や、中東情勢などに端を発する世界同時不況の可能性──。 国際経済の見通しが不透明になる中、日本は最悪の事態に備えなければならない。 そこで重要になるのは、国内のお金の循環をよくし、将来の富を生む産業を創ることだ。 本特集...

  • ウイグル、移民、外為法、GAFA 2019年をリバティ本誌で振り返る

    2020.01.01
    ウイグル、移民、外為法、GAFA 2019年をリバティ本誌で振り返る

      2019年は、米中貿易戦争の激化や香港問題、イラン問題など、さまざまなニュースが飛び交った。   リバティでは、本誌やWebを通じて、今年1年、さまざまな発信や提言を行い、日本や世界のあるべき姿を指し示そうとしてきた。   今回、リバティ本誌をもとに、2019年の政治ニュースを振り返りたい。   ...

  • 臓器移植する人、される人──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(18)

    2019.12.16
    臓器移植する人、される人──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(18)

      仕事や人間関係に疲れた時、気分転換になるのが映画です。   映画を選ぶ際に、動員数、人気ランキング、コメンテーターが評価する「芸術性」など、様々な基準があります。   アメリカでは、精神医学の立場から見て「沈んだ心を浮かせる薬」になる映画を選ぶカルチャーがあります。一方、いくら「名作」と評価されても、精神医学的に「心を...

  • 中国の「臓器移植」に関するシンポジウム お金さえあれば数日で手術を受けられる

    2019.12.05
    中国の「臓器移植」に関するシンポジウム お金さえあれば数日で手術を受けられる

      日本、台湾、韓国の司法、医療、メディア関係者がこのほど、東京都内で、アジアシンポジウム「臓器濫用及び移植ツーリズムについて考える」を開きました(*)。   共催団体の「移植ツーリズムを考える会」によると、「アジア諸国は、文化や宗教の影響で、臓器提供の比率が欧米諸国と比べて低く、移植手術までの待機時間が長くなる傾向があるため、中国やパキスタン、フ...

  • 国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

    2019.10.10
    国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

    (「End Organ Abuse」(YouTube)よりスクリーンショット)   ハーミッド・サビ弁護士が9月下旬、中国の臓器収奪問題について、国連人権理事会で演説しました。サビ氏は、昨年から今年にかけてイギリスで行われた「中国臓器収奪問題の民衆法廷」の顧問弁護士です。   以下、演説の一部を抜粋します。   「...

  • 病気が治る人生が変わる - 私の「復活」の奇跡 - 映画「世界から希望が消えたなら。」特別企画

    2019.09.29
    病気が治る人生が変わる - 私の「復活」の奇跡 - 映画「世界から希望が消えたなら。」特別企画

      2019年11月号記事   映画「世界から希望が消えたなら。」特別企画   病気が治る 人生が変わる 私の「復活」の奇跡   現代医学の主流は、人間の体を「機械」のようにとらえる西洋医学。 「病気が治る奇跡なんて、起きるはずはない」というのが世間の「常識」だろう。 しか...

  • 中国の「臓器狩り」を阻止! 専門家が「日本のアクション・プラン」を提案

    2019.07.13
    中国の「臓器狩り」を阻止! 専門家が「日本のアクション・プラン」を提案

    日本のアクション・プランを提案したデービッド・マタス氏。   《本記事のポイント》 カナダの弁護士が、中国の臓器移植問題をめぐる「日本のアクション・プラン」を提案 その内容は、海外での臓器移植法の適用、渡航移植の報告の義務付けなど 日本政府は、中国の人権弾圧について声を上げるべき   中国では、強...

Menu

Language