検索結果 【日中首脳会談】

11-20件/20件中

  • 安倍"悩乱"談話を撤回せよ! 靖国に眠る英霊の冒涜は許さない

    2015.08.15
    安倍"悩乱"談話を撤回せよ! 靖国に眠る英霊の冒涜は許さない

      「私たちは、自らの行き詰まりを力によって打開しようとした過去を、この胸に刻み続けます」――。 終戦の日の前日にあたる2015年8月14日夕、安倍晋三首相は「戦後70年談話」を発表した。   だが、各方面に配慮した結果、支離滅裂で悩乱した内容。そればかりか、慰安婦の強制連行を認めた「河野談話」よりも広い意味で強制性を認め、侵略戦争を認めた...

  • 岡崎久彦氏、"最期の著書"で語った日中外交分析

    2015.01.03
    岡崎久彦氏、"最期の著書"で語った日中外交分析

      公開霊言抜粋レポート   岡崎久彦氏、"最期の著書"で語った日中外交分析   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言には、霊...

  • 【政策比較・歴史】正しい歴史認識で、日本の誇りを取り戻す政党はどこ?

    2014.12.03
    【政策比較・歴史】正しい歴史認識で、日本の誇りを取り戻す政党はどこ?

      ざっくり言うと  歴史問題の解決を明確に主張するのは、自民党、次世代の党、幸福実現党。  民主党、共産党、社民党は、「河野・村山談話」を堅持。  でも、日本の誇りを取り戻すには「河野・村山談話の白紙撤回」が必要。   中国や韓国は、南京大虐殺や従軍慰安婦という「戦後の...

  • 【政策比較・外交防衛】どの政党が未来を見通し、国民を守るか?

    2014.12.03
    【政策比較・外交防衛】どの政党が未来を見通し、国民を守るか?

      ざっくり言うと  政権与党の自民党と公明党のスタンスは、一致していない。  民主党は、集団的自衛権、特定秘密保護法に否定的。  2009年、唯一、国防の危機を叫んでいた政党があった。   中国や北朝鮮が軍事力を増強させ、日本にとって大きな脅威になっています。特に中国は...

  • 2015年世界はこう動く 第1部 自民党 vs 幸福実現党 - アベノミクス・安倍外交の次はコレだ!

    2014.11.23
    2015年世界はこう動く 第1部 自民党 vs 幸福実現党 - アベノミクス・安倍外交の次はコレだ!

      2015年1月号記事   2015年世界はこう動く 第1部   自民党 vs 幸福実現党 アベノミクス・安倍外交の次はコレだ!   「消費増税先送り解散」を打った安倍首相。しかし、「消費税10%」は、元々自民党が掲げたもので、「自作自演」と言える。これに対し、一貫して「増税反対」を主張...

  • 沖縄で起きる「度肝を抜く出来事」とは何か? - Newsダイジェスト

    2012.05.29
    沖縄で起きる「度肝を抜く出来事」とは何か? - Newsダイジェスト

      2012年7月号記事   沖縄で起きる「度肝を抜く出来事」とは何か?   大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁が5月13日の法話の質疑応答の中で、「間もなく沖縄県民が度肝を抜かれるようなことが起きる」と"予言"し話題となっている。「度肝を抜く」出来事とは何か。いくつか予想されることを考えてみる...

  • 中国の次期最高指導者  習近平の野望

    2010.12.01
    中国の次期最高指導者 習近平の野望

      2011年1月号記事 国難の正体!過去世はチンギス・ハン 中国の次期最高指導者、習近平氏の過去世(守護霊)はチンギス・ハンだった――。 大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の霊言で衝撃の事実が明らかになった。 日本を含む周辺国を支配下におき、現代の「大中華帝国」をつくるという守護霊の話は、虐殺の限りを尽くして周辺国を従わせ、モンゴル帝...

  • 【201X年 日本再占領!?】(1)イントロダクション

    2010.10.01
    【201X年 日本再占領!?】(1)イントロダクション

    2010年11月号記事   201X年日本再占領!? 今度は中国だ 日本に希望はあるのか?   日本が「再占領」される──。 それは多くの日本人にとっては現実感のないフィクションでしかないだろう。 しかし、その悪夢がひたひたと近づいているとしたら……。 果たして、日本に希望は残されているだ...

  • 中国「歴史カード」封印の今こそ日本は防衛を固めよ

    2008.05.13
    中国「歴史カード」封印の今こそ日本は防衛を固めよ

    2008年7月号記事 リバティ・オピニオン 胡錦濤来日 日中は歴史問題のくびきから自由になるか?   5月初めに中国国家主席として10年ぶりに来日した胡錦濤氏は、これまでの日中首脳会談で提起されてきた歴史問題を“封印”し、対日関係を重視する姿勢を鮮明にした。これで日本と中国は、歴史問題のくびきから逃れることができるのか...

  • 主役たちの誤算2006

    2006.10.10
    主役たちの誤算2006

      2006年12月号記事 あの人は、あの国は、なぜ敗れたのか?   2006年は政界では安倍政権スタート、経済界はM&A時代に本格突入、スポーツ界ではワールド・ベースボール・クラシックやワールドカップなどが話題をさらった。これらのニュースの陰で敗れ去った人たちもいる。挫折した中国の「反日」路線、再建の道が見えないダイエー、惨敗のジーコ・ジ...

Menu

Language