検索結果 【放射能】

11-20件/22件中

  • 放射能これだけ知れば怖くない 第4回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2011.12.23
    放射能これだけ知れば怖くない 第4回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2012年2月号記事   放射線防護学の第一人者高田純 教授の 放射能これだけ知れば怖くない 第4回   大震災とそれに続く原発事故の発生から半年たった今でも、テレビや雑誌では、放射能の不安を煽るような報道が続いている。 実際に福島の放射能汚染はどのくらい深刻なのか。放射線防護学の第一人者である高田純・札幌医大教授が、8月2...

  • 放射能これだけ知れば怖くない 第3回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2011.11.29
    放射能これだけ知れば怖くない 第3回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2012年1月号記事   放射線防護学の第一人者高田純 教授の 放射能これだけ知れば怖くない 第3回   高田純 (たかだ・じゅん) 札幌医科大学教授、理学博士。専門は放射線防護学。広島大学大学院理学研究科博士課程後期中退後、シカゴ大学ジェームス・フランク研究所、広島大学原爆放射線医科学研究所、京都大学原子炉実験...

  • 放射能これだけ知れば怖くない 第2回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2011.10.27
    放射能これだけ知れば怖くない 第2回─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2011年12月号記事   新連載 放射線防護学の第一人者高田純 教授の 放射能これだけ知れば怖くない 第2回 被災地を回り、地元住民の疑問に応え続けている放射線防護学の第一人者、高田純・札幌医大教授。今回は、10月初旬、福島市と仙台市で行われた講演会での質疑応答の一部をお伝えする。   高田純 ...

  • 放射能これだけ知れば怖くない─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2011.09.27
    放射能これだけ知れば怖くない─放射線防護学の第一人者「高田純教授」

    2011年11月号記事   新連載 放射線防護学の第一人者高田純 教授の 放射能これだけ知れば怖くない   大震災とそれに続く原発事故の発生から半年たった今でも、テレビや雑誌では、放射能の不安を煽るような報道が続いている。 実際に福島の放射能汚染はどのくらい深刻なのか。放射線防護学の第一人者である高田純・札幌医大教授...

  • 放射能は大丈夫か? 福島・首都圏の住民から健康被害が出ない理由【動画】ウェブ版リバティ・セミナー

    2011.09.07
    放射能は大丈夫か? 福島・首都圏の住民から健康被害が出ない理由【動画】ウェブ版リバティ・セミナー

    菅直人氏の首相としての最後の仕事は、「福島で居住が長期間困難になる地域が生じる」と福島県知事らに伝えに行ったことだった。この根拠になったのが文部科学省の試算で、事故直後から1年間の積算放射線量が場所によっては500ミリシーベルトを上回ると発表した。しかし、事故直後は今の1000万倍も放射線が放出されていたので、これから1年間をとれば放射線量は極めて少なくなる。 菅前首相は4月の時点で...

  • 放射能汚染の実態-福島の被災者との対話

    2011.09.06
    放射能汚染の実態-福島の被災者との対話

    札幌医科大 高田純教授 講演会 2011年8月21日 郡山市内   福島の放射能汚染の実態はどうなのか? 福島第一原発周辺から避難した住民は、もう地元に帰ることはできないのか? 被災者の不安や疑問に放射線防護学の権威、高田純教授が直接答えた。 政府は、チェルノブイリなど世界的な放射線汚染地域で調査を重ねてきた高田教授の主張するきめ細かい放射線...

  • 放射線は体にいいは本当か─米放射能権威からの提言 Part2

    2011.07.26
    放射線は体にいいは本当か─米放射能権威からの提言 Part2

      2011年9月号記事     政府は福島第一原発の事故で、放射線による健康被害のおそれを理由に、周辺の住民たちを避難させた。 しかし、放射線の専門家たちは口をそろえて断言する。 「自分だったら計画的避難区域に平気で住めます」と。 さらには「ホルミシス」といって、放射線は薬と同じで大量なら毒だが、適量なら...

  • 放射能を恐がりすぎないための“ワクチン”を

    2011.07.26
    放射能を恐がりすぎないための“ワクチン”を

      2011年9月号記事 Newsダイジェスト   福島第一原発から漏れた放射線をめぐって、多くのメディアが恐怖心を煽る報道を続けている。福島や首都圏で今後、「がんや奇形、奇病、知能低下が続出する」という記事を読んで、他の地方に移住する親子も珍しくなくなっている。 しかし、今の放射能汚染は、本当に恐怖しなければならないレベルなの...

  • 「福島の住民に  健康被害は  起きない」 原発を救え! もはや危険地帯ではない 放射線量調査 独占レポート【特別無料記事】

    2011.07.05
    「福島の住民に 健康被害は 起きない」 原発を救え! もはや危険地帯ではない 放射線量調査 独占レポート【特別無料記事】

    2011年8月号記事   菅首相は震災後、「福島第一原発周辺は10年、20年住めない」と語ったというが、東京都民にまで「避難せよ」と主張するメディアも現れた。 実際に福島の放射能汚染はどのレベルなのか。放射線防護学の専門家による現地調査に同行し、被害の実態を検証した。(本誌編集長 綾織次郎)     &nbs...

  • 大川隆法総裁法話「天災と人災」および質疑応答 ポイント速報

    2011.06.05
    大川隆法総裁法話「天災と人災」および質疑応答 ポイント速報

    目に見えない放射能を恐れるより 目に見えない仏の光を信じよう 大川隆法総裁法話「天災と人災」および質疑応答 ポイント速報 2011年6月4日 幸福の科学・福島支部精舎にて   (おもな内容)   【法話】   マスコミが稼ぎたいための「報道被害」に気をつけよ 放射能を恐れ...

Menu

Language