検索結果 【憲法9条】

11-20件/267件中

  • 大川隆法総裁、法話で習近平主席の国賓来日に反対

    2020.01.06
    大川隆法総裁、法話で習近平主席の国賓来日に反対

      大川隆法・幸福の科学総裁は5日、東京都内の教団施設「東京正心館」で、法シリーズ最新刊『鋼鉄の法』を参考書籍とする、「『鋼鉄の法』講義」と題した講演を行った。会場には約1200人がつめかけ、その模様は幸福の科学グループの中継網を通じて全国に中継された。     アメリカとイランの対立 大川総裁は法話の冒頭、「2020年は...

  • 幸福実現党 釈量子党首が衆院選に向けて記者会見 第一次公認決定者を発表

    2019.12.24
    幸福実現党 釈量子党首が衆院選に向けて記者会見 第一次公認決定者を発表

    集まった報道関係者に会見を行う釈量子党首(右)と江夏正敏幹事長兼選対委員長兼政務調査会長。   幸福実現党の釈量子党首が23日、東京都内の党本部で記者会見を行い、次期衆院選の「第一次公認決定者」を発表した。   東京ブロックの比例代表での出馬を予定する釈党首をはじめ、幸福実現党は全国11ブロックの比例代表26人、小選挙区14人の合計40人の...

  • トランプ氏「米軍駐留費の日本負担を増やせ」 次に来るのは「憲法改正」?

    2019.12.16
    トランプ氏「米軍駐留費の日本負担を増やせ」 次に来るのは「憲法改正」?

      「友人の安倍首相、シンゾーに『日本は豊かな国だ。我々は日本の防衛に大金を払っている。日本は助けなければならない』と伝えた」   トランプ米大統領は12月上旬、訪問先のイギリスにて、安倍晋三首相に在日米軍の駐留経費における日本側の負担を増やすよう、直接求めたことを明らかにしました。   また米外交誌フォーリン・ポリシーは...

  • 「2019年英総選挙」をどう見るか もしも労働党が勝っていたら?

    2019.12.14
    「2019年英総選挙」をどう見るか もしも労働党が勝っていたら?

    左:保守党党首のボリス・ジョンソン大統領、右:労働党党首のジェレミー・コービン氏。写真:Michael Tubi / Shutterstock.com、ComposedPix / Shutterstock.com。   12日にイギリス総選挙が行われ、ボリス・ジョンソン首相率いる与党・保守党が勝利しました。過半数を占めた保守党は、今年10月にEUと合意した離脱協定を...

  • 「日本人自らが、自国を護るために何が最善かを考えるべきです」 米シンクタンク研究員インタビュー

    2019.12.09
    「日本人自らが、自国を護るために何が最善かを考えるべきです」 米シンクタンク研究員インタビュー

      中東情勢が緊迫する中、アメリカの外交専門家に中東問題や日米関係についてインタビューを行った。 (聞き手:片岡眞有子)   ダグ・バンドウ プロフィール 米保守系シンクタンク「Cato Institute」の上級研究員。外交政策と市民の自由を専門とする。レーガン政権では特別顧問を務めた。米ウォ...

  • トランプ政権が在日米軍の駐留費を4倍請求

    2019.11.18
    トランプ政権が在日米軍の駐留費を4倍請求

      アメリカが日本に対し、在日米軍の駐留経費の日本側の負担を、4倍に引き上げる要求をしていたことが分かりました。今年7月にボルトン前大統領補佐官が来日した際、ボルトン氏らが日本側に要求したとされています。   在日米軍の駐留経費の日本側の負担は、「思いやり予算」とも言われています。同予算は、米軍基地内で働く日本人従業員の人件費や、光熱費などに使われ...

  • リスク - あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.2

    2019.10.29
    リスク - あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク Part.2

    台風15号の直撃から1週間ほどの千葉県鋸南町。屋根にブルーシートが掛けられ、家屋の多くに明かりは戻っていない。写真:毎日新聞社/アフロ   2019年12月号記事   あなたのお金が消える キャッシュレス4つのリスク   contents あなたのお金が消える キャッシュレ...

  • アメリカが来年にも、中距離ミサイルを日本に配備 日露平和条約はどうなる!?

    2019.10.04
    アメリカが来年にも、中距離ミサイルを日本に配備 日露平和条約はどうなる!?

      《本記事のポイント》 アメリカは2020年末~21年に、日本にミサイルを配備する計画を進める 安倍政権が交渉してきた日露平和条約の締結に暗雲が漂っている 日本は、ロシアとの軍事協力を視野に入れた大胆な行動が必要   中距離核戦力(INF)全廃条約が失効したことを受け、アメリカが2020年末~21年にか...

  • 「武士の国」に戻る革命 ─戦後75年、日本は「独立」する - 編集長コラム

    2019.07.29
    「武士の国」に戻る革命 ─戦後75年、日本は「独立」する - 編集長コラム

    写真:AFP/アフロ   2019年9月号記事   編集長コラム Monthly  Column   「武士の国」に戻る革命 ―─戦後75年、日本は「独立」する   トランプ米大統領が6月末、インタビューで日米安保条約について「不公平だ」などと語り、日本に衝撃が走った。...

  • 参院選で無視された安全保障 年金危機より国防危機の方が早く来る【追記あり】

    2019.07.23
    参院選で無視された安全保障 年金危機より国防危機の方が早く来る【追記あり】

    Samut Tungsaleekased / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 タンカー攻撃にも、日米安保破棄報道にも反応しなかった世論 年金危機より国防危機の方が早く来る 日本の民主主義は機能しているか?   第25回参院選の投開票が行われ、22日未明、改選124全議席...

Menu

Language