検索結果 【言論の自由】

171-180件/201件中

  • 宗教課税論を糾す(2)

    2011.06.29
    宗教課税論を糾す(2)

    2011年8月号記事     宗教法人課税に関する論者の中には、宗教の非課税を認めながら、「政治に介入する宗教には課税すべきだ」と主張する人たちがいる。これは、政教分離の間違った解釈によるものだ。   宗教課税論を糾す(1) ──「信教の自由」を理解しない保守などありえない 宗教課税論を糾す(2) ──...

  • こんな教育が受けたい!学校再生のヒント

    2011.03.11
    こんな教育が受けたい!学校再生のヒント

    2011年4月号記事     いじめ、学力低下、学級崩壊、不登校……。日本の公立学校を取り巻く現状は厳しい。だが、多くの子供たちに良質の教育を提供し、未来を担う人材へと育て上げるには、公立学校の立て直しは避けて通れない。取材を通して、教育再生のヒントを探ってみたい。 (編集部・奥津裕子)   ...

  • イスラム民主化は世界に安定をもたらすか

    2011.02.28
    イスラム民主化は世界に安定をもたらすか

    ムバラク大統領辞任の報を受け、歓喜の声を挙げる市民たち(タハリール広場 2011/2/11)   2011年4月号記事   エジプト政変で激動のアラブ・中東   イスラム世界が民主化の波にさらされている。チュニジア政変に刺激されて起こった数十万規模のデモや暴動を受け、エジプトのムバラク大統領は辞任を発表。イラン、ア...

  • 大川きょう子氏問題で幸福の科学広報担当局長に聞く

    2011.02.17
    大川きょう子氏問題で幸福の科学広報担当局長に聞く

      「きょう子氏が一日も早く反省・改心することを願っています」(里村) かつて幸福の科学総裁補佐であった大川きょう子氏が、週刊誌などで幸福の科学グループの大川隆法・創始者兼総裁や教団を誹謗している。いま何が起きているのか。この問題について、同グループの里村英一・広報担当局長に聞いた。   ──今回の大川きょう子氏問題に対して、いろいろ...

  • 世界を「平和と繁栄」に導きたい

    2010.12.03
    世界を「平和と繁栄」に導きたい

    (『この国を守り抜け』第5章「宗教の復活」より抜粋・編集。2010年10月11日収録)   私は、世界を「平和と繁栄」に導くために発言している 今、私たちは、静かな革命を起こしています。日本においても、それから、近隣諸国においても、アジア・アフリカ、ヨーロッパやアメリカにおいても、静かな革命を起こしています。「仏法真理」という名の真理を浸透させることによっ...

  • 中国は百年遅れの帝国主義をやめ、今こそ進路を変えるべき【動画】

    2010.10.18
    中国は百年遅れの帝国主義をやめ、今こそ進路を変えるべき【動画】

    香港でのノーベル平和賞の劉氏解放要求デモ(2010/10/8)   ワールド・ティーチャーが予見する2011年の危機と、あるべき世界 イントロダクション:第三次世界大戦の芽が生まれつつある   中国は今、国際的な逆風の真っ只中にある。尖閣諸島事件で世界から懸念の目を向けられ、獄中の反体制活動家へのノーベル平和賞によって追い討ちをか...

  • 【民主党政権から日本を守れ】(1)

    2010.05.09
    【民主党政権から日本を守れ】(1)

    2010年7月号記事   参院選特集 【民主党政権から日本を守れ】(1) 日米の亀裂に乗じる中国の拡張主義   鳩山政権の支持率がついに20%を切り 崩壊寸前の様相を呈してきた。 政権が倒れるだけで済むならいいが 鳩山政権の迷走によって 国民の生命と財産、安心が揺らいでいる。 必要なの...

  • 予知能力者たちの未来図5

    2009.11.08
    予知能力者たちの未来図5

    2010年1月号記事   予知能力者たちの未来図第5回 奇想のプレコグ・ライトノベル編(1)   【かしゅう・よしき】1968年生まれ。長崎県在住の現役の高校国語教諭。テレビアニメ「ドラえもん」放映開始時の小学生、すなわち“のび太世代”である。「SFや漫画に出てくる架空未来史の視点から現代日本の進むべき道を考...

  • 【60年目の中国】(1)

    2009.10.09
    【60年目の中国】(1)

    2009年12月号記事   軍事パレードで明らかになった 【60年目の中国】(1) ───赤い龍はどこに向かうのか     10月1日、中国が建国60周年を迎え、北京では10年ぶりとなる盛大な軍事パレードが一般市民を締め出して行われた。   いまやGDPで日本を超えて世界第2位の経済大国になろうと...

  • 公職選挙法という「参入障壁」

    2009.09.08
    公職選挙法という「参入障壁」

    2009年11月号記事   本誌編集長手記 現場から見た総選挙 公職選挙法という「参入障壁」   鳩山政権を生み出すに到った8月30日の総選挙。里村英一本誌編集長はこの選挙において候補者として鳩山由紀夫首相と同じ選挙区で争った。その体験をもとに、選挙現場で見られた民主主義のすばらしさと不公平さなど悲喜こもごもを本誌編集長が報...

Menu

Language