検索結果 【大川隆法】

171-180件/3346件中

  • 宇宙的存在が語る日本そして世界の未来とは

    2020.11.13
    宇宙的存在が語る日本そして世界の未来とは

    収束の気配が見えない新型コロナウィルスや、バイデン陣営の不正が取り沙汰されるなど、混沌の中にあるアメリカ大統領選……。世界中で混乱が続く中、大川隆法・幸福の科学総裁は11日、「UFOリーディング─宇宙から観た大統領選─(ヤイドロン[31])」を行った。

    ...

  • 中国が米大統領選の混乱の隙を突いて、香港弾圧を加速

    2020.11.12
    中国が米大統領選の混乱の隙を突いて、香港弾圧を加速

    中国・全国人民代表大会の常務委員会会議は11日、香港の議会にあたる立法会の議員資格として、中国や香港政府への忠誠心を持つよう義務づける方針を決めた。香港政府はこの決定に従い、即日、民主派議員4人の資格をはく奪することを宣言。これに反発した他の民主派議員15人は一斉に辞職を表明し、抗議の声を上げた。

    ...

  • 「米大統領選はまだ終わっていない」 世論調査では合法票の集計に8割超が賛同

    2020.11.11
    「米大統領選はまだ終わっていない」 世論調査では合法票の集計に8割超が賛同

    日本の大手メディアは、民主党のジョー・バイデン元副大統領が選挙戦を制したとして、同氏の勝利宣言を大々的に取り上げた。一方で、決着の着いたアメリカ大統領選挙に不服な共和党のドナルド・トランプ大統領が抗議しているという構図をメディアは演出している。

    ...

  • 人民日報、「バイデン優勢」に笑いをこらえきれず「ハハッ」とツイートするも

    2020.11.10
    人民日報、「バイデン優勢」に笑いをこらえきれず「ハハッ」とツイートするも

    《本記事のポイント》

    ・ 中国メディアと首脳は“ポーカーフェイス"装うも……

    ・「バイデン籠絡」は中国の兵法通り

    ・「どさくさ決着」の前に、冷静に情勢を見極めるべき

    中国共産党の機関メディア「人民日報」の公式ツイッターアカウントが、トランプ大統領のツイートを嘲笑するツイートをしたことが話題になっている。

    ...

  • 米保守派の言論を検閲する巨大IT企業の問題

    2020.11.09
    米保守派の言論を検閲する巨大IT企業の問題

    フェイスブックやグーグルなどの米IT企業が保守派の言論を検閲するなどして、大統領選において民主党に有利な言論空間をつくり出していることが、アメリカの各方面から問題視されている。

    この問題は数年前から表面化し、日本ではあまり一般的にはなっていないものの、言論の自由が失われている問題は、民主主義の危機と言える。

    ...

  • 生命に組み込まれた進化の仕組み 【HSU・木村貴好氏の連載「生命の探究に向けて」】

    2020.11.09
    生命に組み込まれた進化の仕組み 【HSU・木村貴好氏の連載「生命の探究に向けて」】

    これまで一年近く、進化論について考察を深めてきましたが、この連載も終わりに近づいてきています。お読み頂きありがとうございます。今回は、霊的世界も含めた、生物の生態に組み込まれた進化について考えてみましょう。

    それを読み解くカギは、二つあります。一つ目はすでに何度も紹介していますが、生物の霊がとる「群魂(ぐんこん)」という形式です。

    ...

  • 大川総裁が米大統領選の途中経過について法話 「トランプ氏が敗れれば、アメリカが中国によるウィルス戦争に敗れたことになる」

    2020.11.08
    大川総裁が米大統領選の途中経過について法話 「トランプ氏が敗れれば、アメリカが中国によるウィルス戦争に敗れたことになる」

    《本記事のポイント》

    ・メディアのトランプ嫌いがアメリカの国益を損ねた

    ・香港・台湾は震え上がっている

    ・日本は主導権を失うアメリカを補完せよ

    大川隆法・幸福の科学総裁は8日、「アメリカ大統領選について」と題し、法話を行った。

    ...

  • 映画「夜明けを信じて。」が7カ国33冠を獲得 海外からも感動の声

    2020.11.08
    映画「夜明けを信じて。」が7カ国33冠を獲得 海外からも感動の声

    週末観客動員数ランキング(興行通信社調べ)で、公開初週より3週連続でTOP5入りを果たしている映画「夜明けを信じて。(英題:"Twiceborn")」。新たにイタリアで開催される「ベスト・アクター・アワード」で2つの賞を受賞し、映画祭での受賞は「7カ国33冠」となった。

    ...

  • バイデン民主党の不正疑惑 市職員の不正指示、投票用紙の消印のねつ造、集計機の不具合

    2020.11.07
    バイデン民主党の不正疑惑 市職員の不正指示、投票用紙の消印のねつ造、集計機の不具合

    米大統領選をめぐり、トランプ大統領が訴える民主党陣営の不正疑惑について、日米の大手マスコミはまともに取り上げようとしない。

    一部メディアは「不正はなかった」と断定的に報じているが、共和党サイドには、ネバダ州だけで3000件を超える不正行為の情報提供が寄せられており、さすがになかったと言い切るのは無理がある。本欄では、指摘されている不正疑惑の一部を紹介したい。

    ...

  • 英保守党議員が中国との「価値観の戦い」を提唱 英豪は北京五輪をボイコットか

    2020.11.07
    英保守党議員が中国との「価値観の戦い」を提唱 英豪は北京五輪をボイコットか

    《本記事のポイント》

    ・英保守党議員が、中国との「価値観の戦い」を提唱する報告書を公開

    ・英豪は中国政府による人権弾圧を理由に、2022年の北京五輪への不参加も検討

    ・日本も世界の民主主義国家と人権思想を共有し、対中戦略を再考すべき

    英政府の保守党内部から、対中強硬政策への転換を求める声があがっています。

    ...

Menu

Language