検索結果 【経済学者】

161-170件/174件中

  • 銀行紙幣  30兆円発行案  10の質問に答える

    2009.03.18
    銀行紙幣 30兆円発行案 10の質問に答える

    2009年5月号記事 「日本の繁栄は、絶対に揺るがない」 不況は必ず克服できる!   政府による大型の景気対策にもかかわらず、景気がなかなか回復しない。株価はバブル後最安値を更新し、倒産企業の増加も止まらない。 そこで弊誌では、先月号に続いて再度「銀行紙幣30兆円の発行」を訴えたい。編集部に寄せられた質問や反論に答える形で、なぜ銀行紙幣が景気...

  • 30兆円の銀行紙幣を発行せよ

    2009.02.10
    30兆円の銀行紙幣を発行せよ

    2009年4月号記事   緊急提言! 1年で日銀不況は克服できる   トヨタ、ソニー、日産と、日本を代表する企業が次々と赤字決算となり、いよいよ日本の景気後退は本格的なものになりつつある。そのきっかけとなったのは、アメリカのサブプライム問題に端を発した金融危機だと言われるが、本当にそうだろうか? ここ数年の経済政策を冷静に振り返って...

  • 世界を救う日本の知力

    2009.01.18
    世界を救う日本の知力

    2009年3月号記事 イノベーションで新たな産業を生み出せ   国内メディアは「不況、不況」の大合唱。世界的な食糧危機も叫ばれるなか、「人類の衰退は避けられない」との見方もある。しかし、歴史を振り返れば、苦難の時代にこそ新たな基幹産業が産声を上げ、次代の経済活動の柱となってきた。今は生みの苦しみの時期にすぎない。基幹産業を生むカギがイノベーション(技術革新)...

  • 日本が止めた金融危機と世界恐慌

    2008.12.18
    日本が止めた金融危機と世界恐慌

      2009年2月号記事 マスコミは、政治家の仕事を正当に評価しているか   世界的な金融危機が広がる中、11月の金融サミットで麻生太郎首相が国際通貨基金(IMF)への巨額の融資を表明。これが、恐慌へと転げ落ちる可能性もあった世界経済を救う決め手となった。これまでの日本では考えられないようなリーダーシップを発揮したわけだが、国内では政治家の...

  • 日本の政治が世界を救う!第Ⅰ部 対談:宇宙的視野で「創造する政治」を

    2008.10.15
    日本の政治が世界を救う!第Ⅰ部 対談:宇宙的視野で「創造する政治」を

    2008年12月号記事   日本の政治が世界を救う! 第Ⅰ部 対談:日本政治は新たな価値を生み出せるか  ──日本主導で「人類滅亡のリスク」に立ち向かえ     経済学者 鈴木真実哉 「創造的破壊」を唱えたシュンペーターなどの研究者 (すずき・まみや)1954年生まれ。早稲田大学大学院を経て、現...

  • 農民工2億人が「共産王朝」を揺るがす

    2008.09.14
    農民工2億人が「共産王朝」を揺るがす

    2008年11月号記事   大型シリーズ 中国「13億人」の未来   8月の北京オリンピックは共産党政権が全力を傾けた甲斐あって、一応成功裏に終わったが、相前後して中国経済は曲がり角を迎えた。高度成長を支えた欧米への輸出が落ち込み、倒産が相次いでいる。今後、失業者があふれて流民化し、王朝が倒れるという中国の歴史が繰り返されるのではな...

  • バブル崩壊が始まった

    2008.07.17
    バブル崩壊が始まった

    2008年9月号記事   大型シリーズ 中国「13億人」の未来 上海緊急取材 どうなる? オリンピック後の中国経済 ──改革開放30年の曲がり角   世界中の目がオリンピックで北京に注がれる中、中国の経済の中心地・上海では重要な変化が起きている。中国で沿岸都市を中心に経済を自由化する改革開放が始まって30年。...

  • 教育改革は終わっていない!  (後編)

    2007.10.13
    教育改革は終わっていない! (後編)

    2007年12月号記事   特別鼎談 教員界に根強く残る“全体主義”をどうなくすか   教育アナリスト 規制改革会議専門委員 戸田忠雄 (とだ・ただお) 1937年兵庫県生まれ。東北大学教育学部卒。長野県の私立・公立高校教員、公立高校校長、予備校校長などを経て、現職。NPO法人XYサタデースクール代表...

  • 主役たちの誤算2006

    2006.10.10
    主役たちの誤算2006

      2006年12月号記事 あの人は、あの国は、なぜ敗れたのか?   2006年は政界では安倍政権スタート、経済界はM&A時代に本格突入、スポーツ界ではワールド・ベースボール・クラシックやワールドカップなどが話題をさらった。これらのニュースの陰で敗れ去った人たちもいる。挫折した中国の「反日」路線、再建の道が見えないダイエー、惨敗のジーコ・ジ...

  • 香港は「中国」に呑みこまれたか(前編)

    2006.08.10
    香港は「中国」に呑みこまれたか(前編)

    2006年10月号記事 一国二制度来年で10年 共産政権下の「繁栄」を追う(前編)   97年7月に香港がイギリスから中国に返還されて、今年ではや9年。香港は返還後、どうなったのか。寂れたのか。イギリス領時代とどちらがよかったのか──。「一国二制度」の香港は中国国内であり、日本とは違うとはいえ、13億の共産主義国家の強い影響を受けるという点で両者は似...

Menu

Language