検索結果 【片岡眞有子】

161-170件/236件中

  • 「ロシア疑惑」が時間の無駄だった理由 13人と3団体が起訴されたが……

    2018.02.24
    「ロシア疑惑」が時間の無駄だった理由 13人と3団体が起訴されたが……

    Katherine Welles / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 ロシア人と露関係団体の起訴によって、「ロシア疑惑」の潔白が明らかに ロシアの選挙介入は、オバマ政権の怠慢によるもの 捜査すべきはトランプ陣営ではなく、不当な捜査を続けるFBI   トランプ陣営とロシア...

  • FBIが孔子学院を捜査 スパイ活動を全米のFBI支部が把握している

    2018.02.21
    FBIが孔子学院を捜査 スパイ活動を全米のFBI支部が把握している

    Drevs / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 上院情報委員会の公聴会で、FBIが孔子学院を捜査していることが判明 中国政府の組織的な情報収集活動に懸念の声が上がっている 日本は武力を介さない「ソフト・ウォー」を警戒すべき   米連邦捜査局(FBI)が、中国政府系の教育...

  • 米シンクタンクが中国の工作活動に警鐘 豪も中国スパイに危機感

    2018.02.14
    米シンクタンクが中国の工作活動に警鐘 豪も中国スパイに危機感

    米シンクタンク「外交政策研究所(FPRI)」ホームページ。   《本記事のポイント》 米シンクタンク「外交政策研究所」が中国の工作活動に警鐘 工作員によるスパイ活動や中国人留学生のプロパガンダ活動などが挙げられた 日本も平和ボケを脱するべき   世界各地で中国の工作活動への危機感が高まりつつある。...

  • 南シナ海の中国軍事拠点が完成か 比メディアが明かした中国の野望

    2018.02.12
    南シナ海の中国軍事拠点が完成か 比メディアが明かした中国の野望

      《本記事のポイント》 比メディアが、中国が軍事拠点化を進める南沙諸島の航空写真を公開 これまでにない鮮明な写真によって、軍事拠点の完成が明らかに 中国を抑止するために、日本も核装備を視野に入れた議論を進めるべき   中国は2014年から南シナ海のスプラトリー諸島(南沙諸島)で大規模な埋め立て工事を行い...

  • 東電に11億円の賠償命令 16万人以上の生活を奪った政治家の責任を問う

    2018.02.09
    東電に11億円の賠償命令 16万人以上の生活を奪った政治家の責任を問う

      《本記事のポイント》 福島原発事故による避難生活をめぐり、東電に約11億円の賠償命令 当時の菅政権は、避難が必要ない16万人以上を強制退去させた 誤った判断をした政治家は、11億円以上の責任を感じているか   東京電力に約11億円の賠償支払いが命じられた。   2011年の福...

  • アメリカで高まる中国脅威論 「経済発展で民主化」という幻想から覚めつつある

    2018.02.08
    アメリカで高まる中国脅威論 「経済発展で民主化」という幻想から覚めつつある

      《本記事のポイント》  アメリカが中国を「最大の脅威」として位置付けている 「経済発展すれば中国が民主化する」という幻想は覚めつつある  トランプ氏は、中国を育ててきた過去の大統領の「尻拭い」をしている   米中関係の今後の動向に注目が集まっている。   ...

  • 伊が「尊厳死法」を施行 死を「自己決定」した“後”に来るものとは

    2018.02.03
    伊が「尊厳死法」を施行 死を「自己決定」した“後”に来るものとは

      《本記事のポイント》 男性の安楽死をきっかけに、イタリアで尊厳死法が施行 日本でも尊厳死をめぐる議論が盛んになっている 死後も苦しまないためには、霊的人生観が必要   延命治療を望まない「尊厳死」を認める法律が1月31日、イタリアで施行された。海外メディアや読売新聞が報じた。   ...

  • 未来ビジネスのつくり方 - 強いニッポンの製造業再び - アインシュタインもびっくり!

    2018.01.30
    未来ビジネスのつくり方 - 強いニッポンの製造業再び - アインシュタインもびっくり!

      2018年3月号記事   強いニッポンの製造業再び 未来ビジネスのつくり方 アインシュタインもびっくり!   シャープの買収、東芝の債務超過、神戸製鋼や東レなどのデータ改ざん―。 日本の製造業に異変が起きている。強さと信頼を取り戻す道はあるのか。 (編集部 大塚紘子、山本泉、片岡眞有子/...

  • 政府が3%の賃上げを要請 必要なのは「介入」ではなく、トランプのような「減税」

    2018.01.25
    政府が3%の賃上げを要請 必要なのは「介入」ではなく、トランプのような「減税」

    Shutterstock.com   《本記事のポイント》 政府は企業への賃上げ要請を強めている トランプ氏は減税で自然と賃上げを達成した 企業に介入するのではなく、発展を促してこそ、賃上げも達成できる   政府が企業への賃上げ要請を強めている。   労働組合が企業側に賃...

  • 南北会談でどうなる北朝鮮問題!? アメリカでは「先制攻撃」を求める声も

    2018.01.14
    南北会談でどうなる北朝鮮問題!? アメリカでは「先制攻撃」を求める声も

      《本記事のポイント》 南北会談が行われたが、アメリカでは、北朝鮮への先制攻撃を求める声もある 米リベラルメディアも、過去数十年に渡る「対話戦略」の失敗を認識 会談や五輪は、次の行動への「布石」だと見るべき   このほどの南北会談を受け、北朝鮮へのアプローチが今後どのように変化するか、日本でも議論が盛ん...

Menu

Language