検索結果 【植民地】

161-170件/382件中

  • 「私一人が英雄だという描き方は間違いです」 - 「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

    2015.12.24
    「私一人が英雄だという描き方は間違いです」 - 「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」 - 大川隆法総裁 法話・霊言ガイド

      2016年2月号記事   霊言   映画「杉原千畝」の主人公があの世からメッセージ 「私一人が英雄だという描き方は間違いです」 「杉原千畝に聞く 日本外交の正義論」   contents   ...

  • 今上天皇、82歳の誕生日 民間船への攻撃はアメリカの戦争犯罪

    2015.12.24
    今上天皇、82歳の誕生日 民間船への攻撃はアメリカの戦争犯罪

      天皇陛下が、12月23日に82歳の誕生日を迎えられた。   これに先立ち、陛下は記者会見に臨まれた。今年は戦後70年という節目の年だったとした上で、「さまざまな面で先の戦争のことを考えて過ごした1年だったように思います」と振り返り、「先の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います」と話された。 ...

  • 10億ドルでAI研究組織を設立 2045年問題を解決できるか

    2015.12.21
    10億ドルでAI研究組織を設立 2045年問題を解決できるか

      世界中で人工知能(AI)の研究が活発化する中、AIの非営利研究組織「OpenAI」がこのほど設立された。   主な設立目的は、AIが特定の企業に独占され、技術が悪用されることを防ぐことや、世界中の人々がAIの恩恵を受けられるようにすること。同組織は、AIの研究成果やプログラムに用いたコードなどを共有することなどを推奨している。 &nbs...

  • オバマ大統領が日系人強制収容を例にイスラム教徒差別反対 戦勝国史観も反省を

    2015.12.17
    オバマ大統領が日系人強制収容を例にイスラム教徒差別反対 戦勝国史観も反省を

    第二次大戦中に日系アメリカ人が収容された収容所のひとつ、マンザナー強制収容所(Wikipediaより)。   オバマ大統領は15日、ワシントンで開かれた移民の国籍取得を祝う式典で演説し、第二次大戦中に日系人が強制収容されたことを例に出して、イスラム教徒などに対する偏見に反対するよう呼びかけた。     過去の過ちを決して繰...

  • 人種差別主義のウィルソン元米大統領 プリンストン大学の黒人学生が抗議

    2015.12.12
    人種差別主義のウィルソン元米大統領 プリンストン大学の黒人学生が抗議

    第28代アメリカ大統領ウッドロー・ウィルソン   プリンストン大学の黒人学生たちが、アメリカの第28代大統領で元プリンストン大学総長のウッドロー・ウィルソンの名前をキャンパスから消し去ることを要求し、総長室を占拠する騒動がこのほどあった。   同大学のキャンパス内でウィルソンの名にちなんだものには、公共政策大学院であるウッドロー・ウィルソン...

  • 中国がアフリカへ7.3兆円の支援を表明 経済依存は植民地への道

    2015.12.06
    中国がアフリカへ7.3兆円の支援を表明 経済依存は植民地への道

      中国とアフリカ諸国が参加する「中国アフリカ協力フォーラム」の首脳会合が4日、南アフリカのヨハネスブルグで開催された。中国の習近平国家主席は会合冒頭の演説で、アフリカの発展を支援するために今後3年間で600億ドル(約7兆3600億円)を拠出することを表明した。経済協力を通じてアフリカ諸国への影響力を拡大させる狙いがある。     ...

  • 翁長沖縄県知事の国連演説に沖縄県議が謝罪を要求

    2015.12.02
    翁長沖縄県知事の国連演説に沖縄県議が謝罪を要求

    記者会見の様子。左から、「沖縄対策本部」代表・仲村覚氏、自民党沖縄県議・照屋守之氏。   翁長雄志沖縄県知事が9月に国連人権理事会で、普天間移設問題について「沖縄の自己決定権や人権がないがしろにされている」と発言した。   この発言を受け、自民党沖縄県議の照屋守之氏と、沖縄問題に取り組んでいる「沖縄対策本部」代表の仲村覚氏が、11月30日に...

  • 2016年 シリア戦国時代 この中で、誰が勝つか? 特集 2016年 笑う首脳、泣く首脳

    2015.11.29
    2016年 シリア戦国時代 この中で、誰が勝つか? 特集 2016年 笑う首脳、泣く首脳

      2016年1月号記事   特集   2016年 笑う首脳、泣く首脳 安倍首相、オバマ大統領、習近平国家主席、プーチン大統領……。自分の生活とはあまり関係ないようにも見えるが、彼らの考えが、私たちの会社や生活、そして財布の中身にまで大きな影響を及ぼしている。各国首脳の「正義」について考...

  • パリ同時テロ 憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分――キリスト教圏との「和解」は可能だ (Webバージョン) - 編集長コラム

    2015.11.25
    パリ同時テロ 憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分――キリスト教圏との「和解」は可能だ (Webバージョン) - 編集長コラム

    パリ市内のレストラン前でテロの犠牲者を追悼する人たち。「イスラム国」はテロリスト集団なのか。それとも「一交戦国」なのか。写真:AP/ アフロ   2016年1月号記事   パリ同時テロ   憎しみを超えて、愛を取れ 「イスラム国」が命がけで訴える5つの言い分 ――キリスト教圏との「和解」は可能だ ...

  • 日本の技術がアジアを支える 顧客の「ニーズ」に応える技術輸出を

    2015.11.24
    日本の技術がアジアを支える 顧客の「ニーズ」に応える技術輸出を

      日本の技術は今やアジアの急激な発展の土台だ。その中の一つが、日本の天気予報の技術であり、アジア諸国を中心に活躍している。   日本は地球各地の気温や気圧などの膨大なデータをもとに今後の天気の変化を予測する「数値予報」を40カ国以上に無償で提供しており、各国の災害対策や農業の発展に貢献している。また日本の気象庁職員はアジア各国の気象予報官らに天気...

Menu

Language