検索結果 【宇宙】

161-170件/945件中

  • 山口敏太郎のX Report 【第84回】

    2019.08.29
    山口敏太郎のX Report 【第84回】

      2019年10月号記事   No. 084   山口敏太郎 X report テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが 宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。   山口敏太郎 (やまぐち・びんたろう)1966年、徳島...

  • 「キラー・ロボット」規制のあるべき姿とは?

    2019.08.24
    「キラー・ロボット」規制のあるべき姿とは?

      《本記事のポイント》 キラー(殺人)・ロボットに攻撃判断を委ねることが軍縮会議で禁じられる AIに、倫理的にも能力的にも攻撃判断を任せることは危険 AI兵器の規制は、人道的な観点からだけでなく、国土防衛の観点からも検討されるべき   人の生死を左右する究極の決断を機械にゆだねるべきかどうか──。 ...

  • 米大統領選のお約束となった「UFO情報公約」 サンダース候補も公開を約束

    2019.08.12
    米大統領選のお約束となった「UFO情報公約」 サンダース候補も公開を約束

      《本記事のポイント》 バーニー・サンダース上院議員がUFO情報公開を約束 大統領が「UFO情報の開示」公約を実現できない理由 知ってしまったら怖くて公表できない!?   アメリカ大統領選が近づくと、候補者がインタビューなどで必ず聞かれるのが、「アメリカ政府が持っている宇宙人・UFO情報」についてだ。 ...

  • 自衛隊初の宇宙部隊を2020年に創設 宇宙を舞台にした国防のあるべき姿は

    2019.08.06
    自衛隊初の宇宙部隊を2020年に創設 宇宙を舞台にした国防のあるべき姿は

      《本記事のポイント》 自衛隊初の宇宙部隊が2020年度に創設される 中露が開発する衛星攻撃衛星などの兵器が使われれば地上はパニックに 日本も独自に宇宙空間の防衛開発を行うべき   政府が自衛隊初の宇宙部隊を2020年度に創設する方向で最終調整に入ったことを、5日付読売新聞が一面で報じた。 &n...

  • 組織を率いる人の 心の統御

    2019.07.30
    組織を率いる人の 心の統御

      2019年9月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   組織を率いる人の心の統御 大川隆法 未来への羅針盤 ワールド・ティーチャー・メッセージ No.271 ...

  • 徴用工問題など歴史問題で"暴れる"韓国を救う方法

    2019.07.30
    徴用工問題など歴史問題で"暴れる"韓国を救う方法

      徴用工問題で韓国内の日本企業の資産が現金化される動きがあるなど、日韓関係が悪化している。   29日付産経新聞は、日韓両首脳が顔を合わせる可能性が高い9月の国連総会時にも、首脳会談は開かれない模様だと報じた。   「従軍慰安婦」などを含めた歴史認識の問題で、日韓はたびたび衝突するが、何が問題なのか。  ...

  • 中国の次はインドの時代? 宗教大国3つのタブー / 現地ルポ 第2弾

    2019.07.30
    中国の次はインドの時代? 宗教大国3つのタブー / 現地ルポ 第2弾

      2019年9月号記事   現地ルポ 第2弾   中国の次はインドの時代? 宗教大国3つのタブー   10年以内に、世界最多の人口を持つとされるインド。 「中国の次」の市場として、注目するビジネスマンも多いはずだ。 ただ、国内には多くの問題を抱える。 現地を訪れ、...

  • 山口敏太郎のX Report 【第83回】

    2019.07.29
    山口敏太郎のX Report 【第83回】

      2019年9月号記事   No. 083   山口敏太郎 X report テレビなどで活躍する超常現象コメンテーターが 宇宙人、UFO、その他の超常現象をジャーナリスティックに検証する。   山口敏太郎 (やまぐち・びんたろう)1966年、徳島市...

  • 憲法改正の前提で議論すべき安全保障 自民党の安保政策では日本は守れない

    2019.07.19
    憲法改正の前提で議論すべき安全保障 自民党の安保政策では日本は守れない

    写真:viper-zero / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 自民党が掲げる「専守防衛」では、中国のミサイルから国民を守れない 防衛費微増では、日本の防衛計画は絵に描いた餅 アメリカ製兵器の"爆買い"で、防衛産業を痛めつける   参院選の争点の一つ...

  • "エリア51急襲作戦"に対し、米空軍は「準備はできている」

    2019.07.18
    "エリア51急襲作戦"に対し、米空軍は「準備はできている」

    "急襲作戦"の集合場所? 良い子は行かないように。   今年の9月20日、米ネバダ州にあるネリス空軍基地の秘密実験場「エリア51」への"急襲作戦"が練られている。   作戦がオープンになっており、参加を名乗り出る人が後を絶たないようだ。ワシントン・ポスト、CNNの他、ロシアのスプートニク、英インディペ...

Menu

Language