検索結果 【新聞】

151-160件/164件中

  • 【本誌オピニオン】米財務省、日本の円売り介入に不支持

    2011.12.31
    【本誌オピニオン】米財務省、日本の円売り介入に不支持

    本誌オピニオン 米財務省は、27日に議会に提出した為替報告書で、日本の行った為替の単独市場介入について「まったく効果がなかった」と指摘し、「米国は支持しなかった」と明記したことが分かった(28日付東京新聞夕刊)。   2011年は、急速に進んだ円高に対応するために、政府は3回の円売り・ドル買いの為替介入を行った。 1回目は、東日本大震災直後の3...

  • 増税の陰にひそむ社会主義的発想を警戒せよ "Newsダイジェスト"

    2011.08.28
    増税の陰にひそむ社会主義的発想を警戒せよ "Newsダイジェスト"

      2011年10月号記事     増税の大合唱が止まらない。 内閣府は、12日に中長期の経済財政の試算を発表。消費税を5%上げた場合、名目成長率で3%を実現したとしても、2020年の段階では財政赤字が9兆円も残るとし、さらに増税が必要であると示唆した。 その前日の10日には、読売新聞が紙上で、復興財源として...

  • やはり「真実とはいえない」週刊新潮の記事

    2011.06.29
    やはり「真実とはいえない」週刊新潮の記事

    2011年8月号記事     やはり「真実とはいえない」週刊新潮の記事 幸福の科学への中傷を繰り返す悪質報道   幸福の科学グループへの誹謗中傷を繰り返す「週刊新潮」だが、5月末、その週刊新潮のある記事に、またもや「真実ではない」という判決が下った。 週刊新潮は2009年6月11日号で、読売新聞の全国で...

  • やっぱり「真実とはいえない」週刊新潮の記事

    2011.06.03
    やっぱり「真実とはいえない」週刊新潮の記事

      やっぱり「真実とはいえない」週刊新潮の記事 幸福の科学への中傷を繰り返す悪質報道   幸福の科学グループへの誹謗中傷を繰り返す「週刊新潮」だが、5月末、その週刊新潮が掲載したある記事に、またもや「真実ではない」という判決が下った。   週刊新潮は2009年6月11月号で、読売新聞の全国での発行部数の30%から4...

  • 国難をもたらしたマスコミは責任をとれ─中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね

    2011.05.29
    国難をもたらしたマスコミは責任をとれ─中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね

    2011年7月号記事     中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね   「中日新聞は偏向報道をやめろー」 5月4日、名古屋一の繁華街・栄町に約1500人のデモ隊の声が響き渡った。 訴えは、名古屋圏で圧倒的なシェアを誇るブロック紙「中日新聞」に対し、「選挙などで特定の政党を排除した偏向報道をやめ、公...

  • 日中再逆転【後編】

    2011.02.28
    日中再逆転【後編】

      直言3 5%の経済成長は可能だ   産経新聞社 編集委員兼論説委員 田村秀男   直言4     「新しい日本モデル」を創れ     日中再逆転:日本モデルが世界を制する日【前編】 日中再逆転:日本モデルが世...

  • マスコミの偏向報道

    2010.07.08
    マスコミの偏向報道

    2010年9月号記事   中日新聞よ、おみゃあさん民主主義を知っとりゃあすか? マスコミの偏向報道が政治参加の自由を阻む     候補者を1人だけ無視して報道   7月11日、国民の代表を選ぶ参院選が行われたが、その裏で日本の民主主義が脅かされていた。脅かしたのは、民主主義を守るはずの新聞...

  • マスコミは  政治参加の  自由を守れ

    2009.07.21
    マスコミは 政治参加の 自由を守れ

      2009年9月号記事 「実現党隠し」を生むテレビ・新聞の官僚体質   テレビや新聞の報道を無条件に正しいと思い込んではいないだろうか。しかし、一見公正に見えるメディアの報道には大きな落とし穴がある。衆院選の報道ぶりから、改めてマスコミの問題点が浮き彫りになっている。     300人以上の候補...

  • 新シリーズ  賢者の情報術

    2007.08.13
    新シリーズ 賢者の情報術

    2007年10月号記事 新聞、雑誌、テレビ、そしてインターネット──現代ほど情報が氾濫している時代はない。この「知識社会」を生き抜くためには、あふれる情報をどう絞り込み、いかに活用するかにかかっている。各界の第一線で活躍する「賢者」に情報活用法を聞く。 2007年10月号記事 〔第1回〕 エコノミスト リチャード・クー 一国の経済を運営するつもりで情報と向き合...

  • 公立学校  復活のヒント(後編)

    2007.07.10
    公立学校 復活のヒント(後編)

    2007年9月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第127回   現在の学校改革の動きは明治維新のときの状況に似ている 先月号では、「学校の管理職になる人は、一般のビジネス書などを読み、知識をつけてください」と述べました。   最近、教員と話をして感じたのは、「普段、新聞も読...

Menu

Language