検索結果 【海軍】

141-150件/306件中

  • 北朝鮮が戦争を起こしたら――日本の大部分はパトリオットの範囲外

    2017.04.23
    北朝鮮が戦争を起こしたら――日本の大部分はパトリオットの範囲外

      《本記事のポイント》 東京に核が落ちたら死者42万人 スカスカのPAC3配備 「二段構え」のミサイル防衛はうそ!? 対策立たぬ自治体「難民はとりあえず洋上待機……」   2017年6月号記事   ニュースのミカタ 2 政治 &nbs...

  • 新しい世界秩序を創り始めたトランプ氏 決断力を示したシリア空爆

    2017.04.09
    新しい世界秩序を創り始めたトランプ氏 決断力を示したシリア空爆

      シリア北西部のイドリブ県で、4日、シリアのアサド政権による神経ガスとみられる化学兵器の攻撃で、少なくとも70人以上の民間人が死亡した。   2013年にも同様の化学兵器による攻撃があった。その際、オバマ氏は、「化学兵器を使用したら軍事介入をする」とレッドラインを表明していたにもかかわらず、軍事介入をためらった。その時とは対照的に、トランプ大統領...

  • 思いつき? 狂気? それとも― トランプの深謀 Part.1

    2017.01.29
    思いつき? 狂気? それとも― トランプの深謀 Part.1

      2017年3月号記事   思いつき? 狂気? それとも― トランプの深謀   ついに、アメリカで新政権が発足した。選挙中と変わらずツイッターで発信される"暴言"に、「危険人物」の印象がつきまとうドナルド・トランプ大統領。一体、何を考えているのか。 (編集部 大塚紘子、山本慧) ...

  • トランプの「ツイート砲」が直撃 製造業が日本に戻る日

    2017.01.29
    トランプの「ツイート砲」が直撃 製造業が日本に戻る日

    1月に東京オートサロン2017で展示された、マツダの新型CX-5。   2017年3月号記事   トランプの「ツイート砲」が直撃 製造業が日本に戻る日 メキシコからアメリカに輸出するマツダの地元 広島は今   海外に工場を移し、利益を上げてきた日本企業。しかし、トランプ新大統領の登場で、潮流が変わり...

  • 宮古島で自衛隊配備めぐり市長選・市議補選 もたらされる経済効果への注目

    2017.01.15
    宮古島で自衛隊配備めぐり市長選・市議補選 もたらされる経済効果への注目

    Wikipediaより   沖縄県宮古島市長選と、市議会議員補欠選挙が15日、告示される。宮古島への陸上自衛隊配備の是非が最大の争点とされる。市長選では、4氏が出馬予定。市議補選は前市議の亀濱玲子氏、真栄城氏の辞職に伴って実施され、5氏が出馬予定だ。   陸自配備の反対派は、「島が標的となる」と主張するが、賛成派は国防上の意義と共に、その大...

  • トランプ政権で台湾が喜ぶ?! トランプ陣営参謀「台湾への武器供与」の必要性を強調

    2016.12.02
    トランプ政権で台湾が喜ぶ?! トランプ陣営参謀「台湾への武器供与」の必要性を強調

      日本の国防上、最も重要な場所に位置する台湾。中国が2020年ごろまでに併合したいと狙っている台湾の運命は、日本人にとっても他人事ではない。   中国の軍事的な脅威を肌で感じている米軍や国防当局は、これまでも南シナ海や東シナ海における米軍の中国への強硬策を進言してきた。しかしオバマ政権は、アジアで「強いアメリカ」の威信を十分に示すことはできなかっ...

  • 2016年の革命、これからの革命 ―トランプ、蔡英文、ドゥテルテから日本へ - 編集長コラム

    2016.11.29
    2016年の革命、これからの革命 ―トランプ、蔡英文、ドゥテルテから日本へ - 編集長コラム

      2017年1月号記事   編集長コラム Monthly Column   2016年の革命、これからの革命 ―トランプ、蔡英文、ドゥテルテから日本へ   contents 大川総裁だけが見抜いていた トランプ大統領が「正しい選択」である理由 - ...

  • トランプはレーガンの再来か? レーガンの実績に垣間見えるトランプの戦略

    2016.11.17
    トランプはレーガンの再来か? レーガンの実績に垣間見えるトランプの戦略

      「Make America Great Again(アメリカを再び偉大な国に)」を選挙スローガンに、今回のアメリカ大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏。   トランプ氏の衝撃的な勝利を、1981年に登場したロナルド・レーガン大統領と重ねる人も多い。何かと共通点の多い両政治家。トランプ新大統領の今後を占うためにも、レーガン氏の実績と比べてみたい...

  • 南シナ海はもはや中国の海 オバマ外交の「負の遺産」 - ニュースのミカタ 1

    2016.10.30
    南シナ海はもはや中国の海 オバマ外交の「負の遺産」 - ニュースのミカタ 1

    写真:ロイター/アフロ   2016年12月号記事   ニュースのミカタ 1 国際   南シナ海はもはや中国の海 オバマ外交の「負の遺産」   「私が大統領在任中にアメリカと縁を切るかもしれない。ロシアや中国と関係を深める」 これは、数々の暴言で国際社会を騒がせ、...

  • 【アメリカ大統領選】日本の味方はトランプだった! 2017年、世界は戦国時代?

    2016.10.30
    【アメリカ大統領選】日本の味方はトランプだった! 2017年、世界は戦国時代?

    写真は、米ミズーリ州で10月9日に行われた第2回テレビ討論会。写真:ロイター/アフロ   2016年12月号記事   アメリカ大統領選   日本の味方はトランプだった! 2017年、世界は戦国時代?   次期アメリカ大統領がついに決まる。日米の主要メディアは、ことごとく民主党のヒラ...

Menu

Language