検索結果 【ボランティア】

141-150件/153件中

  • 笑って死ねる「往生際」

    2006.03.08
    笑って死ねる「往生際」

    2006年5月号記事 尊厳死問題から考える 笑って死ねる「往生際」   尊厳死を巡る議論がにわかに活気づいている。 安らかな死を求めてさまざまな立場の考え方が入り乱れているが、人間にとって望ましい往生際とは何なのだろうか。       延命? 死への準備? なぜ治療の選択を...

  •  「多重債務」脱出マニュアル

    2005.10.07
    「多重債務」脱出マニュアル

    2005年12月号記事 借金地獄はこうすれば抜け出せる! 「多重債務」脱出マニュアル   複数のサラ金やクレジット会社などへの借金返済に苦しむ「多重債務者」。 家庭崩壊やホームレス、自殺などにもつながり深刻な社会問題となっている。 真っ先に求められるのは、確かな相談先と返済額を圧縮するための知識だ。   &n...

  • 赤ちゃんのうつぶせ寝って大丈夫?

    2005.07.07
    赤ちゃんのうつぶせ寝って大丈夫?

    2005年9月号記事 SIDS?それとも窒息死? 赤ちゃんのうつぶせ寝って大丈夫?   この4月、厚生労働省がSIDS(乳幼児突然死症候群)診断の指針をまとめた。 元気だった赤ちゃんが、原因不明で突然亡くなりSIDSなのか窒息死なのかその原因を巡って激しい論争や裁判が起きているからだ。 「うつぶせ寝」の赤ちゃんの突然死を、改めて考えて...

  • 子供たちの安全を守る!

    2005.05.07
    子供たちの安全を守る!

      2005年7月号記事 大阪ルポ 愛と連帯の住民パワーで子供たちの安全を守る!   最近、全国各地で子供たちが狙われる事件が続発している。一方で、そうした事件に危機感を抱いて、「自分たちの町は自分たちで守ろう」と立ち上がった地域がある。こうした活動が特に活発な、大阪の「子供を守る取り組み」を追った──   ...

  • 自殺遺族の「心の危機」を救うには

    2004.10.06
    自殺遺族の「心の危機」を救うには

      2004年12月号記事 「死は永遠の別れではない」第5 弾 自殺遺族の「心の危機」を救うには   この9月から10月にかけて、若い男女がネットで知り合い集団自殺するということが相次ぎ 社会に大きな衝撃を与えた。こうした数々の自殺の陰で忘れてはならないのは家族を自殺で失った遺族の心の苦しみだ。 それが、次なる悲劇を...

  • 「荒れる学校」を立て直せ!

    2004.10.06
    「荒れる学校」を立て直せ!

      2004年12月号記事 不登校・非行・中退…… このままではアカン「荒れる学校」を立て直せ! ──ドキュメント・親と教師の熱き戦い──   不登校や高校中退が全国でも多いといわれる関西。 中でも大阪府は、いわゆる教育困難校が少なくない。しかし一方で教師や親が「このままではアカン」と立ち...

  • 家族の死、自分の死を見据えて

    2004.08.06
    家族の死、自分の死を見据えて

      2004年10月号記事 敬老の日特集  死は永遠の別れではない 第3弾 家族の死、自分の死を見据えて   「あの世はあるのか」 「死は永遠の別れなのか」―― 今回は、シニア世代にも大きな関心を呼んでいる死をめぐる新たな動きを追いつつ 生と死を見据えて人生を輝かせるヒントを探ってみた。 ...

  • 子供に読書力をつけさせる「最強の小学校」

    2004.07.06
    子供に読書力をつけさせる「最強の小学校」

    2004年9月号記事 夏休みは本を読もう!   子供に読書力をつけさせる「最強の小学校」 読書離れが著しいと言われる昨今だが、子供の読書への取り組みが盛んな小中学校も少なくない。読書の習慣を身に付けることは、子供にとって人生最高の宝の一つ。子供の読書推進で全国でも目立った成果を上げている、いくつかの小学校の工夫を紹介する。   &n...

  • 今こそ大切な「家族の絆」  心の孤独を救うには

    2004.02.06
    今こそ大切な「家族の絆」 心の孤独を救うには

    2004年4月号記事   自殺者を減らそう!2004   どんなに世の中が変わっても、人と人が支え合う基本は、やはり家族だ。 特に、会社など外側のものに頼れない今の日本では増え続ける自殺を未然に防ぐうえでも、家族の心の絆が一層大切となる。 読者の体験から考えてみた。       ...

  • 悪魔祓い師 エクソシストとは何者か

    2004.01.06
    悪魔祓い師 エクソシストとは何者か

    2004年3月号記事    カトリックの本拠地イタリア──。  ここでは教会公認のエクソシストが 300人も存在し、今日も祈りの力で“悪魔祓い”をしているという。  悪魔とは何か?  なぜ人間に憑依するのか? 「祈りの力」が有効なのはなぜか?  ...

Menu

Language