検索結果 【ベストセラー】

131-140件/149件中

  • エンタメ系IT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.10

    2007.07.10
    エンタメ系IT社長市川茂浩のメディア進化論Ver.10

      2007年9月号記事   Ver.10「幸福」という潜在ニーズを満たすメディア (いちかわ・しげひろ) ケータイ向け完全無料放送局Qlick.TV(クリックドットティービー)を運営する株式会社フロントメディア代表取締役。通信およびコンテンツビジネスに精通している。7月には『誰も知らなかったケータイ世代』(東洋経済新報社)を上梓し...

  • 教育再生の条件(後編)

    2007.07.10
    教育再生の条件(後編)

    2007年9月号記事   先月号(前編)では、日本の子供の学力と規律が崩壊した原因は日本の教育界が、アメリカで失敗に終わった二つの教育思想をいまだに実践しているからであることを明らかにした。 「子ども中心」「個性尊重」の美名に囚われ本来子供に教えるべきことを教えていない日本。 しかし学力を向上させるためには教育の基盤である規律・徳育が正されねばならず...

  • 『鈍感力』に  まどわされるな

    2007.07.10
    『鈍感力』に まどわされるな

    2007年9月号記事 逆風下のリーダーの心得 大切なのは信念と不動心だ   今年上半期のベストセラー本となった『鈍感力』。小泉前首相が安倍首相に対し、盛んに「鈍感力の効用」を勧めて注目を集めた。確かに一個人にとって特定の場面で役立つことはあるが、一国の指導者など組織のリーダーに有用かというと、何かが違う……。参院選の安倍首...

  • 独占インタビュー 『神々の指紋』著者 グラハム・ハンコック

    2007.02.10
    独占インタビュー 『神々の指紋』著者 グラハム・ハンコック

      2007年4月号記事 特集 異次元の復活 「人類には今、意識の大変革が必要。そのリーダーは日本です」   科学も考古学も、その本質は「未知の世界」の探究だ。そこに必要なのは、かつての天動説のような常識や偏見にとらわれない自由な心である。古代文明の謎への挑戦者、グラハム・ハンコック氏が向かう次なるフロンティアは「異次元」という未知...

  • 「市場に訊く」力

    2007.01.10
    「市場に訊く」力

      2007年3月号記事 ビジネス風雲録 キリンを復活させた「市場に訊く」力   2001年、48年間にわたって業界首位に君臨し続けたキリンビールが、アサヒビールにシェアで逆転された時、世はこぞってアサヒの快進撃を絶賛した。以来、王者キリンは、「驕れる者は久しからず」を地で行く失敗例の典型となり、一転、アサヒの引き立て役になった。そ...

  • 「口ぐせ」を変えると成功できる!!

    2006.12.10
    「口ぐせ」を変えると成功できる!!

    2007年2月号記事   天国地獄は言葉から   「1年の計は元旦にあり」。新年は新しい人生目標や決意を固める絶好の機会。 「2007年は新しい自分に生まれ変わるぞ!」と意気込んでいる、そんなあなたにオススメなのが「口ぐせ」による変身だ。読者による検証と口ぐせ研究の第一人者・佐藤富雄氏のインタビューを交え、「口ぐせ」の素晴らしき世界...

  • わが子に正しい国語力を

    2006.07.09
    わが子に正しい国語力を

      2006年9月号記事 各教科対策シリーズ第3弾 日本人として恥ずかしくない わが子に正しい国語力をつける方法(基礎編)   簡単な漢字が書けない、敬語が使えない、自分の考えをうまく話すことができない、人の話が聞けない・・・。昨今の若者の国語力の低下は、各方面から指摘されている通りだ。 7月号の「英語」、8月号...

  • 言葉で楽しむクラシック入門  第1回

    2006.06.08
    言葉で楽しむクラシック入門 第1回

    2006年8月号記事 言葉で楽しむクラシック入門 第1回 心が豊かになるモーツァルト   新しいスタイルの音楽祭などを通して、クラシック音楽が日本人に、より身近なものになってきた。これからのビジネスや人生に大切な「感性」と「知性」を両方磨けて、しかもこの上なく楽しいもの──それがクラシック音楽だ。新シリーズ第1回は今年の主役モーツァルトをお題に、ベス...

  • ヤバい!?発想術

    2006.06.08
    ヤバい!?発想術

    2006年8月号記事   厳選5つの最強ツール大公開! ヤバい!?発想術 使えるアイデアはこうして出せ!!   ◆「シーマン」の誕生秘話、斎藤由多加氏一問一答 ◆“睡眠活魚”でブレイクの水産加工会社 ◆『えんぴつで奥の細道』を生み出したひらめき ◆『ウケる!発想術』著者・中島孝志氏激論...

  • トンデモ上司とトホホ部下

    2006.03.08
    トンデモ上司とトホホ部下

    2006年5月号記事 新入社員に贈る トンデモ上司とトホホ部下 それでも僕らは戦い続ける   職場における永遠のテーマ「上司と部下」。 無責任な上司に反抗的な部下。 不条理なんて当たり前。 それでも我々は明るい未来を心に描きながら力強く生きていくのだ! イラストレーション/増澤香織   &nb...

Menu

Language