検索結果 【年金】

121-130件/277件中

  • 働く意味は、障害者が教えてくれた

    2016.07.29
    働く意味は、障害者が教えてくれた

    日本理化学工業の川崎工場。凛とした空気が流れ、各人はそれぞれの作業に集中する。   2016年9月号記事   働く意味は、障害者が教えてくれた   人はなぜ働くのか。仕事の本質を、働く障害者を通じて考える。 (編集部 河本晴恵)     焼きあがったチョ...

  • 民進党が年金の意見広告で自民党を批判 でもどちらも主張に嘘がある

    2016.07.08
    民進党が年金の意見広告で自民党を批判 でもどちらも主張に嘘がある

      参院選も終盤を迎えている。そんな中、民進党が7日付の大手各紙に、「あなたの年金が、危ない。」という見出しの意見広告を出して、勝負をかけている。   趣旨は、次のようなものだ。   「年金積立金の運用は安全第一であるべきなのに、安倍政権がその半分を株式に投資した結果、昨年は5兆円の損失が出てしまった。民進党は株式への運用...

  • バラまき合戦でいいんですか? ――「福祉大国」から「未来投資国家」へ (Webバージョン) - 編集長コラム

    2016.07.06
    バラまき合戦でいいんですか? ――「福祉大国」から「未来投資国家」へ (Webバージョン) - 編集長コラム

      2016年8月号記事   編集長コラム 参院選・特別版   Webバージョン バラまき合戦でいいんですか? ――「福祉大国」から「未来投資国家」へ     まったく同じ公約が並ぶ各党 各政党が同じような公約を掲げたら、民主主義は成り立つのだろうか。 ...

  • 「革命」はどうやって起こるのか(Webバージョン) - 編集長コラム

    2016.07.06
    「革命」はどうやって起こるのか(Webバージョン) - 編集長コラム

      2016年7月号記事   編集長コラム Monthly Column   Webバージョン 「革命」はどうやって起こるのか     内戦に外国を引き込んだ江戸幕府 「革命」はどうやって起こるのだろうか。 世界でも珍しい「無血革命」だった明治維新はどう...

  • 釈量子の志士奮迅 [参院選・特別版] - 真の争点は「バラマキノミクス」

    2016.06.30
    釈量子の志士奮迅 [参院選・特別版] - 真の争点は「バラマキノミクス」

      2016年8月号記事   参院選・特別版   特別編 釈量子の志士奮迅   幸福実現党党首   釈量子 (しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局...

  • バラまき合戦でいいんですか? ――「福祉大国」から「未来投資国家」へ - 編集長コラム 参院選・特別版

    2016.06.30
    バラまき合戦でいいんですか? ――「福祉大国」から「未来投資国家」へ - 編集長コラム 参院選・特別版

      2016年8月号記事   編集長コラム 参院選・特別版   バラまき合戦でいいんですか? ――「福祉大国」から「未来投資国家」へ   「低年金者への給付金(年金増額)」「保育士や介護職員の給与引き上げ」「返済不要の給付型奨学金」 自民、民進、公明、共産の各党がみな、7月の参院...

  • 【参院選2016】マスコミが言わない7つの争点

    2016.06.22
    【参院選2016】マスコミが言わない7つの争点

    争点1―そもそも消費増税は正しかったの?   消費税を上げるたび政府の借金が倍になる!? 自民党も民進党も、消費税をいずれ10%に上げることを前提に、政策論争を行っています。それに対して幸福実現党は「消費税を5%に戻すことで、景気回復を目指す」と主張しています。消費税を下げることなど、本当に可能な...

  • 一人あたり27万円もらえる制度に「反対」したスイス国民

    2016.06.08
    一人あたり27万円もらえる制度に「反対」したスイス国民

      スイスで、すべての国民に毎月一定の額が無条件で支給される「最低生活保障(ベーシック・インカム)」の導入について、国民投票が行われた。反対が76.9%、賛成が23.1%となり、反対多数で否決された。7日付各紙が報じた。   可決されれば、成人一人あたり2500スイスフラン(約27万円)、未成年は625スイスフラン(約6万8000円)が支給される見...

  • 【参院選】7年前から「北朝鮮」と「増税路線」に警鐘を鳴らしていた幸福実現党の先見性

    2016.06.06
    【参院選】7年前から「北朝鮮」と「増税路線」に警鐘を鳴らしていた幸福実現党の先見性

      安倍晋三首相は、来年4月に予定されていた10%への消費増税を2年半延期すると発表した。 とはいえ、いずれ増税されることには変わりがない。自民党を批判している民進党も消費増税を決めた当事者であり、共産党も消費増税には反対しているが法人税増税を訴えている。   増税の理由として挙げられるのが「社会保障の維持」と「財政再建」だ。だが、消費税を...

  • 2019年10月まで消費増税延期で財務相反発 安倍首相の本心は同日選?

    2016.05.30
    2019年10月まで消費増税延期で財務相反発 安倍首相の本心は同日選?

    Drop of Light / Shutterstock.com   安倍晋三首相は2017年4月に予定されている消費税10%への増税を、2019年10月まで2年半延期する旨を麻生太郎副総理兼財務相、谷垣禎一自民党幹事長に伝えた。麻生副総理はこれに反発し、「再延期するなら、衆院を解散して同日選で国民の信を問うべきだ」と主張。引き続き協議が行われる。 &nbs...

Menu

Language