検索結果 【後継者】

111-118件/118件中

  • 直江兼続の生きざまに学ぶ

    2008.11.16
    直江兼続の生きざまに学ぶ

      2009年1月号記事 利を捨て、愛と義を貫いた智将 2009年大河ドラマ「天地人」の主人公   日本の名山に名を連ねる山々、どこまでも続く海岸線。雪解け水は名水を生み、棚田には大地の恵みが実る。瞼を閉じれば浮かぶ、日本人の心の原風景だ。そんな安らぎの地、新潟で、一人の人物がクローズアップされている。直江兼続──。戦国の世にあって...

  • 与えるほど豊かになる法則

    2008.09.15
    与えるほど豊かになる法則

    2008年11月号記事   超不況業種でこの効果! 逆説の「必勝戦略」   量販店の進出で苦戦する街の電器屋、さびれた地方のシャッター街、そして構造不況に陥る衣料業界──経営が傾いて当たり前のこの状況から、見事、業績を伸ばしている企業や店がある。なぜ、この厳しい時代に斜陽産業のなかにあって、成果を上げることができるのか??その秘密を...

  • 中国「13億人」の未来 第1回 社会主義の国の宗教ブーム

    2007.12.13
    中国「13億人」の未来 第1回 社会主義の国の宗教ブーム

    2008年2月号記事 第1回 社会主義の国の宗教ブーム   2008年の北京オリンピックを境に、中国はどこへ向かおうとしているのか──。現在の体制が強化され、かつての「中華帝国」のような大国が現れるのか? あるいは宗教活動の自由化や政治の民主化が進み、「近代国家」として生まれ変わるのか? そのとき、一つに束ねられてきた13億の人たちはどうなるのか? 中国がど...

  • 上海派vs.共青団の政治闘争はこれからが本番だ

    2007.11.13
    上海派vs.共青団の政治闘争はこれからが本番だ

    2008年1月号記事 胡錦濤政権 2期目スタート   中国ウォッチャー ウィリー・ラム氏寄稿 ウィリー・ラム(略歴)1952年生まれ。香港大学卒業。米ミネソタ大学で博士号取得。1970年代半ば以降、香港紙サウスチャイナ・モーニングポスト記者、CNN香港コメンテーターなどの立場で、中国問題について言論活動を行なってきた。現在、国際教養大(秋田市)特任教...

  • 日はまだ昇る

    2006.11.10
    日はまだ昇る

      2007年1月号記事 日本経済の好調が続いている。景気の拡大は史上最長、株価も堅調、北朝鮮の有事も乗り越えて、着実な足取りで、空前の繁栄を築きつつある。1年前に本誌2月号で指摘したように、「経済大国ニッポンの復活」は順調に進んでいると言えよう。しかし、一方では「実感がない」「格差拡大でむしろ問題が多い」と、景気回復に否定的な声もある。果たして日本経済の復活は本物...

  • 安倍晋三氏の過去世

    2006.09.10
    安倍晋三氏の過去世

      2006年1月号記事 感性と貴族気風が人気の秘密──   国民的な人気に後押しされた安倍晋三氏。その人気の秘密はどこにあるのか。「ぶれない」と言われる政治姿勢、ソフトな容姿と語り口、祖父・岸信介元首相、父・晋太郎元自民幹事長(ともに故人)に続くエリート政治家の血筋……。だが、それだけではない。実は、安倍氏の過...

  • 「大予測」2006

    2005.12.07
    「大予測」2006

    2006年2月号記事   政治、経済、社会、科学── 06年は希望の年だ! 「大予測」2006   予測1      経済大国ニッポンの復活 「日経平均1万5千円突破」「東証売買高過去最高」「トヨタ生産世界一へ」――。日本経済の明るさを裏付けるニュースが連日のように新聞を賑わせている。しかし、そ...

  • 2005年「敗軍の将」の研究

    2005.10.07
    2005年「敗軍の将」の研究

    2005年12月号記事 2005年「敗軍の将」の研究   成功者を真似ようとしても簡単にはいかないが「敗北」は教訓に満ちており、研究に値する。 ダイエー創業者の故・中内氏 ライブドアの堀江貴文社長 民主党の岡田克也前代表── 今年1年、世間の注目を集めた「敗軍の将」から成功へのヒントを学んでみよう。   ...

Menu

Language