検索結果 【孤独】

111-120件/125件中

  • 「レンタルお姉さん」が行く

    2006.07.10
    「レンタルお姉さん」が行く

    2006年9月号記事 ニート・ひきこもり 200万人時代の「救い」になるか   「レンタルお姉さん」をご存知だろうか。フーゾク?  なんて誤解してはいけない。実はニートやひきこもりの人を訪問し、彼らを社会参加につなげる新しい仕事だ。ニート対策の一つとして注目される、そのユニークな活動の実態を本誌記者が同行ルポした。  (文中敬称略...

  • 職場の女性を敵に回さないヒケツ

    2006.05.08
    職場の女性を敵に回さないヒケツ

    2006年7月号記事   男と女は違う星からやって来た!? 職場の女性を敵に回さないヒケツ   業績アップを考える前に取り組まねばならぬことがある――はずだ。 声に出せず部下にも相談できず密かに恐れて続けている、あのこと。 そう。職場の女性たちを敵に回さなくて済むにはどうすればいいのだ!?   ...

  • 自分でできるストレス・マネジメント

    2006.05.08
    自分でできるストレス・マネジメント

      2006年7月号記事 「勝ち組」だってつらい! 大競争時代の「うつ」対策 自分でできるストレス・マネジメント   現代の競争社会で、つらいのは、敗れた人や低迷している人ばかりではない。いわゆる「勝ち組」も、過重な仕事や成果を求められ、うつ気味になっていることが少なくない。誰もが心のリスクを抱えている今の時代。自分でできる早めのス...

  • 繁栄を築いた人たち  「トヨタウェイ」のルーツ 豊田佐吉

    2006.03.08
    繁栄を築いた人たち 「トヨタウェイ」のルーツ 豊田佐吉

    2006年5月号記事 繁栄を築いた人たち 「トヨタウェイ」のルーツ 豊田佐吉   今年、生産台数で世界一が見えてきたトヨタ自動車。 グループの連結売上が合計で18兆円を超えるまさに日本最強の企業グループだ。 しかし、この実績は一朝一夕につくられたわけではない。 とりわけグループの創始者・豊田佐吉(1867~1930)が貧しさの...

  • 子供に安全な社会をつくるには(後編)

    2005.11.07
    子供に安全な社会をつくるには(後編)

    2006年1月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第107回 新シリーズ「正しき道を求めて」 子供に安全な社会をつくるには(後編)   問 最近は、小さな子供たちが犯罪に巻き込まれることが多く、とても心配です。子供を護るために、親としてできることは何でしょうか。   &n...

  • 子供に安全な社会をつくるには

    2005.10.07
    子供に安全な社会をつくるには

    2005年12月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第106回 新シリーズ「正しき道を求めて」 子供に安全な社会をつくるには   問 最近は、小さな子供たちが犯罪に巻き込まれることが多く、とても心配です。子供を護るために、親としてできることは何でしょうか。    ...

  • 世界をつなげ!自殺ゼロの願い

    2005.08.07
    世界をつなげ!自殺ゼロの願い

    2005年10月号記事 自殺者を減らそうキャンペーン 世界自殺予防デー特集 世界をつなげ!自殺ゼロの願い   自殺者の増加が深刻な問題となっているが世界的にも自殺予防は国境を超えた大きな課題だ。 折しも、9月10日は「世界自殺予防デー」。 地球規模の目で自殺者を減らすために一人ひとりに何ができるかを考えてみたい。  ...

  • 日本人の「自殺観」

    2005.05.07
    日本人の「自殺観」

      2005年7月号記事 自殺者を減らそうキャンペーン 人びとの多くが容認する風土? 大検証日本人の「自殺観」   「自殺は場合によっては仕方がない」 「潔く、ケジメをつけた」 「厳しい世相の犠牲者だ」──。 自殺を容認するような雰囲気が日本には少なくない。だが、こうした意識が先進国の中で最悪のレベル...

  • 虐待の恨みを乗り越えて

    2005.03.07
    虐待の恨みを乗り越えて

      2005年5月号記事 人生煌めきの瞬間 45 「アダルト・チルドレン」との決別──虐待の恨みを乗り越えて 貧しさのなか両親の愛を得られず育ったあげく兄から受け続けた虐待の数々── 長年の想像を絶する苦しみから立ち直った一人の女性の、壮絶な魂の記録。 高井 恵美(仮名、38歳)   ハンカチひとつとっても使い古しの...

  • 自殺遺族の「心の危機」を救うには

    2004.10.06
    自殺遺族の「心の危機」を救うには

      2004年12月号記事 「死は永遠の別れではない」第5 弾 自殺遺族の「心の危機」を救うには   この9月から10月にかけて、若い男女がネットで知り合い集団自殺するということが相次ぎ 社会に大きな衝撃を与えた。こうした数々の自殺の陰で忘れてはならないのは家族を自殺で失った遺族の心の苦しみだ。 それが、次なる悲劇を...

Menu

Language