検索結果 【ボランティア】

111-120件/153件中

  • 菅「配給内閣」は早期に総辞職すべし

    2011.04.05
    菅「配給内閣」は早期に総辞職すべし

    左写真:09 年正月の日比谷・派遣村の様子。その活動に関わったメンバーがいま首相官邸に集結している 右写真:戦時中の炊き出し風景。市民運動家出身の菅氏が得意なのは、生活困難者の救済だ   2011年5月号記事   編集長コラム   菅政権はなお東日本大震災の救援・復旧活動のさなかにあるだろうが、菅直人首相はでき...

  • 「がんばろう日本」―東日本大震災の被災地へ 祈りと励ましのメッセージ5

    2011.03.20
    「がんばろう日本」―東日本大震災の被災地へ 祈りと励ましのメッセージ5

      天使たちの祈り   地にある人びとよ 地にあって 生きてゆく人びとよ 地にあって 愛を求め 地にあって 生命を求め 地にあって 糧を求める人びとよ われら天使たち 汝らを救わんとして いま祈れり われら天使たち 汝らを導かんとして い...

  • 「がんばろう日本」―東日本大震災の被災地へ 祈りと励ましのメッセージ1

    2011.03.13
    「がんばろう日本」―東日本大震災の被災地へ 祈りと励ましのメッセージ1

    11日、インド西部アーメダバードの学校で、『日本とともにあり』のメッセージやキャンドルを手に東日本大震災の犠牲者のために祈る生徒たち     行き詰まったとき、迷ったとき、道に迷って苦しんだとき、打ちひしがれたとき、 肉体的な生き方のなかにおける自分の限界を痛切に感じたとき、 そういうときには、祈ってください。 ...

  • 「新しい公共」を阻止しない日本の危機(下)“共産コミューンの市町村”づくりが目的の「新しい公共」

    2011.02.28
    「新しい公共」を阻止しない日本の危機(下)“共産コミューンの市町村”づくりが目的の「新しい公共」

    2011年4月号記事   寄稿 オピニオン 嶋田陽一(政治学者)     第四節 “地方の地獄”「新しい公共」に、 自民党はなぜ騙され踊るのか ──レーニンの公約「パンと平和」が 「餓死と戦争」になった歴史を忘れた日本     ...

  • 「未来創造のマネジメント」

    2010.12.23
    「未来創造のマネジメント」

    2011年2月号記事   幸福の科学の急成長に学ぶ 「未来創造のマネジメント」   創立わずか20数年のうちに、戦後最大の宗教に成長した 「幸福の科学」。最近では、政党を立ち上げたほか、中高一貫校を設立し、世界約80カ国に信者を擁する一大グループとなっている。なぜ短期間でこれだけ発展できたのか。11月に発刊された経営論集『未...

  • 【マスコミが伝えない新宗教】Part.2 私こんなことやってました。─信者・元信者が語る宗教体験

    2010.10.05
    【マスコミが伝えない新宗教】Part.2 私こんなことやってました。─信者・元信者が語る宗教体験

    2010年12月号記事   幸福の科学   信者同士のつながりは希薄? 千葉県 58歳 女性   幸福の科学の教えは、それまで学んでいた教団のものより、スケールが大きく感動しました。特に、あの世の世界についてとても詳細に書かれていることに驚きました。ただ、信者さん同士のつながりは少し希薄な感じがします。一...

  • 移民国家を目指せ!

    2010.04.05
    移民国家を目指せ!

    2010年6月号記事   移民受け入れか、それとも衰退か― 本誌は、移民受け入れが、日本が今後さらに発展していくうえで重要なカギになることを提言してきた。   しかし、まだまだ「移民」と聞くだけで感情的に反発する人が多い。 ただ、移民を円滑に受け入れ、経済発展につなげている国もある。各国のケースから、「成功する移民受け入れの...

  • 坂本龍馬の魅力に迫る

    2009.12.08
    坂本龍馬の魅力に迫る

    2010年2月号記事   2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」が放映 初めて日本人を名乗った人物 坂本龍馬の魅力に迫る   維新回天の立役者として国民的な人気を誇る坂本龍馬。私心を捨て、日本の国のために翔けぬけた龍馬の人柄や資質はどのようにして形づくられたのだろう。龍馬の家庭や生まれ育った町、そして出会った人たちとの関わり...

  • 小説『坂の上の雲』のまちを旅して

    2009.11.08
    小説『坂の上の雲』のまちを旅して

    2010年1月号記事   今秋(2009年)よりNHKスペシャルドラマで放映 〝公〟に尽くした青年たちの気概   小説『坂の上の雲』のまちを旅して     ビジネスマンのバイブルといわれ、絶大な人気を誇ってきた司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』。 日本陸軍騎兵の創設者秋山好古、日本海海戦を...

  • 【60年目の中国】(1)

    2009.10.09
    【60年目の中国】(1)

    2009年12月号記事   軍事パレードで明らかになった 【60年目の中国】(1) ───赤い龍はどこに向かうのか     10月1日、中国が建国60周年を迎え、北京では10年ぶりとなる盛大な軍事パレードが一般市民を締め出して行われた。   いまやGDPで日本を超えて世界第2位の経済大国になろうと...

Menu

Language