検索結果 【平等】

101-110件/394件中

  • 人材を育てる人、ダメにする人 宗教が説く「教育者の条件」とは

    2018.03.12
    人材を育てる人、ダメにする人 宗教が説く「教育者の条件」とは

      たとえ、学校の先生や子育て中の親でなくとも、会社の後輩や部下の指導など、人生において「教育力」を求められる局面は多い。   どうすれば良き教育者となれるのか――。そんな疑問への答えが示された『教育者の条件 人を育てる7つのポイント』(大川隆法・大川直樹著)が今月7日から、全国の書店で販売されている。   同書では、「教...

  • 保護主義とは言えないトランプ大統領の輸入制限

    2018.03.10
    保護主義とは言えないトランプ大統領の輸入制限

      《本記事のポイント》 中国のダンピングは安全保障上の脅威 原理主義的な自由貿易によって国家は強くならない アメリカの世論も経済学者も原理主義的な自由貿易に疑問を呈し始めた   トランプ米大統領は、日本時間の9日未明に鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を正式に発表した。鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税...

  • 劉暁波の過去世 - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

    2018.02.27
    劉暁波の過去世 - 新 過去世物語 人は生まれ変わる

    イラスト:菊池としを maoyunping / Shutterstock.com   2018年4月号記事   新・過去世物語 人は生まれ変わる   劉暁波の過去世   人は、何度も生まれ変わりながら、魂を磨き、人格を向上させていく永遠の存在。その生まれ変わりの過程は、一人ひとりの個性によ...

  • Interview 世界の民主活動家たち - 9億人が隔離される独裁国家・中国

    2018.01.29
    Interview 世界の民主活動家たち - 9億人が隔離される独裁国家・中国

      2018年3月号記事   世界の民主活動家たち Interview   9億人が隔離される独裁国家・中国   香港で行われた天安門事件の追悼式に合わせて、「民主の女神像」を制作するなど、芸術を通して長年中国の民主化運動に携わってきた活動家に、民主化への思いを聞いた。 (編集部 長華子)...

  • NHK大河「西郷どん」が初放送 もし西郷隆盛が、今の日本を見たら何と言うか?

    2018.01.07
    NHK大河「西郷どん」が初放送 もし西郷隆盛が、今の日本を見たら何と言うか?

    (画像はWikipediaより)   《本記事のポイント》 西郷どんは今の政治家を見たら、「全員クビだ」と言う 日本の安全保障情勢を見たら、攘夷論の必要性を説くだろう 日本に必要なのは、邪悪なものを憎む「正義の心」   7日夜から、NHKの新大河ドラマ「西郷どん」の放送が始まる。 &nbs...

  • 2018 夢を叶える 世界の「神頼み」/ 聞いてみた 神道、仏教、キリスト教、イスラム教、幸福の科学

    2017.12.25
    2018 夢を叶える 世界の「神頼み」/ 聞いてみた 神道、仏教、キリスト教、イスラム教、幸福の科学

      2018年2月号記事   聞いてみた 神道、仏教、キリスト教、イスラム教、幸福の科学   2018 夢を叶える 世界の「神頼み」   神仏の存在が普段より身近に感じられる年末年始、「神頼み」について考えた。 (編集部  小川佳世子、小林真由美) &nb...

  • 日本の「軍艦島センター」設置に韓国が反発 徴用工は“奴隷労働”ではない

    2017.12.08
    日本の「軍艦島センター」設置に韓国が反発 徴用工は“奴隷労働”ではない

      《本記事のポイント》 日本政府が「徴用工の情報センター」を東京に設置する動きに、韓国が反発 韓国は「徴用工=奴隷労働」と主張しているが、そうした歴史的事実はない 日本人と朝鮮人での待遇の格差はなく、日本は正しい歴史を発信すべき   朝鮮半島出身者が戦時中に、長崎市の端島(通称:軍艦島)炭坑などで労働し...

  • オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

    2017.11.30
    オレたちの絆が世界を守る - 2018年を「信仰」で読み解く

    イラスト:菊池としを   2018年1月号記事   オレたちの絆が世界を守る 2018年を「信仰」で読み解く   北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の台頭、宗教紛争など、国際社会は混沌としている。 2018年は、さらに混迷を深めるのか。それとも新たな未来が開かれるのか。カギを握る国のリーダーたちの本心を...

  • 米著名ジャーナリスト 「大きな政府」に突き進む日本に警鐘(前編)

    2017.11.22
    米著名ジャーナリスト 「大きな政府」に突き進む日本に警鐘(前編)

    Drop of Light / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 政府による貧困問題の解決は、限界がある 政治は「右か左か」ではなく、「上か下か」の選択 常に自由を選び取ることを願い、行動していかなくてはならない   日本では、右も左も、まるで旧社会党か共産党かと見紛うば...

  • 自民党が掲げた「すべての子供たちへの保育無償化」認可外保育所は対象外で怒りの声

    2017.11.09
    自民党が掲げた「すべての子供たちへの保育無償化」認可外保育所は対象外で怒りの声

      《本記事のポイント》 自民党が衆院選で掲げた「すべての子どもたちの保育費全面無償化」はウソだった 認可外保育施設を無償化から除外すれば、保育格差は拡大することが必至 政府がすべきは、保育の「全面無償化」ではなく、「規制緩和と多様化」   先月の衆院選で圧勝した自民党が、早速、選挙時の公約をくつがえし始...

Menu

Language