検索結果 【小泉】

101-110件/123件中

  • 日本の出産費用は高すぎる?

    2007.11.13
    日本の出産費用は高すぎる?

    2008年1月号記事   PART1 アメリカ 保険の有る無しで天国と地獄── 映画「シッコ」が描く行き過ぎた市場原理の医療   「こんな橋の上で生まれたら、どうしよう」   アカネさん(当時33歳・仮名)は何度目かの陣痛に襲われながら、そう不安になった。 彼女を後部座席に乗せて夫が運転する...

  • 「毅然とした国家」路線は欠かせない

    2007.09.13
    「毅然とした国家」路線は欠かせない

    2007年11月号記事 憲法改正、価値観外交──   「毅然とした国家」路線は欠かせない   安倍退陣 新政権誕生   安倍晋三首相の突然の辞任表明を受け、福田康夫元官房長官の自民新総裁・新首相への就任が濃厚となった(19日現在)。今後はインド洋での海上自衛隊の給油活動を継続できるかどうか、衆院総選挙がいつになるか...

  • 「隠れサヨク」との戦いは続く

    2007.08.13
    「隠れサヨク」との戦いは続く

    2007年10月号記事 どうなる  参院選後のニッポン 憲法改正に反対する「隠れサヨク」との戦いは続く   「かつての自民党のやり方」 参院選で37議席に終わった自民党――。故・竹下登元首相の強固な地盤を受け継ぐ島根県では、自民現職の景山俊太郎氏が、国民新党の新人で民主党推薦の亀井亜紀子氏に3万票以上の差をつけられて敗れた。 ...

  • 言葉で楽しむクラシック入門 最終回

    2007.08.13
    言葉で楽しむクラシック入門 最終回

    2007年10月号記事   「神を失った時代」の芸術をめぐって ワーグナーのタンホイザー   1年間続いたシリーズの最終回は第1回にも登場した樋口裕一氏に最も傾倒している作曲家ワーグナーについて話を聞いた。 独自の人気を持ちつづけるその芸術世界を題材に現代人にとっての芸術と宗教の問題を考える。   ...

  • 『鈍感力』に  まどわされるな

    2007.07.10
    『鈍感力』に まどわされるな

    2007年9月号記事 逆風下のリーダーの心得 大切なのは信念と不動心だ   今年上半期のベストセラー本となった『鈍感力』。小泉前首相が安倍首相に対し、盛んに「鈍感力の効用」を勧めて注目を集めた。確かに一個人にとって特定の場面で役立つことはあるが、一国の指導者など組織のリーダーに有用かというと、何かが違う……。参院選の安倍首...

  • 中国の対日戦略を読み解く

    2007.04.10
    中国の対日戦略を読み解く

    2007年6月号記事   経済協力を求めつつ日米同盟を分断?   中国の温家宝首相が4月、中国首相として6年半ぶりに来日。小泉政権時代の強硬姿勢とはうって変わって、笑顔で友好ムードを演出し、「微笑外交」を展開した。しかし、その背後には中国のしたたかな国家戦略が見え隠れしている。      ...

  • 日はまだ昇る

    2006.11.10
    日はまだ昇る

      2007年1月号記事 日本経済の好調が続いている。景気の拡大は史上最長、株価も堅調、北朝鮮の有事も乗り越えて、着実な足取りで、空前の繁栄を築きつつある。1年前に本誌2月号で指摘したように、「経済大国ニッポンの復活」は順調に進んでいると言えよう。しかし、一方では「実感がない」「格差拡大でむしろ問題が多い」と、景気回復に否定的な声もある。果たして日本経済の復活は本物...

  • 主役たちの誤算2006

    2006.10.10
    主役たちの誤算2006

      2006年12月号記事 あの人は、あの国は、なぜ敗れたのか?   2006年は政界では安倍政権スタート、経済界はM&A時代に本格突入、スポーツ界ではワールド・ベースボール・クラシックやワールドカップなどが話題をさらった。これらのニュースの陰で敗れ去った人たちもいる。挫折した中国の「反日」路線、再建の道が見えないダイエー、惨敗のジーコ・ジ...

  • 安倍晋三氏の過去世

    2006.09.10
    安倍晋三氏の過去世

      2006年1月号記事 感性と貴族気風が人気の秘密──   国民的な人気に後押しされた安倍晋三氏。その人気の秘密はどこにあるのか。「ぶれない」と言われる政治姿勢、ソフトな容姿と語り口、祖父・岸信介元首相、父・晋太郎元自民幹事長(ともに故人)に続くエリート政治家の血筋……。だが、それだけではない。実は、安倍氏の過...

  • 香港は「中国」に呑みこまれたか(後編)

    2006.09.10
    香港は「中国」に呑みこまれたか(後編)

      2006年11月号記事 大反響・現地レポート それでも共産中国は「香港化」する? 来年で「一国二制度」10年を迎える香港は、北京政府による経済的な支援もあって「繁栄」を享受する一方、その他の政治や言論の自由は様々な制約を受けている。前号ではその一端をレポートしたが、今回は、北京政府が「支配」を強めている政治や言論の現状を関係者のインタビューを交え...

Menu

Language