検索結果 【国難】

21-29件/29件中

  • 国難をもたらしたマスコミは責任をとれ─中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね

    2011.05.29
    国難をもたらしたマスコミは責任をとれ─中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね

    2011年7月号記事     中日新聞よ、選挙は公平に報道しなかんがね   「中日新聞は偏向報道をやめろー」 5月4日、名古屋一の繁華街・栄町に約1500人のデモ隊の声が響き渡った。 訴えは、名古屋圏で圧倒的なシェアを誇るブロック紙「中日新聞」に対し、「選挙などで特定の政党を排除した偏向報道をやめ、公...

  • 【第3部】それでも改憲は必要だ <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011.05.29
    【第3部】それでも改憲は必要だ <もし憲法9条で国を守れるとしたら>

    2011年7月号記事         新・日本国憲法試案が世界の平和と繁栄に責任を負う国をつくる   幸福の科学グループの大川隆法総裁が「新・日本国憲法試案」を発表してから6月で丸2年。現憲法でも解釈変更によっては国を守れるかもしれない。だが、民主党政権による「国難」の深刻さを考えれば、...

  • 中国の次期最高指導者  習近平の野望

    2010.12.01
    中国の次期最高指導者 習近平の野望

      2011年1月号記事 国難の正体!過去世はチンギス・ハン 中国の次期最高指導者、習近平氏の過去世(守護霊)はチンギス・ハンだった――。 大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の霊言で衝撃の事実が明らかになった。 日本を含む周辺国を支配下におき、現代の「大中華帝国」をつくるという守護霊の話は、虐殺の限りを尽くして周辺国を従わせ、モンゴル帝...

  • 陰陽師 賀茂光栄

    2010.08.08
    陰陽師 賀茂光栄

    2010年10月号記事   平安京、もう一人のスーパースター 陰陽師 賀茂光栄   6月24日、幸福の科学・大川隆法総裁は、日本の国難を打破するために、平安京で活躍した二人の陰陽師、安倍晴明と賀茂光栄を招霊した(大川隆法霊言シリーズ『日本を救う陰陽師パワー──公開霊言 安倍晴明・賀茂光栄』に収録)。陰陽師といえば晴明が脚光を浴びてき...

  • 2010年参院選 マニフェスト徹底比較

    2010.06.15
    2010年参院選 マニフェスト徹底比較

    2010年8月号記事   どの政党が「国難」から国民を救うのか? しみったれた「最小不幸社会」を吹き飛ばせ!     菅政権が発足してわずか1カ月で参院選に突入する。 菅直人首相は、「最小不幸社会」を目指すと言っているが、これは政府の仕事を「年越し派遣村」のような貧困救済に限定するようなもので、つき詰め...

  • 「危機に立つ日本」を救え

    2010.05.08
    「危機に立つ日本」を救え

    2010年7月号記事   講演速報 幸福の科学グループ創始者 兼 総裁 大川隆法 講演会レポート 「危機に立つ日本」を救え   参院選まで2カ月となった5月、大川隆法総裁は月の前半2週間だけで7回というペースで精力的に日本各地を回り、信者と一般聴衆を前に政治テーマの講演を行った。迫り来る国難を警告し打開策を示す、そ...

  • 【平成日本を叱る!】松下幸之助・坂本龍馬の新霊言

    2010.01.09
    【平成日本を叱る!】松下幸之助・坂本龍馬の新霊言

    2010年3月号記事   公開収録レポート 平成日本を叱る! 松下幸之助・坂本龍馬の新霊言   鳩山民主党政権のもと、不況の深刻化、日米同盟空洞化の危機、政治とカネの問題など、日本社会は混迷の度を深めている。幸福の科学・大川隆法総裁は、天上界の幸福の科学支援霊団より松下幸之助と坂本龍馬を招霊し、国難打開に向けた彼らのメッセー...

  • 民主党政権で「国難」は避けられるか?

    2009.09.08
    民主党政権で「国難」は避けられるか?

    2009年11月号記事   民主党政権で「国難」は避けられるか?   8月30日投開票の衆院選は、民主党の圧勝に終わったが、5月に立党した幸福実現党が警鐘を鳴らした「国難」が民主党政権の誕生によって、現実となるかもしれない。しばらくは「お手並拝見」というところだが、長い目で見れば、揺り戻しも起きてくるだろう。民主党政権の「その先」を探った。...

  • 政治の理想を打ち立てる「幸福維新」が始まった

    2009.08.08
    政治の理想を打ち立てる「幸福維新」が始まった

    2009年10月号記事   2009年衆院選 幸福実現党の戦い 北朝鮮による脅威や不況の長期化という「国難」の中で行われている衆院選。当初は自民、民主の二大政党からの選択肢しかなかったが、「新しい選択」として幸福実現党が登場。北朝鮮の脅威に対して国民の生命と安全を守る気概を示し、大胆な減税政策などによって景気回復と高度成長への道を明らかにした。これらの政策は...

Menu

Language