検索結果 【スラム】

101-110件/625件中

  • 錬金術の歴史を振り返る─エジプト時代─ 【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

    2019.11.04
    錬金術の歴史を振り返る─エジプト時代─ 【HSU・志波光晴氏の連載「錬金術について」】

      HSU 未来産業学部プロフェッサー 志波 光晴 プロフィール (しわ・みつはる)1957年、福岡県生まれ。神奈川大学経済学部経済学科卒業後、プラントメンテナンス会社、非破壊検査装置会社で働く中で理科系の研究者を決意。放送大学教養学部で理科系を学び、東京大学先端科学技術研究センター研究生を経て、東京大学工学部より工学博士を取得。...

  • バグダディ容疑者を仕留めたトランプ大統領 来年の大統領選に向けて弾み

    2019.11.02
    バグダディ容疑者を仕留めたトランプ大統領 来年の大統領選に向けて弾み

    写真:Shutterstock.com   《本記事のポイント》 米国防総省が、バグダディ容疑者の潜伏施設を完全に破壊した映像を公開 トランプ大統領は、容疑者の殺害で公約を達成。来年の大統領選に弾み イスラム国の次にイランに向かうアメリカ   米国防総省は10月30日(現地時間)、イスラム国(IS...

  • すべての人に希望を - いま、目の前にある奇跡。大川隆法説法3000回突破記念

    2019.10.29
    すべての人に希望を - いま、目の前にある奇跡。大川隆法説法3000回突破記念

      2019年12月号記事   いま、目の前にある奇跡。 3000 大川隆法説法3000回突破記念   すべての人に希望を   大川隆法・幸福の科学総裁が初めて説法を行ってから33年。 その教えは、多くの人々の心に届き、世界を変えている。 (編集部 飯田知世、塩澤沙智) ...

  • 日本人として知っておきたい イランは本当に危ない国?

    2019.10.29
    日本人として知っておきたい イランは本当に危ない国?

    9月26日、国連で演説するロウハーニー大統領。写真:ロイター/ アフロ。   2019年12月号記事   日本人として知っておきたい イランは本当に危ない国?   一触即発のイラン情勢。イランを「悪い国」として最大限の経済制裁を加えるアメリカ。 その背景には、1979年のイラン革命後、イランは「独裁国家...

  • イスラム国指導者のバグダディ氏殺害 イスラム改革と日本の使命

    2019.10.29
    イスラム国指導者のバグダディ氏殺害 イスラム改革と日本の使命

    攻撃を受けるイスラム国の拠点(写真は2014年当時のもの)。   《本記事のポイント》 米軍の急襲で、イスラム国の指導者・バグダディ氏が亡くなった 人権を軽視するイスラム社会は改革が必要 国際的な宗教や政治の問題に、日本人が無関心でいることは許されない   イスラム教スンニ派の過激組織「イスラム国...

  • 老後が不安で仕方がない人へ──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(16)

    2019.10.28
    老後が不安で仕方がない人へ──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(16)

      人間関係に疲れた時、気分転換になるのが映画です。   映画を選ぶ際に、動員数、人気ランキング、コメンテーターが評価する「芸術性」など、様々な基準があります。   アメリカでは、精神医学の立場から見て「沈んだ心を浮かせる薬」になる映画を選ぶカルチャーがあります。一方、いくら「名作だ」と評価されていても、精神医学的に「心を...

  • ペンス副大統領「対中演説」のポイント解説 日本、台湾、香港にそれぞれ言及

    2019.10.26
    ペンス副大統領「対中演説」のポイント解説 日本、台湾、香港にそれぞれ言及

    ウィルソン・センターで演説するペンス副大統領。写真:AP/アフロ   アメリカが対中政策の転換を宣言し、「米中新冷戦」の幕開けから1年が経った10月24日(現地時間)、ペンス米副大統領が、ワシントンの政策研究機関ウィルソン・センターで、「米中関係の将来」について演説を行った。   昨年の演説に続いて、中国を強く批判する内容となった。今回は、...

  • Made in Chinaを支える"奴隷" 日本は習近平の国賓待遇で「奴隷制」受け入れか

    2019.10.22
    Made in Chinaを支える"奴隷" 日本は習近平の国賓待遇で「奴隷制」受け入れか

    写真:BartlomiejMagierowski / Shutterstock.com   米中両国が貿易交渉で部分的な合意に達しましたが、中国政府による国有企業への補助金など、根本的な問題は据え置きにされたままです。今後も、米中の対立構造は続くと予想されます。日本の経済界からは、中国に圧力をかけ続けるトランプ政権に対し困惑の声が上がっています。  ...

  • 変貌する米軍のアフリカ戦略 米中の激突は、アフリカ東岸で起きる!?

    2019.10.21
    変貌する米軍のアフリカ戦略 米中の激突は、アフリカ東岸で起きる!?

    中国の経済圏構想「一帯一路」。画像はShutterstock.com。   東シナ海、南シナ海で対立姿勢を強める米中。両国の攻防は全世界的に広がっており、今後、アフリカでも表面化すると見られています。そうした近未来を見据えて、あまり報じられていない、米軍のアフリカ戦略を取り上げてみたいと思います。   アフリカのアメリカ軍はこれまで、「テロ...

  • 「地球温暖化によって、砂漠地帯が森や農地に変わる」 トス神の霊言

    2019.10.16
    「地球温暖化によって、砂漠地帯が森や農地に変わる」 トス神の霊言

    古代エジプトで祀られていたトート神(トス神)。   《本記事のポイント》  10月の大川総裁のカナダ講演前に、トス神の霊言が行われた 「地球温暖化によって、砂漠地帯が森や農地に変わる」などと指摘  香港、中国、LGBTQ、中東問題など、責任ある立場の人々への指針になる   大川...

Menu

Language