検索結果 【宇宙】

991-1000件/1017件中

  • 新・中華帝国は海と宇宙とネットを支配する─中国が向かう3つのシナリオ

    2008.04.13
    新・中華帝国は海と宇宙とネットを支配する─中国が向かう3つのシナリオ

    2008年6月号記事   大型シリーズ 中国「13億人」の未来 第4回   周辺国を次々と影響下に収め、新たな中華帝国というべき体制を築きつつある中国。一方で、チベット暴動や農民反乱など内部にほころびも見える。「新・中華帝国」はアジアの覇権国として日本をも呑み込んでいくのか、それとも、内部矛盾が吹き出して崩壊していくのか。中国の未来のシナリ...

  • 東京都の真実!?

    2008.03.13
    東京都の真実!?

    2008年5月号記事 独断と偏見で読み解く 都道府県〔お国柄〕図鑑⑤    東京都の真実!?   江戸開府以来、日本のトップを走り続けてきた首都・東京。ここ100年でも関東大震災や東京大空襲など相次いで襲い掛かる困難にも屈せず、日本はおろか世界でも1、2の経済規模を誇る巨大都市に登りつめた「日本の顔」の素顔に迫る。 イラス...

  • 新型「万能細胞」実用化で夢の医療実現を

    2008.03.13
    新型「万能細胞」実用化で夢の医療実現を

    2008年5月号記事 気になるニュースが「わかる」ページ 脳死臓器移植の三つの問題点     体のあらゆる臓器をつくり出せる、夢のような医療が日本から生まれるかもしれない。京都大学の山中伸弥教授(45歳)らのグループが昨年11月、体のあらゆる組織に成長し得る人工多能性幹細胞(iPS細胞、新型万能細胞)を世界で初めて人の皮膚から作製。これが臨...

  • 上海派vs.共青団の政治闘争はこれからが本番だ

    2007.11.13
    上海派vs.共青団の政治闘争はこれからが本番だ

    2008年1月号記事 胡錦濤政権 2期目スタート   中国ウォッチャー ウィリー・ラム氏寄稿 ウィリー・ラム(略歴)1952年生まれ。香港大学卒業。米ミネソタ大学で博士号取得。1970年代半ば以降、香港紙サウスチャイナ・モーニングポスト記者、CNN香港コメンテーターなどの立場で、中国問題について言論活動を行なってきた。現在、国際教養大(秋田市)特任教...

  • 有名人が見た幽霊

    2007.09.13
    有名人が見た幽霊

    2007年11月号記事   それでもあなたは信じない!?   遠藤周作に菊池寛、宮沢賢治に新渡戸稲造…… みんな「幽霊」を見ていた!この事実を目の当たりにしたとき、あなたの価値観は揺るがずにいられるだろうか。俳優・萩原流行氏の霊体験などを交え、現代科学で解明できない”向こう側の世界&rdquo...

  • 中国が日本を「属領化」する

    2007.08.13
    中国が日本を「属領化」する

    2007年10月号記事     台湾で激突する米中の覇権   安倍・自民党の参院選大敗で、公約の憲法改正はハードルが高くなった。ただ、日本を取り巻く環境を見れば、中国が大軍拡を加速させ、「台湾獲得」に動いているように見える。中国に台湾が併合されれば、「次は日本が中国の属領になる」との指摘もある。その時期は早ければ2020年...

  • 岡山県の真実!?

    2007.07.10
    岡山県の真実!?

    2007年9月号記事 都道府県〔お国柄〕図鑑 独断と偏見で読み解く   代表的備前人 ラテン系だが、理屈っぽい 理想に生きる備前人   瀬戸内の温暖な気候の下、楽天的な性格は常に理想を追い求めるが、理論で万事をとりしきろうとする。世界で初めて空を飛んだと言われる表具師・浮田幸吉や、弓削道鏡と対立した勤皇の忠臣...

  • 独占インタビュー 『神々の指紋』著者 グラハム・ハンコック

    2007.02.10
    独占インタビュー 『神々の指紋』著者 グラハム・ハンコック

      2007年4月号記事 特集 異次元の復活 「人類には今、意識の大変革が必要。そのリーダーは日本です」   科学も考古学も、その本質は「未知の世界」の探究だ。そこに必要なのは、かつての天動説のような常識や偏見にとらわれない自由な心である。古代文明の謎への挑戦者、グラハム・ハンコック氏が向かう次なるフロンティアは「異次元」という未知...

  • 「幽体離脱」を科学する

    2006.08.10
    「幽体離脱」を科学する

      2006年10月号記事 死後の世界はあるのか? “霊界旅行”を体験した人びと   あなたや周りの人にこんな体験はないだろうか。 「夜寝ていて気がつくと目の前のベッドで自分が寝ていた」 「事故で意識を失っている間に不思議な世界を見てきた」 話には聞くが現代科学では説明できないこうした...

  • 言葉で楽しむクラシック入門 第3回

    2006.08.10
    言葉で楽しむクラシック入門 第3回

      2006年10月号記事 プッチーニの「あのオペラ」からマーラーまで「言葉のある音楽」の楽しみ 指揮者  三澤洋史   この夏、新国立劇場こどものためのオペラ劇場 「スペース・トゥーランドット」の編曲と指揮で 好評を博した三澤洋史氏。オペラなどの指揮と作曲を通して 「音楽と言葉とドラマの接点」を追...

Menu

Language