検索結果 【年金】

91-100件/277件中

  • 「年金をやめた国」 ジョージアのGDPを3倍にした「自由主義」改革とは?

    2018.01.16
    「年金をやめた国」 ジョージアのGDPを3倍にした「自由主義」改革とは?

    首都トリビシの街の風景。   ヨーロッパとアジアの間に位置する、共産主義陣営の盟主だった旧ソ連の構成国だったジョージア(旧グルジア)は独立後、自由主義路線を歩み、急速に経済発展を遂げた。 同国の元財務省高官のギア・ジャンディーリ氏に、自由主義の価値について聞いた (本記事は2016年10月号本誌記事を再掲したものです)   ...

  • NHK大河「西郷どん」が初放送 もし西郷隆盛が、今の日本を見たら何と言うか?

    2018.01.07
    NHK大河「西郷どん」が初放送 もし西郷隆盛が、今の日本を見たら何と言うか?

    (画像はWikipediaより)   《本記事のポイント》 西郷どんは今の政治家を見たら、「全員クビだ」と言う 日本の安全保障情勢を見たら、攘夷論の必要性を説くだろう 日本に必要なのは、邪悪なものを憎む「正義の心」   7日夜から、NHKの新大河ドラマ「西郷どん」の放送が始まる。 &nbs...

  • 重税時代に経営者が打つべき手

    2017.12.25
    重税時代に経営者が打つべき手

      2018年2月号記事   個人の人生、社会、国家、人類、地球そして宇宙。すべてを幸福な未来へ導くための羅針盤として、ワールド・ティーチャー(世界教師)大川隆法総裁の質疑応答をお届けしてまいります。   重税時代に経営者が打つべき手 大川隆法 未来への羅針盤 World Teacher's Messag...

  • 政府の仕事の“発展段階”―「福祉国家」から「無税国家」へのステップ - 編集長コラム

    2017.11.29
    政府の仕事の“発展段階”―「福祉国家」から「無税国家」へのステップ - 編集長コラム

      2018年1月号記事   編集長コラム MONTHLY COLUMN   政府の仕事の“発展段階” ―「福祉国家」から「無税国家」へのステップ   2017年秋の衆院選で消費税増税を「信任」された形の安倍晋三首相は、かさにかかって次々と増税案を打ち出している。...

  • 釈量子の志士奮迅 [第63回] - 許していいのか、「後出し増税」ラッシュ

    2017.11.29
    釈量子の志士奮迅 [第63回] - 許していいのか、「後出し増税」ラッシュ

      2018年1月号記事   第63回 釈量子の志士奮迅   幸福実現党党首   釈量子 (しゃく・りょうこ)1969年、東京都生まれ。國學院大學文学部史学科卒。大手企業勤務を経て、(宗)幸福の科学に入局。本誌編集部、常務理事などを歴任。2013年...

  • 新しい考え方で「国難」を打ち破る - 大川隆法総裁 講演会Report

    2017.10.29
    新しい考え方で「国難」を打ち破る - 大川隆法総裁 講演会Report

      2017年12月号記事   大川隆法総裁 講演会Report 新しい考え方で「国難」を打ち破る   「『自分の国は自分で守れ』講義」 2017年9月24日 東京正心館   北朝鮮の核・ミサイル危機が高まる中、安倍晋三首相は衆議院を解散し、総選挙が行われた...

  • バイマイアベノミクス←自分で買っていた 選挙前株高のカラクリとは?

    2017.10.22
    バイマイアベノミクス←自分で買っていた 選挙前株高のカラクリとは?

      衆院選の投開票日を前に、日経平均株価が14日続伸している(21日時点)。21,000円を超える株価は、1988年2月以来、29年8カ月ぶりだという。   これを自民党陣営は「アベノミクスの成果」だと各地で言って回っている。確かに、日銀の金融緩和などの成果である面は否めない。しかし、本欄では実体経済が軒並み伸び悩んでいると指摘してきたように、どう...

  • ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

    2017.10.22
    ついに衆院選の投票日に 日本のこれからを考える選択を

      《本記事のポイント》 投開票前日の各紙の報道を比較する 各党の看板政策を再確認 日本のこれからを考えた選択を   とうとう、衆院選の投票日を迎える。どの候補者や政党に投票するかは、決まっただろうか。   「大義なき解散」とも評された今回の衆院選は、台風の影響もあり、投票率が低...

  • 松下幸之助氏が提唱した「無税国家論」は今も有効 増税路線に歯止めを

    2017.10.18
    松下幸之助氏が提唱した「無税国家論」は今も有効 増税路線に歯止めを

      衆院選も中盤に入り、各候補、各党の訴えにも力が入っている。北ミサイルと並び、有権者の関心を集めているのが、消費税に対するスタンスだ。   自民党は、予定通り2019年に消費税を10%に上げ、全世代型の社会保障に使うとしている。希望の党や立憲民主党は消費増税については先送りを主張しているが、希望の党は大企業の内部留保への課税、立憲民主党は所得税、...

  • 松下幸之助氏が提唱した「無税国家論」は今も有効 増税路線に歯止めを

    2017.10.16
    松下幸之助氏が提唱した「無税国家論」は今も有効 増税路線に歯止めを

      衆院選も中盤に入り、各候補、各党の訴えにも力が入っている。北ミサイルと並び、有権者の関心を集めているのが、消費税に対するスタンスだ。   自民党は、予定通り2019年に消費税を10%に上げ、全世代型の社会保障に使うとしている。希望の党や立憲民主党は消費増税については先送りを主張しているが、希望の党は大企業の内部留保への課税、立憲民主党は所得税、...

Menu

Language