検索結果 【出家】

91-100件/108件中

  • シリーズ 現代の信仰者 3

    2012.03.24
    シリーズ 現代の信仰者 3

    自ら営む歯科クリニックで植福について話す金井知子さん。   2012年5月号記事   シリーズ 現代の信仰者 3 現代によみがえる布施の功徳 ――仏を支える誇りと悦び     信仰――現代の日本ではその価値がおとしめられているが、信仰とは「人間の条件」そのものである。信仰なくば、すべて...

  • 教団幹部に聞く─200号記念総力特集「宗教」

    2011.08.28
    教団幹部に聞く─200号記念総力特集「宗教」

      2011年10月号記事 保存版 200号記念 総力特集「宗教」第3部   なぜ幸福の科学は世界宗教を目指すのか     釈 量子   1969年生まれ。東京都出身。大手製紙会社を経て、94年に幸福の科学に出家。広報局、「ザ・リバティ」編集部、国際局...

  • ひと目でわかる4つの宗教─200号記念総力特集「宗教」

    2011.08.28
    ひと目でわかる4つの宗教─200号記念総力特集「宗教」

      2011年10月号記事 保存版 200号記念 総力特集「宗教」第1部   ひと目でわかる4つの宗教 世界宗教であるキリスト教・イスラム教・仏教、そしてわが国の神道の成り立ちを、 幸福の科学の見方も交えて図解した。霊的真相を踏まえて見えてくるものとは?     ...

  • 【マスコミが伝えない新宗教】Part.1 こんなに違う! 主要5教団

    2010.10.05
    【マスコミが伝えない新宗教】Part.1 こんなに違う! 主要5教団

    2010年12月号記事   新宗教──その内側で行われている本当のこと   日本には18万以上の宗教法人が存在するという。 その信者数を合計すると2億人を上回り、国民1人当たり1~2つの宗教団体に入信していることになる。 日本はなんと信心深い国なのかと思うが、神社本庁が初詣客まで信者と見なすことがあるように、その実態は定...

  • 【マスコミが伝えない新宗教】Part.6 そこが気になる!宗教に関する素朴な疑問

    2010.10.05
    【マスコミが伝えない新宗教】Part.6 そこが気になる!宗教に関する素朴な疑問

    宗教ってみんな一緒じゃないの?   A 18万以上あると言われる宗教団体がすべて一緒のはずはありません。18万の中には明治神宮もあれば、組織的に殺人を行ったオウムもあるのです。宗教の種類は様々。一つの神しか認めない「一神教」か、複数の神を認める「多神教」かという違いもあるし、修行して向上を目指す「自力中心型」か、神仏の救済を願う「他力中心型」かという分け方もあります...

  • 直江兼続の生きざまに学ぶ

    2008.11.16
    直江兼続の生きざまに学ぶ

      2009年1月号記事 利を捨て、愛と義を貫いた智将 2009年大河ドラマ「天地人」の主人公   日本の名山に名を連ねる山々、どこまでも続く海岸線。雪解け水は名水を生み、棚田には大地の恵みが実る。瞼を閉じれば浮かぶ、日本人の心の原風景だ。そんな安らぎの地、新潟で、一人の人物がクローズアップされている。直江兼続──。戦国の世にあって...

  • 死の苦しみが希望に変わる

    2008.02.13
    死の苦しみが希望に変わる

    2008年4月号記事 仏教的スピリチュアルケア・最前線   宗教の最大のメリット、それは人間の最大の苦しみの一つである「死」の苦しみから人々を救う点にある。 死を前にした末期患者のスピリチュアルな苦しみに仏教者は何ができるのか。 「仏教的スピリチュアルケア」最前線を追った。(編集部 泉聡彦)   がん...

  • 中国「13億人」の未来 第1回 社会主義の国の宗教ブーム

    2007.12.13
    中国「13億人」の未来 第1回 社会主義の国の宗教ブーム

    2008年2月号記事 第1回 社会主義の国の宗教ブーム   2008年の北京オリンピックを境に、中国はどこへ向かおうとしているのか──。現在の体制が強化され、かつての「中華帝国」のような大国が現れるのか? あるいは宗教活動の自由化や政治の民主化が進み、「近代国家」として生まれ変わるのか? そのとき、一つに束ねられてきた13億の人たちはどうなるのか? 中国がど...

  • マグダラのマリアのミステリー

    2007.11.13
    マグダラのマリアのミステリー

      2008年1月号記事 娼婦か?イエスの妻なのか?それとも──   「悔い改めた娼婦」として知られるマグダラのマリアは、実は「イエスの伴侶」だった? 多くのキリスト教美術の題材となってきた彼女のイメージが、ここにきて揺れ動いている。 しかし、彼女の位置づけを見直すことは、カトリック教会の権威、そしてイエスの神性にも関わる大...

  • 有名人が見た幽霊

    2007.09.13
    有名人が見た幽霊

    2007年11月号記事   それでもあなたは信じない!?   遠藤周作に菊池寛、宮沢賢治に新渡戸稲造…… みんな「幽霊」を見ていた!この事実を目の当たりにしたとき、あなたの価値観は揺るがずにいられるだろうか。俳優・萩原流行氏の霊体験などを交え、現代科学で解明できない”向こう側の世界&rdquo...

Menu

Language