検索結果 【伝統】

91-100件/402件中

  • アベノミクス後の「5本の矢」 - 編集長コラム

    2018.04.29
    アベノミクス後の「5本の矢」 - 編集長コラム

      2018年6月号記事   編集長コラム Monthly  Column   アベノミクス後の「5本の矢」   安倍政権は森友・加計問題などで揺らいでいるが、アベノミクスも手詰まり感が強い。 雇用が増えているものの、それは正社員の代わりにパート・アルバイトが増えているから。...

  • 大谷選手「二刀流」で全米が驚嘆 批判されても「生き筋」を貫いた人々

    2018.04.06
    大谷選手「二刀流」で全米が驚嘆 批判されても「生き筋」を貫いた人々

    写真:アフロ   《本記事のポイント》 野球史に残る"異端投法" "異端打法" "異端"の科学手法が多くの命を救った事例も 酒造りの"禁じ手"が品質向上につながった   投手と打者を、同時に極める――。 &nb...

  • 米議員が「孔子学院」の監視強化法案を提出 ただの“文化交流機関”とは言えない

    2018.03.24
    米議員が「孔子学院」の監視強化法案を提出 ただの“文化交流機関”とは言えない

    junrong / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 米共和党議員が孔子学院などの監視強化を求める法案を提出 孔子学院は文化交流機関を自称するプロパガンダ機関 中国共産党に洗脳されないよう、日本でも法整備が必要   アメリカで、中国語や中国文化の普及拠点として中国政府が全...

  • 中小企業を復活させる 160兆円のトランプ減税

    2018.02.27
    中小企業を復活させる 160兆円のトランプ減税

    トランプ米大統領は1月の一般教書演説で「巨額の減税は中流階級と中小企業に大きな安心感を与える」と訴えた。写真:ロイター/アフロ   2018年4月号記事   中小企業を復活させる 160兆円のトランプ減税 日本には重税がのしかかる一方で、アメリカでは昨年末に1.5兆ドル(約160兆円)の大型減税が成立した。これは中小企業を救...

  • 中国で進む環境規制の強化 日本企業にとってはチャンス? それともリスク?

    2018.02.25
    中国で進む環境規制の強化 日本企業にとってはチャンス? それともリスク?

      《本記事のポイント》 中国で環境規制が強化され、進出している日本のメーカーにも影響が出ている 中国では、「基本国策」として環境保護が推し進められている 今後も、中国の環境政策の動向を注視する必要がある   中国政府が国内企業への環境規制を強化する中、日本の一部のメーカーが中国での販路を広げている。例え...

  • FBIが孔子学院を捜査 スパイ活動を全米のFBI支部が把握している

    2018.02.21
    FBIが孔子学院を捜査 スパイ活動を全米のFBI支部が把握している

    Drevs / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 上院情報委員会の公聴会で、FBIが孔子学院を捜査していることが判明 中国政府の組織的な情報収集活動に懸念の声が上がっている 日本は武力を介さない「ソフト・ウォー」を警戒すべき   米連邦捜査局(FBI)が、中国政府系の教育...

  • イランで異例の反政府デモ イスラム圏に吹き始めた「自由の風 」- ニュースのミカタ 2

    2018.01.30
    イランで異例の反政府デモ イスラム圏に吹き始めた「自由の風 」- ニュースのミカタ 2

    2017年12月末にテヘラン大学構内で開かれた反政府デモで、物価上昇などに抗議の声を上げる学生たち。写真:AP/アフロ   2018年3月号記事   ニュースのミカタ 2 国際   イランで異例の反政府デモ イスラム圏に吹き始めた「自由の風」   イランでは年末年始に、反...

  • Interview 地域を発展させる「秘策」 - 幸福実現党 愛知県

    2018.01.29
    Interview 地域を発展させる「秘策」 - 幸福実現党 愛知県

      2018年3月号記事   Interview   地域を発展させる「秘策」 愛知県   全国で活動する幸福実現党の代表者に、地域発展の提言・取り組みについて聞いた。     生涯現役社会で「人が宝」と言える町へ   ...

  • 「年金をやめた国」 ジョージアのGDPを3倍にした「自由主義」改革とは?

    2018.01.16
    「年金をやめた国」 ジョージアのGDPを3倍にした「自由主義」改革とは?

    首都トリビシの街の風景。   ヨーロッパとアジアの間に位置する、共産主義陣営の盟主だった旧ソ連の構成国だったジョージア(旧グルジア)は独立後、自由主義路線を歩み、急速に経済発展を遂げた。 同国の元財務省高官のギア・ジャンディーリ氏に、自由主義の価値について聞いた (本記事は2016年10月号本誌記事を再掲したものです)   ...

  • NHK大河「西郷どん」が初放送 もし西郷隆盛が、今の日本を見たら何と言うか?

    2018.01.07
    NHK大河「西郷どん」が初放送 もし西郷隆盛が、今の日本を見たら何と言うか?

    (画像はWikipediaより)   《本記事のポイント》 西郷どんは今の政治家を見たら、「全員クビだ」と言う 日本の安全保障情勢を見たら、攘夷論の必要性を説くだろう 日本に必要なのは、邪悪なものを憎む「正義の心」   7日夜から、NHKの新大河ドラマ「西郷どん」の放送が始まる。 &nbs...

Menu

Language