検索結果 【アメリカ】

91-100件/2902件中

  • 米大統領選、これがトランプ圧勝のシナリオだ

    2020.09.15
    米大統領選、これがトランプ圧勝のシナリオだ

      『トランポノミクス』 幸福の科学出版にて購入 Amazonにて購入   『トランプ経済革命』 幸福の科学出版にて購入 Amazonにて購入 いずれもスティーブン・ムーア、アーサー・B・ラッファー共著 藤井幹久 訳 幸福の科学出版 ...

  • バイデンと中国の"蜜月関係" 一家の汚職に迫るドキュメンタリー映画が公開

    2020.09.15
    バイデンと中国の"蜜月関係" 一家の汚職に迫るドキュメンタリー映画が公開

    写真:Spike Johnson / Shutterstock.com   米大統領選が11月に迫る中、対中外交が争点の一つとなっています。   中国政府による「香港国家安全維持法」の施行や新型コロナウィルスをめぐる隠ぺい工作などにより、全米で中国への不信感が高まり、対中融和を主張してきた民主党であっても、強硬に転じなければ支持者を失いかね...

  • マドリード国際映画祭受賞映画『夜明けを信じて。』 公開前イベント開催

    2020.09.12
    マドリード国際映画祭受賞映画『夜明けを信じて。』 公開前イベント開催

      スペイン・マドリード国際映画祭で長編外国語映画部門の最優秀作品賞を受賞した映画『夜明けを信じて。』が、10月16日に全国公開される。   公開を控えた9月11日、東京・大井町のきゅりあん大ホールでトーク&ライブイベントが行われ、主役の一条悟演じる田中宏明さん、悟に思いを寄せるヒロイン・立花美穂演じる千眼美子さん、悟の初恋相手・水瀬千晶役...

  • 中国から出国禁止措置を受けたオーストラリア記者 中国に駐在する豪記者はゼロに

    2020.09.11
    中国から出国禁止措置を受けたオーストラリア記者 中国に駐在する豪記者はゼロに

      《本記事のポイント》 オーストラリアが中国に特派員を置いていないのは、1970年代以来初めて 豪シンクタンクが、恣意的な拘束などを「中国共産党の強制外交」と報告 菅直人首相は強制外交に屈した     中国政府から一時的に出国を禁じられ、取り調べを受けた中国駐在のオーストラリア記者2人...

  • 大川総裁の説法が3200回を突破 宇宙存在ヤイドロンのメッセージ

    2020.09.09
    大川総裁の説法が3200回を突破 宇宙存在ヤイドロンのメッセージ

      大川隆法・幸福の科学総裁の説法回数が、9月3日収録の「UFOリーディング─日本と世界の針路、そして幸福の科学の未来編─(ヤイドロン[29])」で3200回を突破した。このリーディングは、幸福の科学の支部・精舎で公開されている。   本リーディングでは、9月に入って、台風が9号、10号と次々と来ていることの意味や、今後の政権の見通し、仏陀やイエス...

  • 10月公開の映画『夜明けを信じて。』 マドリード国際映画祭で長編外国語映画部門の最優秀作品賞を受賞

    2020.09.08
    10月公開の映画『夜明けを信じて。』 マドリード国際映画祭で長編外国語映画部門の最優秀作品賞を受賞

      10月16日に全国公開を控える映画『夜明けを信じて。』。公開に先駆けてビッグニュースが飛び込んだ。   9月1日から5日に開催された、スペインのマドリード国際映画祭。本作『夜明けを信じて。』(英題:Twiceborn)は、同映画祭の長編外国語映画部門において、「最優秀作品賞」、「最優秀主演男優賞」、「最優秀監督賞」、「最優秀オリジナル脚本賞」の...

  • バッタの大量発生で食糧不足の懸念 中国のバッタ問題をスルーする朝日新聞

    2020.09.07
    バッタの大量発生で食糧不足の懸念 中国のバッタ問題をスルーする朝日新聞

    写真:サバクトビバッタが大量発生している様子。画像はFAOより。   《本記事のポイント》 国連の機関が、アフリカ東部とイエメンで約4200万人が食糧危機に直面と指摘 朝日新聞は、なぜか中国のバッタ問題をスルー 共産党の隠ぺい体質を見破り、真実を白日のもとにさらすことが、本来のマスコミの使命   ...

  • 「次期首相の器」とは!?  菅官房長官守護霊が本心を語る

    2020.09.07
    「次期首相の器」とは!? 菅官房長官守護霊が本心を語る

      安倍晋三首相が辞任を表明し、自民党総裁選に向けた報道が日夜テレビや新聞を賑わせている。現時点でリードしているのが、官房長官の菅義偉氏だ。   2012年の第二次安倍内閣が発足して以降、一貫して官房長官の職を務め、首相を支えてきた。19年5月には新元号の「令和」を発表し、話題となった。今回、出馬に至った理由は何なのか。   ...

  • 南シナ海有事で、米軍は中国軍を速攻で無力化できる

    2020.09.06
    南シナ海有事で、米軍は中国軍を速攻で無力化できる

      南シナ海問題をめぐり、米中の対立がかつてないほど激しくなっています。   中国は26日に、南シナ海に向けて中距離弾道ミサイル4発を発射しました。すると、アメリカは同日、南シナ海の軍事拠点化に関与した中国企業24社に対し、制裁を発表しました。   中国がミサイルを発射したのは、米海軍主催の環太平洋合同演習「リムパック」へ...

  • トランプ大統領はなぜサプライサイド経済学を支持するのか(2)「世界は奇跡に満ちている」トランプ大統領の軍師ラッファー博士の世界観

    2020.09.05
    トランプ大統領はなぜサプライサイド経済学を支持するのか(2)「世界は奇跡に満ちている」トランプ大統領の軍師ラッファー博士の世界観

    画像はラッファー博士提供。   《本記事のポイント》 経済は神様からの贈り物 宇宙の神秘と美とを維持することが私たちの仕事 生かされていることを知った人がつくった「サプライサイド経済学」     前回は、サプライサイド経済学は、ものづくりなどに従事する生産者側に従事する供給側のイ...

Menu

Language