検索結果 【AI】

1-10件/1710件中

  • 噴出するバイデンの不正投票行為~トランプが法廷闘争に出る理由~

    2020.11.05
    噴出するバイデンの不正投票行為~トランプが法廷闘争に出る理由~

    11月3日に投開票された米大統領選をめぐり、トランプ米大統領の陣営は4日(現地時間)、郵便投票を見守る監視員が不当に制限されているとして、ミシガン、ペンシルバニア、ジョージアの3州で、開票作業の中止を求める訴訟を起こした。

    ...

  • 天照大神の不快感 皇室に我執と不浄はないか - ニュースのミカタ 2

    2020.10.29
    天照大神の不快感 皇室に我執と不浄はないか - ニュースのミカタ 2

    2020年12月号記事   ニュースのミカタ 2 政治   天照大神の不快感 皇室に我執と不浄はないか   近年の皇室の騒動に、国民の不満が募っています。「第7回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」に寄せた佳子さまのお言葉の映

    ...

  • 今度こそ本当にヤバい中国 Part 2 「半導体戦争」で中国は途上国に逆戻りする

    2020.10.29
    今度こそ本当にヤバい中国 Part 2 「半導体戦争」で中国は途上国に逆戻りする

    中国製品への関税、5Gからの中国排除、中国共産党高官への制裁など、トランプ米大統領は矢継ぎ早に中国への攻撃を仕掛けている。

    こうした網羅的な戦略に加え、実は、超ド級の"半導体戦争"によって中国が追い込まれている。

    ...

  • 釈量子の志士奮迅 [第97回] - 政治で公然とUFOを語る時代に

    2020.10.29
    釈量子の志士奮迅 [第97回] - 政治で公然とUFOを語る時代に

    2020年は、中国発・新型コロナウィルスの脅威によって、世界が激変した年となりました。同時に今年は、「UFOが政治テーマとして公然と語られるようになった」という意味でも、節目の年です。アメリカ国防総省は4月、空中を高速飛行するUFO動画を3本公開。もっとも国防総省は「UFO」ではなく、「UAP(未確認航空現象)」と表現していますが、事実上、史上初の「本物」認定をしたわけです。

    ...

  • 「鬼滅の刃」関連の鬼が出現 日本社会の底流に流れる価値観とは?

    2020.10.28
    「鬼滅の刃」関連の鬼が出現 日本社会の底流に流れる価値観とは?

    大ヒット中の映画「鬼滅の刃」。このほど、この映画に関係する霊人が大川隆法・幸福の科学総裁のもとに現れた。何かを伝えたい様子を見せた霊人は「黒鬼」と名乗り、「ご用件は何ですか」という質問に対し、「鬼滅の刃」がヒットしている理由を語り出した。この霊言は、「『鬼滅の刃』が流行る理由─黒鬼/草津赤鬼の霊言─」として、「UFOリーディング─馬型宇宙人の予言編─(ウマリー星)」と合わせて幸福の科学の支部・精舎・拠点で公開されている。

    ...

  • なぜアゼルバイジャンとアルメニアは戦争をしているのか (2)

    2020.10.28
    なぜアゼルバイジャンとアルメニアは戦争をしているのか (2)

    9月27日、アルメニアとアゼルバイジャンが近年最大規模の武力衝突を起こして以来、戦争状態に突入しています。ロシアの仲介などにより、停戦を繰り返してはいますが、収束のめどは立っていません。どちらも日本から見れば遠い国の感覚が強い、アルメニアとアゼルバイジャン。なぜ両国が今、戦争をしているのでしょうか。

    ...

  • 「今度こそ本当にヤバい中国」「増税学者の来世は無間地獄か!?」 「ザ・リバティ」12月号、10月30日発売

    2020.10.27
    「今度こそ本当にヤバい中国」「増税学者の来世は無間地獄か!?」 「ザ・リバティ」12月号、10月30日発売

    日中両政府が10月にも、ビジネス目的に限った往来再開で合意する。

    加藤勝信官房長官は20日の記者会見で、「中国と往来再開を通じて経済交流が回復軌道にのることは大変重要だ」「経済再生のために国際的な人の往来は不可欠」と語った。

    企業でも、"中国回帰"の動きが出始めている。中国での生産能力を増やしたり、中国での店舗数が日本のそれを上回ったり──。

    ...

  • 大統領選直前の今こそ知っておきたい アメリカ共和党員はトランプ大統領をどう評価していたか

    2020.10.26
    大統領選直前の今こそ知っておきたい アメリカ共和党員はトランプ大統領をどう評価していたか

    11月3日に大統領選挙を控えるアメリカ。日本のメディアはトランプ大統領の劣勢と報じるものばかりだが、最後の討論会を終えた両氏の評価は、民主党が強いとされる激戦区でトランプ氏の評価がバイデン候補を上回るとするデータもある。本欄では、新型コロナウィルスの脅威が深刻化する前の今年2月、アメリカ・首都ワシントン近郊で開催された全米最大の保守団体「米国保守連合」の年次総会「CPAC2020」の本識者のレポートから、共和党員が考えるトランプ大統領の「成果」について伝える

    ...

  • 対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏が演説 トランプ2期目に何が起きるか

    2020.10.26
    対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏が演説 トランプ2期目に何が起きるか

    トランプ政権の対中強硬派として知られる、ホワイトハウス通商製造業政策局のピーター・ナヴァロ氏が19日、米保守系シンクタンク・ハドソン研究所で演説し、世界が直面する中国共産党という脅威について警鐘を鳴らしました。ナヴァロ氏は、ドナルド・トランプ氏が大統領候補として「中国が仕掛ける経済戦争を終わらせ、アメリカの働く人々を守る」と公約に掲げ、この

    ...

  • 映画「夜明けを信じて。」がもっと味わえる、この2冊!

    2020.10.25
    映画「夜明けを信じて。」がもっと味わえる、この2冊!

    映画「夜明けを信じて。」が好評上映中だ。大川隆法・幸福の科学総裁をモデルとした主人公・一条悟ほか、登場人物の姿を描いた本作だが、映画と合わせて、関連書籍も内容が充実している。

    まず、ぜひ手に取っていただきたいのが、公式ガイドブック「夜明けを信じて。」。ここにしか載っていない秘話がさまざまに収録されている。

    ...

Menu

Language