検索結果 【臓器移植】

1-10件/47件中

  • 問われる「子宮移植」の是非 人間の臓器は「パーツ」なのか

    2020.11.01
    問われる「子宮移植」の是非 人間の臓器は「パーツ」なのか

    子宮が生まれつきなかったり、病気で失ったりした女性が出産できるようにするための「子宮移植」を、日本国内で実施するかどうかの議論が進められている。現在、国内では慶應義塾大学のグループが子宮移植の計画を立てている。「卵子を作る卵巣はあるが、子宮や膣がない『ロキタンスキー症候群』の女性5人に実施する予定という

    ...

  • 大川隆法総裁・11回の東京ドーム講演集が発刊 幸福の科学の信仰とは何か?

    2020.10.12
    大川隆法総裁・11回の東京ドーム講演集が発刊 幸福の科学の信仰とは何か?

      『大川隆法 東京ドーム講演集』 大川隆法著 幸福の科学出版 幸福の科学出版にて購入 Amazonにて購入 「あなたがたの前に立ちたるは、大川隆法であって、大川隆法ではない」   「あなた方の前に立ち、永遠の真理を語るは、エル・カンターレである──」 &nb...

  • コロナ関連で亡くなった場合、24時間以内に火葬しなければいけないの? 【読者のギモン】

    2020.06.04
    コロナ関連で亡くなった場合、24時間以内に火葬しなければいけないの? 【読者のギモン】

      「最近は報道が少なくなりましたが、コロナ感染症で死亡された場合、家族は死亡確認にも立ち会えず、24時間以内に荼毘(だび)に付さなければならないように報道されていたように感じます。   本来、死後24時間は荼毘に付すことは法律で禁じられていたと思うのですが、どのような法律に基づいて行われているのでしょうか? それとも、そのように思わせるような間違...

  • もし中国の指導者を「臓器狩り」の罪で裁判にかけたら!?

    2020.03.17
    もし中国の指導者を「臓器狩り」の罪で裁判にかけたら!?

    判決を言い渡す民衆法廷の判事団たち。右から3人目が議長のジェフリー・ナイス卿。   英ロンドンにて2019年、中国で"良心の囚人"から臓器収奪が行われている問題についての民衆法廷の最終裁定が下されました。民衆法廷とはNGOや市民が設置する模擬法廷のことです。 (関連記事:2019年6月26日付本欄 英民衆法廷の最終判決「中国臓器狩りは有罪...

  • 臓器移植する人、される人──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(18)

    2019.12.16
    臓器移植する人、される人──精神科医がおすすめする心を浮かせる名作映画(18)

      仕事や人間関係に疲れた時、気分転換になるのが映画です。   映画を選ぶ際に、動員数、人気ランキング、コメンテーターが評価する「芸術性」など、様々な基準があります。   アメリカでは、精神医学の立場から見て「沈んだ心を浮かせる薬」になる映画を選ぶカルチャーがあります。一方、いくら「名作」と評価されても、精神医学的に「心を...

  • 中国の「臓器移植」に関するシンポジウム お金さえあれば数日で手術を受けられる

    2019.12.05
    中国の「臓器移植」に関するシンポジウム お金さえあれば数日で手術を受けられる

      日本、台湾、韓国の司法、医療、メディア関係者がこのほど、東京都内で、アジアシンポジウム「臓器濫用及び移植ツーリズムについて考える」を開きました(*)。   共催団体の「移植ツーリズムを考える会」によると、「アジア諸国は、文化や宗教の影響で、臓器提供の比率が欧米諸国と比べて低く、移植手術までの待機時間が長くなる傾向があるため、中国やパキスタン、フ...

  • 国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

    2019.10.10
    国連で演説 「中国臓器収奪問題に取り組むのは国連加盟国の責務」

    (「End Organ Abuse」(YouTube)よりスクリーンショット)   ハーミッド・サビ弁護士が9月下旬、中国の臓器収奪問題について、国連人権理事会で演説しました。サビ氏は、昨年から今年にかけてイギリスで行われた「中国臓器収奪問題の民衆法廷」の顧問弁護士です。   以下、演説の一部を抜粋します。   「...

  • 中国の「臓器狩り」を阻止! 専門家が「日本のアクション・プラン」を提案

    2019.07.13
    中国の「臓器狩り」を阻止! 専門家が「日本のアクション・プラン」を提案

    日本のアクション・プランを提案したデービッド・マタス氏。   《本記事のポイント》 カナダの弁護士が、中国の臓器移植問題をめぐる「日本のアクション・プラン」を提案 その内容は、海外での臓器移植法の適用、渡航移植の報告の義務付けなど 日本政府は、中国の人権弾圧について声を上げるべき   中国では、強...

  • 英民衆法廷の最終判決「中国臓器狩りは有罪」 日本はリーダー国としての責任を果たせ

    2019.06.26
    英民衆法廷の最終判決「中国臓器狩りは有罪」 日本はリーダー国としての責任を果たせ

    民衆法廷で裁定を読み上げるジェフリー・ナイス議長。   《本記事のポイント》 イギリスで開かれていた民衆法廷は、「中国の臓器狩りは有罪」と最終判決を下した 今も中国では、強制的な臓器収奪が行われている 日本は中国への渡航移植を禁じるなどの措置を通して、非道な行為をやめさせるべき   英ロンドンで昨...

  • Expert Interview - 人の命で稼ぐ犯罪国家 中国の「臓器狩り」に加担してはならない

    2019.04.29
    Expert Interview - 人の命で稼ぐ犯罪国家 中国の「臓器狩り」に加担してはならない

      2019年6月号記事   Expert Interview   人の命で稼ぐ犯罪国家 中国の「臓器狩り」に加担してはならない   中国では年間6万から10万件もの臓器移植が行われ、巨大な″1兆円ビジネス"に成長している。 その背景には生きたまま殺される「良心の...

Menu

Language