検索結果 【大統領選】

1-10件/395件中

  • トランプ大統領のコロナ感染 中国による暗殺未遂か - ニュースのミカタ 4

    2020.10.29
    トランプ大統領のコロナ感染 中国による暗殺未遂か - ニュースのミカタ 4

    激戦州であるウィスコンシン州の空港で選挙演説するトランプ大統領。空港での演説は毎回入りきれないほどの支持者が集まる。写真:Aaron of L.A. Photography / Shutterstock.com   2020年12月号記事   ニュースのミカタ 4 国際   トランプ大統領のコロナ感染

    ...

  • 大統領選直前の今こそ知っておきたい アメリカ共和党員はトランプ大統領をどう評価していたか

    2020.10.26
    大統領選直前の今こそ知っておきたい アメリカ共和党員はトランプ大統領をどう評価していたか

    11月3日に大統領選挙を控えるアメリカ。日本のメディアはトランプ大統領の劣勢と報じるものばかりだが、最後の討論会を終えた両氏の評価は、民主党が強いとされる激戦区でトランプ氏の評価がバイデン候補を上回るとするデータもある。本欄では、新型コロナウィルスの脅威が深刻化する前の今年2月、アメリカ・首都ワシントン近郊で開催された全米最大の保守団体「米国保守連合」の年次総会「CPAC2020」の本識者のレポートから、共和党員が考えるトランプ大統領の「成果」について伝える

    ...

  • 対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏が演説 トランプ2期目に何が起きるか

    2020.10.26
    対中強硬派ピーター・ナヴァロ氏が演説 トランプ2期目に何が起きるか

    トランプ政権の対中強硬派として知られる、ホワイトハウス通商製造業政策局のピーター・ナヴァロ氏が19日、米保守系シンクタンク・ハドソン研究所で演説し、世界が直面する中国共産党という脅威について警鐘を鳴らしました。ナヴァロ氏は、ドナルド・トランプ氏が大統領候補として「中国が仕掛ける経済戦争を終わらせ、アメリカの働く人々を守る」と公約に掲げ、この

    ...

  • 米大統領選、バイデン大敗北は必至か?(3) トランプ大統領、討論会でバイデン候補を"腐敗した政治家"と非難

    2020.10.24
    米大統領選、バイデン大敗北は必至か?(3) トランプ大統領、討論会でバイデン候補を"腐敗した政治家"と非難

    10月22日に第2回の大統領候補者討論会が開催され、全米の注目が集まった。11月3日投開票日まで残り2週間を切るタイミングで、最後の山場となるイベントを終えたことになる。

    FOXニュースは、討論会直後のリサーチとして、「討論会で勝ったのは、どちらの候補者だったと思いますか?」との質問に対して、「トランプ74%、バイデン24%」との回答結果を紹介した(NEWSNATIONNOW.comより)。

    ...

  • 「ながら聴き」で時事を追う 今週の知っトクNews 【ザ・リバティキャスト#92】

    2020.10.24
    「ながら聴き」で時事を追う 今週の知っトクNews 【ザ・リバティキャスト#92】

    1週間の記事を「読みきれなかった」「読み逃してしまった」という方のために、特に大事なニュースをトーク形式で、そしてさらに噛み砕いてご紹介・解説いたします。

    忙しい方、そして、政治経済はなかなか理解できないという方でも、「時代が動いている感覚」をなんとなく感じていただければ幸いです。

    ぜひとも、通勤、通学、そして家事をしながらなどの、「ながら学習」にお役立てください。

    ...

  • トランプ大統領とバイデン元副大統領のディベート あのブルーステイトでもトランプに軍配

    2020.10.24
    トランプ大統領とバイデン元副大統領のディベート あのブルーステイトでもトランプに軍配

    バイデン親子のスキャンダルで嫌中意識の高いアメリカ国民はトランプ氏を選ぶ 「最低賃金」や「クリーン・エネルギー政策」で経済は浮上しない  リベラルメディアも一部の州でトランプ氏に軍配を上げた  

    ...

  • 米司法省が独禁法違反でグーグルを提訴 本命は「保守言論の検閲」問題

    2020.10.22
    米司法省が独禁法違反でグーグルを提訴 本命は「保守言論の検閲」問題

    写真:viper-zero / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 米司法省が独禁法違反でグーグルを提訴、米アップルとの契約などが争点に アメリカではIT大手による言論検閲が問題視され、議会は法改正に向け動き出している グーグル提訴は、本丸の言論検閲問題を見据えた"前哨戦"か ...

  • バイデン親子の汚職疑惑報道をSNSがブロック 極端なバイアスに保守派が怒り

    2020.10.20
    バイデン親子の汚職疑惑報道をSNSがブロック 極端なバイアスに保守派が怒り

    写真:Oscar Ivan Lopez / Shutterstock.com   本欄「米大統領選、バイデン大敗北は必至か? 息子ハンターをめぐる疑惑の証拠メールが暴露」では、米ニューヨーク・ポスト紙が14日(現地時間)、ジョー・バイデン候補の息子ハンター氏の衝撃的なスキャンダルをスクープしたことを報じました。   同記事でも指摘しましたが...

  • 最高裁判事候補のバレット氏の公聴会に垣間見る「神を見失ったリベラル派」

    2020.10.17
    最高裁判事候補のバレット氏の公聴会に垣間見る「神を見失ったリベラル派」

      《本記事のポイント》 ホーリー議員が公聴会で良心の自由と信教の自由を擁護 諸権利の軽重が理解できない米民主党議員たち 民主党支持者の半数は、"ハリス政権"誕生を見越して投票する     トランプ米大統領が最高裁判事に指名したエイミー・バレット連邦控訴裁判事の公聴会...

  • 米大統領選、バイデン大敗北は必至か? 息子ハンターをめぐる疑惑の証拠メールが暴露

    2020.10.16
    米大統領選、バイデン大敗北は必至か? 息子ハンターをめぐる疑惑の証拠メールが暴露

    記事が掲載されている、米ニューヨーク・ポスト紙のWebサイトより   11月3日の投開票日が迫る米大統領選をめぐり、選挙戦の行方を決する重大な情報が、オクトーバー・サプライズとして飛び出した。10月14日付のニューヨーク・ポスト紙は、一面トップ記事の見出しで、「バイデンの秘密のEメール: ウクライナ実業家がハンター・バイデンに、父親である副大統領との『面会の機会』に...

Menu

Language