rss

カテゴリ「スピリチュアル」の記事一覧

  • 「幽体離脱」を科学する

    2006.08.10
    「幽体離脱」を科学する

      2006年10月号記事 死後の世界はあるのか? “霊界旅行”を体験した人びと   あなたや周りの人にこんな体験はないだろうか。 「夜寝ていて気がつくと目の前のベッドで自分が寝ていた」 「事故で意識を失っている間に不思議な世界を見てきた」 話には聞くが現代科学では説明できないこうした...

  • 霊界メカに注目せよ

    2006.06.08
    霊界メカに注目せよ

      2006年8月号記事  完成直前!映画「永遠の法」 重要情報FILENo.4「霊界メカに注目せよ」 科学と神秘性が一つになった先に希望の未来が現れる!   9月30日公開の映画「永遠の法」(製作総指揮/大川隆法)の製作が、いよいよ佳境にさしかかってきた。 霊界、冒険、ラブロマンスとさまざまな要素を持つこ...

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』論争を追う

    2006.05.08
    『ダ・ヴィンチ・コード』論争を追う

    2006年7月号記事 ザ・争点 『ダ・ヴィンチ・コード』論争を追う   世界で6千万部を超えたとされる、小説『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化、公開された。 この小説は、かつてのキリスト教異端派に伝わるさまざまな伝承を下敷きとしているが世界の人々をこれほどまでに惹きつけ、論争を巻き起こす理由はどこにあるのか。 折りしも「ユダの福音書」の...

  • もはや空想ではない! 最新UFO事情

    2005.08.07
    もはや空想ではない! 最新UFO事情

      2005年10月号記事 もはや空想ではない! 最新UFO事情   映画「宇宙戦争」や「スター・ウォーズ エピソード3」が公開されるなかUFOを見たり宇宙人とコンタクトしたという情報が世界各地で相次いでいる。 国内でも今年3月に国会でUFOに関する質疑応答も行われるなど今やUFOや宇宙人は空想と片付けられなくなりつつある。 ...

  • 中高年からのスピリチュアル人生

    2005.05.07
    中高年からのスピリチュアル人生

      2005年7月号記事 特集 中高年からのスピリチュアル人生 心の価値に目覚める戦後世代   死後の生命の存在や霊界の秘密を明らかにしたベストセラー『神秘の法』(大川隆法著・幸福の科学出版、今年1月発刊)が、中高年層にも大きな反響を呼んでいる。中でも、50代後半の団塊の世代にとっては2007年からの「大量定年時代」を控え、...

  • 常識が変わる!

    2005.03.07
    常識が変わる!

      2005年5月号記事 創刊10周年 記念特集 進化論、古代文明、UFO──常識が変わる 「霊界」というフロンティアが現代科学の壁を破る   「人はサルから進化した」 「人類の文明は約5千年前に始まった」 「UFOなんて"トンデモ科学"だ」── 今、こんな"常識"が崩れつつある。 ...

  • 教科書が教えないスピリチュアル世界史

    2005.01.06
    教科書が教えないスピリチュアル世界史

    2005年3月号記事 『神秘の法』発刊特集 教科書が教えないスピリチュアル世界史 神秘思想vs.唯物論の150年   テレビで毎日のように、心霊現象や占いなどの番組が流れ、書店にはその種の本が並ぶ。実は、こうした精神世界への関心の高まりは、日本だけの一時的なブームではない。その始まりは19世紀。150年余り前に始まったスピリチュアリズム(近代...

  • 衝撃の真実に揺れる聖書  イエス・キリスト5つの謎

    2004.11.06
    衝撃の真実に揺れる聖書 イエス・キリスト5つの謎

      2005年1月号記事 衝撃の真実に揺れる聖書 イエス・キリスト5つの謎   今年は、イエス・キリストの最後の24時間を聖書に忠実に描いたというアメリカ映画が話題を呼ぶ一方、結婚して子供までいたという聖書にはないイエス像を題材としたミステリー小説が各国でベストセラーになった。今なぜキリスト教に新たな関心が集まり、これまでの"聖書の...

  • 家族の死、自分の死を見据えて

    2004.08.06
    家族の死、自分の死を見据えて

      2004年10月号記事 敬老の日特集  死は永遠の別れではない 第3弾 家族の死、自分の死を見据えて   「あの世はあるのか」 「死は永遠の別れなのか」―― 今回は、シニア世代にも大きな関心を呼んでいる死をめぐる新たな動きを追いつつ 生と死を見据えて人生を輝かせるヒントを探ってみた。 ...

  • 亡くなった人の魂の行方と供養は?

    2004.07.06
    亡くなった人の魂の行方と供養は?

    2004年9月号記事 好評第2弾  死は永遠の別れではない   戦争・震災・自殺── 亡くなった人の魂の行方と供養は?   夏──と言えば、海や山へのレジャーと同時に、お盆や墓参りなど、亡くなった人への「供養」の季節でもある。   他方で世界を見渡せば、イラク戦争や大規模なテロなど、悲惨な出来事が頻発...

Menu

Language