rss

カテゴリ「社会」の記事一覧

  • 「いじめを許さない学校」復活のために

    2007.05.10
    「いじめを許さない学校」復活のために

    2007年7月号記事 市民ネットワークで始まった救済の動き   政府は教育再生を論議しているが、その間にも数知れぬ子供たちが、いじめで傷つき苦しんでいる。待ったなしの状態の中で動き出した市民団体が、実際に受けた相談ケースを通して、学校現場の根深い隠ぺい体質を抉り出し、いじめの解決と救済への道を考える。   去る4月29日...

  • なぜ宗教教育は日本から消えたのか  (前編)

    2007.04.10
    なぜ宗教教育は日本から消えたのか (前編)

    2007年6月号記事 戦後教育秘史   いじめ、不登校、学級崩壊…… 誰が見ても、日本の公教育は危機的状況にある。 その根本的な原因として、公教育から道徳そしてそのベースとなる宗教そのものが排除されたことを指摘する声は多い。 では、なぜ宗教は教育から追放されてしまったのか。 これまで主に専門家の間で...

  • いじめの「見て見ぬふり」は許されない

    2007.04.10
    いじめの「見て見ぬふり」は許されない

    2007年6月号記事 子供を被害者にも加害者にもしないために     いじめをめぐって、世の中の流れが変わり始めている。加害者だけでなく、教師が黙認する、周囲が傍観するといった「見て見ぬふり」が、あらためて問題視されるようになってきたのだ。今回は、ある「迷宮入り」したいじめ自殺事件を通して、悪を見過ごし真実を隠ぺいする責任の重さについて考え...

  • 「いのち」と「宗教」をどう教えるか

    2007.03.10
    「いのち」と「宗教」をどう教えるか

    2007年5月号記事 宗教学のいま   昨年末に教育基本法が改正されたこともあり、教育界・宗教学界では、「いのちの教育」「宗教教育」へ関心が高まっている。このほど、東京の大正大学で開催されたシンポジウムから、「いのちと宗教」の教育の最新事情をレポートする。   「いのちの教育」とスピリチュアリティ 2月10日、大...

  • いじめ解決へ「学校のルール」作りを急げ!

    2007.03.10
    いじめ解決へ「学校のルール」作りを急げ!

    2007年5月号記事 教育特集 いじめに対し、こう戦え  福岡・筑前町中学校長ら処分  いじめ解決へ 「学校のルール」 作りを急げ!   校長ら4人が処分、生徒5人が立件された異例のいじめ自殺事件。この事件の根本に潜む問題とは……。     &nbs...

  • 「福岡県」の真実!?

    2007.03.10
    「福岡県」の真実!?

    2007年5月号記事 都道府県〔お国柄〕図鑑③ 独断と偏見で読み解く   伝統的にモノより文化で勝負するソフトパワー帝国、福岡。なかなか日本の第一線に躍り出ることは少ないものの、弥生時代から歴史の教科書に登場し続け、九州では常に主役の座であり続けた地力の持ち主。知られざる福岡の姿に迫る!県民性研究会編   基礎データ ...

  • 学校は復活するか(4)いじめ問題解決のための提言

    2007.02.14
    学校は復活するか(4)いじめ問題解決のための提言

    2007年4月号記事   「やむなく転校」という いじめ事件のパターンを 変えられるか   いじめ事件は、被害児童とその家族が、学校やPTAから“圧力”を受けてやむなく転校せざるを得なくなるケースが多い。政府の「教育再生会議」はいじめ加害者に対する出席停止の活用を打ち出しているが、多くの学校では「証拠...

  • 学校は復活するか(2)「いじめ隠ぺいの構図」を探る①

    2007.02.14
    学校は復活するか(2)「いじめ隠ぺいの構図」を探る①

    2007年4月号記事   「いじめ隠ぺいの構図」を探る① 「話し合い」でいじめは 本当に解決できるか?   本誌は先月号で教師が被害者の落ち度を見つけ出し、加害者に対して謝罪させる手口を「いじめ隠ぺいの構図」として指摘した。今回は中でも特に、教師が加害者と被害者を話し合わせて“手打ち”させるやり方の問...

  • 学校は復活するか(3)「いじめ隠ぺいの構図」を探る②

    2007.02.14
    学校は復活するか(3)「いじめ隠ぺいの構図」を探る②

    2007年4月号記事   スクールカウンセラーは いじめ解決に有効か?   いじめ解決はスクールカウンセラーに──。そんなムードや期待が教育行政のみならず社会全般にある。95年から導入が始まり、配置校数は約1万校にのぼるが、いじめ問題の深刻化を受けてさらに増員が図られようとしている。しかし、スクールカウンセラーの役割や特徴を検証して...

  • 学校は復活するか(1)

    2007.02.14
    学校は復活するか(1)

    2007年4月号記事   本誌は2月号、3月号と続けて、いじめを隠ぺいしがちな日本の教育界の悪しき体質を指摘し、改善のための提言を行なった。この報道には大きな反響が各方面から寄せられている。今月号では、教育界の中でも出ている、いじめ解決のための「自助努力型の新しい流れ」に注目すると同時に、それでも残る課題を検証してみたい。教育界の内と外からの努力によって、教育がよみ...

Menu

Language