rss

カテゴリ「社会」の記事一覧

  • 日本の出産費用は高すぎる?

    2007.11.13
    日本の出産費用は高すぎる?

    2008年1月号記事   PART1 アメリカ 保険の有る無しで天国と地獄── 映画「シッコ」が描く行き過ぎた市場原理の医療   「こんな橋の上で生まれたら、どうしよう」   アカネさん(当時33歳・仮名)は何度目かの陣痛に襲われながら、そう不安になった。 彼女を後部座席に乗せて夫が運転する...

  • 宗教学界で検討中のこれからの「宗教教育」

    2007.10.13
    宗教学界で検討中のこれからの「宗教教育」

    2007年12月号記事   大学生などの宗教文化に関する学習意欲を高めるとともに、社会的にも宗教文化の素養の意義を訴えることを目的とする「宗教文化士(仮称)」制度の創設が論議されている。 日本宗教学会(星野英紀会長)などを中心に検討されているもので、大学生などに対する新たな「宗教教育」のあり方として注目される。   宗教...

  • 教育改革は終わっていない!  (後編)

    2007.10.13
    教育改革は終わっていない! (後編)

    2007年12月号記事   特別鼎談 教員界に根強く残る“全体主義”をどうなくすか   教育アナリスト 規制改革会議専門委員 戸田忠雄 (とだ・ただお) 1937年兵庫県生まれ。東北大学教育学部卒。長野県の私立・公立高校教員、公立高校校長、予備校校長などを経て、現職。NPO法人XYサタデースクール代表...

  • 教育改革は終わっていない!(前編)

    2007.09.13
    教育改革は終わっていない!(前編)

    2007年11月号記事   特別鼎談 教育アナリスト 戸田忠雄 規制改革会議専門委員   教育評論家 森口 朗 大阪教育連盟事務局長 以倉孝憲 (司会 本誌編集部)   (とだ・ただお)    1937年兵庫県生まれ。東北大学教育学部卒。長野県の私立・公...

  • わが子への暴力・ネットいじめを防ぐには

    2007.08.13
    わが子への暴力・ネットいじめを防ぐには

    2007年10月号記事   夏休み明けは要注意   人気TVドラマ『ライフ』は他人事ではない!   いじめられている事実を、子供から親に言うことは、まずない。しかし、いじめによる自殺事件では必ず被害者は事前に何らかのSOSサインを出しており、それを大人や友達がキャッチできなかったとき悲劇が生まれると言われている。 ...

  • あなたは、一人じゃない

    2007.08.13
    あなたは、一人じゃない

    2007年10月号記事 ~新時代を迎えた自殺対策最前線~   本誌が「自殺者を減らそう!キャンペーン」を開始したのは2003年1月。それから約3年半後の2006年6月、「自殺対策基本法」が成立し、さらに本年6月、政府は「自殺総合対策大綱」を決定した。 9月10日の世界自殺予防デーを前に、自殺を防ぐ上でさらに必要な施策について考える。 ...

  • 岡山県の真実!?

    2007.07.10
    岡山県の真実!?

    2007年9月号記事 都道府県〔お国柄〕図鑑 独断と偏見で読み解く   代表的備前人 ラテン系だが、理屈っぽい 理想に生きる備前人   瀬戸内の温暖な気候の下、楽天的な性格は常に理想を追い求めるが、理論で万事をとりしきろうとする。世界で初めて空を飛んだと言われる表具師・浮田幸吉や、弓削道鏡と対立した勤皇の忠臣...

  • 教育再生の条件(後編)

    2007.07.10
    教育再生の条件(後編)

    2007年9月号記事   先月号(前編)では、日本の子供の学力と規律が崩壊した原因は日本の教育界が、アメリカで失敗に終わった二つの教育思想をいまだに実践しているからであることを明らかにした。 「子ども中心」「個性尊重」の美名に囚われ本来子供に教えるべきことを教えていない日本。 しかし学力を向上させるためには教育の基盤である規律・徳育が正されねばならず...

  • 教育再生の条件(前編)

    2007.06.10
    教育再生の条件(前編)

    2007年8月号記事 なぜ戦後教育は崩壊したのか   政府の教育再生会議は6月1日、「ゆとり教育見直しの具体策」や「徳育の教科化」などを柱とした第2次報告を安倍首相に提出した。 「学力低下」「いじめ」「学級崩壊」「教師のバーンアウト(燃え尽き)」など教育現場は想像をはるかに超えた危機的状態にある。 日本の子供の学力と規律は、なぜここまで崩壊し...

  • なぜ宗教教育は日本から消えたのか  (後編)

    2007.05.10
    なぜ宗教教育は日本から消えたのか (後編)

    2007年7月号記事 戦後教育秘史   先月号(前編)では、戦後占領期の、わずかなボタンの掛け違いで宗教教育の「タブー」がもたらされたことを指摘した。 しかし、戦後60年以上経った現在でもその「タブー」を放置し続けているのは、日本の責任にほかならない。 なぜ日本では、宗教教育の論議が一向に進展しなかったのか? そして、その現状を打開す...

Menu

Language