rss

カテゴリ「社会」の記事一覧

  • 学校は復活するか(3)「いじめ隠ぺいの構図」を探る②

    2007.02.14
    学校は復活するか(3)「いじめ隠ぺいの構図」を探る②

    2007年4月号記事   スクールカウンセラーは いじめ解決に有効か?   いじめ解決はスクールカウンセラーに──。そんなムードや期待が教育行政のみならず社会全般にある。95年から導入が始まり、配置校数は約1万校にのぼるが、いじめ問題の深刻化を受けてさらに増員が図られようとしている。しかし、スクールカウンセラーの役割や特徴を検証して...

  • 学校は復活するか(1)

    2007.02.14
    学校は復活するか(1)

    2007年4月号記事   本誌は2月号、3月号と続けて、いじめを隠ぺいしがちな日本の教育界の悪しき体質を指摘し、改善のための提言を行なった。この報道には大きな反響が各方面から寄せられている。今月号では、教育界の中でも出ている、いじめ解決のための「自助努力型の新しい流れ」に注目すると同時に、それでも残る課題を検証してみたい。教育界の内と外からの努力によって、教育がよみ...

  • 教室に正義を!(4) 『いじめ処罰法』(原案)─大川隆法案─

    2007.01.14
    教室に正義を!(4) 『いじめ処罰法』(原案)─大川隆法案─

    2007年3月号記事   教育界浄化への提言③ ──規律重視の指導── 「ゼロトレランス」方式で 教室に秩序を取り戻せ   70~80年代に深刻な学校現場の荒廃を経験したアメリカは、規律と懲戒基準を事前に明示し、違反者は例外なく処分する「ゼロトレランス(規律重視)」方式の生徒指導を導入し、立て直した。いじめの解決もこ...

  • 教室に正義を!(3) 教育界浄化への提言

    2007.01.14
    教室に正義を!(3) 教育界浄化への提言

    2007年3月号記事      全国各地で相次ぐいじめ自殺。なぜいじめられた子は、自殺にまで追い詰められるのか。それは日本の教育界に、いじめの救済制度がないからだ。 校長は、外部批判を封じる絶大な権限を持ち、本来子供を守り、いじめを防ぐべき役割を持つ教育委員会は、逆に隠ぺいに走り、学校ぐるみの“組織的犯罪”を助長...

  • 教室に正義を!(2) 教室の闇 レポート

    2007.01.14
    教室に正義を!(2) 教室の闇 レポート

    2007年3月号記事   教室の闇 レポート③ 無法地帯化する公立学校   学校運営に最高責任を持つ校長によっていじめ隠ぺいが指揮された場合、被害者の救済は極めて困難となる。今まで明るみに出されてこなかった校長の権限に焦点を当て、PTAのあり方や加担教員の処罰に伴う問題点を提起する。   教室に正義...

  • 教室に正義を!(1)法話「学校教育と悪魔の自由について」

    2007.01.14
    教室に正義を!(1)法話「学校教育と悪魔の自由について」

    2007年3月号記事   総力特集 いじめ隠ぺいが子供を殺す 第2弾   本誌先月号の「いじめ隠ぺい特集」は各方面で大きな反響を呼んだ。「いじめやそのもみ消しがこんなにひどいとは」という驚きの声と共に、「私もいじめを隠ぺいされた」という証言も多数寄せられた。また、「本当にこんなことが全国で起きているのか。にわかには信じがたい」という...

  • 「大阪府」の真実!?

    2007.01.10
    「大阪府」の真実!?

    2007年3月号記事 都道府県〔お国柄〕図鑑② 独断と偏見で読み解く「大阪府」の真実!?   「天下の台所」、「食い倒れ」、「大阪商人」、「お笑い文化」。全国47都道府県中、面積は2番目に小さいながら、東京に次いで日本第2の都市と呼ばれる大阪。いらちで、あつかましくて、がめついけれど、人情深さを併せ持つ。そんな大阪人が操る大阪弁は、お笑いブームの影響...

  •  「教科書」を変えれば成績は伸びる

    2006.12.10
    「教科書」を変えれば成績は伸びる

      2007年2月号記事 学力低下からわが子を守れ     「いじめ問題」に劣らず悩ましいのが「学力低下問題」だ。「ゆとり教育」の影響により、公立校の"学力崩壊"は著しい。 しかし一方、こうした状況を打開するための新しい取り組みも、各地で始まっている。 今回は、その中から、算数・理...

  • 「いじめ隠ぺい」が子供を殺す

    2006.12.10
    「いじめ隠ぺい」が子供を殺す

    2007年2月号記事 総力特集 日本の教育に正義はあるのか   全国各地で「いじめ問題」が噴出し、教育界が大きく揺れている。 多くのケースで共通するのは、いじめられた側が泣き寝入りする、転校か不登校になる、最悪の場合、自殺するという本末転倒の形で事態が「収拾」されている点だ。 なぜ、いじめがなくならず、しかも被害者のほうばかりが深い傷...

  • 教育再生のための3つのポイント

    2006.11.10
    教育再生のための3つのポイント

      2007年1月号記事 教育再生会議でどう変わる?   安倍政権の誕生とほぼ同時に発足した「教育再生会議」が注目を集めている。 サッチャーの教育改革にも比されるこの改革。はたして成功に導くことができるだろうか。テーマも多岐にわたっているが、中でも特に重要なポイントは (1)ゆとり教育からの決別、 (2)学校選択制の...

Menu

Language