rss

カテゴリ「社会」の記事一覧

  • 自殺遺族の「心の危機」を救うには

    2004.10.06
    自殺遺族の「心の危機」を救うには

      2004年12月号記事 「死は永遠の別れではない」第5 弾 自殺遺族の「心の危機」を救うには   この9月から10月にかけて、若い男女がネットで知り合い集団自殺するということが相次ぎ 社会に大きな衝撃を与えた。こうした数々の自殺の陰で忘れてはならないのは家族を自殺で失った遺族の心の苦しみだ。 それが、次なる悲劇を...

  • 「荒れる学校」を立て直せ!

    2004.10.06
    「荒れる学校」を立て直せ!

      2004年12月号記事 不登校・非行・中退…… このままではアカン「荒れる学校」を立て直せ! ──ドキュメント・親と教師の熱き戦い──   不登校や高校中退が全国でも多いといわれる関西。 中でも大阪府は、いわゆる教育困難校が少なくない。しかし一方で教師や親が「このままではアカン」と立ち...

  • 授業力アップ大作戦

    2004.08.06
    授業力アップ大作戦

    2004年10月号記事 公立高校レポート   授業力アップ大作戦   文部科学省がゆとり教育路線を転換し学力重視路線へと軌道修正を図る中 今、学校では「いかに授業の中身を充実させるか」が問われている。 中でも大きな課題は、教員の「授業力」の向上だ。 東京の都立高を中心に全国の授業力アップの取り組みをレポートする。 ...

  • 「移植」に代わる先端医療を追う

    2004.07.06
    「移植」に代わる先端医療を追う

      2004年9月号記事 重症患者への救いの手   「移植」に代わる先端医療を追う ──人工臓器と再生医療   脳死臓器移植の是非が論議されるなかで代替医療への関心が高まっている。 脳死臓器移植に代わる医療は、いかにあるべきか? 心臓を中心に、開発・実用化の進む人工臓器と夢の治療法と言われる再生医療...

  • ネット社会が問いかけるもの

    2004.07.06
    ネット社会が問いかけるもの

      2004年9月号記事 霊的世界の認識が不可欠な時代へ  子供の心に何が──   ネット社会が問いかけるもの   長崎県佐世保市の女児殺害事件(注)をめぐって、子供とインターネットのかかわりが論議を呼んでいる。ますます進むネット社会──。その中で子供たちの心に何が起こっているのか、その心を守るためには何をすれば...

  • 子供に読書力をつけさせる「最強の小学校」

    2004.07.06
    子供に読書力をつけさせる「最強の小学校」

    2004年9月号記事 夏休みは本を読もう!   子供に読書力をつけさせる「最強の小学校」 読書離れが著しいと言われる昨今だが、子供の読書への取り組みが盛んな小中学校も少なくない。読書の習慣を身に付けることは、子供にとって人生最高の宝の一つ。子供の読書推進で全国でも目立った成果を上げている、いくつかの小学校の工夫を紹介する。   &n...

  • 人身売買の被害者を救え

    2004.06.06
    人身売買の被害者を救え

      2004年8月号記事 日本は監視対象国  誘拐同然で連れて来られた女性たちの悲劇 人身売買の被害者を救え   世界中で子供だけでも年間120万人の被害に遭うという人身売買。 本誌は昨年、その実態をレポートした(2003年9~11月号)。 それから約1年。アジア最大の人身売買受け入れ国とされる日本でもアメ...

  • 「どん底」でも前向きになれる考え方

    2004.06.06
    「どん底」でも前向きになれる考え方

      2004年8月号記事 自殺者を減らそう2004「どこからでもやり直せる」 経済苦生活苦「どん底」でも前向きになれる考え方   突然会社が倒産したら? 事故や病気で一家の大黒柱が働けなくなったら? 人生においては一瞬にして最悪の生活苦に陥ることがある。 そんな時、未来を悲観して自殺することなく逞しく人生を立...

  • 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」

    2004.05.06
    臓器移植大国 アメリカのジレンマ 「日本は今ならやめられる」

    2004年7月号記事 脳死の権威が次々に主張を転換 臓器移植大国  アメリカのジレンマ  「日本は今ならやめられる」      国民すべてを「ドナー候補」にする臓器移植法改正案 自民党調査会は臓器移植法の改正案をまとめ、6月中旬までの通常国会か秋の臨時国会に提出する方針だ。改正案は、現行法の柱...

  • 死んだらどうなる!?

    2004.04.01
    死んだらどうなる!?

    2004年6月号記事   『永遠の生命の世界』緊急発刊特集 臓器移植法の見直しが論議される中で改めて「脳死は人の死か」が問われている。 これは、人間の生と死についての根源的な疑問の一つといえる。 このほど発刊された『永遠の生命の世界』(大川隆法著・幸福の科学出版) で...

Menu

Language