rss

カテゴリ「思想・哲学」の記事一覧

  • 誤解だらけの慰霊・鎮魂(2)─震災犠牲者の霊は今どうなっているのか?

    2011.09.27
    誤解だらけの慰霊・鎮魂(2)─震災犠牲者の霊は今どうなっているのか?

    2011年11月号記事   ほんとうの「慰霊・鎮魂」とは?   佐藤さんが「本当によくわかった」と言う幸福の科学の慰霊とは、どういうものなのか。幸福の科学の霊園の一つ「来世幸福園」を抱える聖地・四国正心館の伊藤真道館長に、「慰霊・鎮魂」について尋ねてみた。   伊藤真道(いとう・しんどう) 幸福の...

  • 第2次大戦の日本は「悪者」か?─奇跡の日本史 第1部

    2011.07.26
    第2次大戦の日本は「悪者」か?─奇跡の日本史 第1部

    2011年9月号記事       「先祖はサルで、祖父は人殺しだった」。歴史の教科書をひもとけば、冒頭は必ず「猿人」の記述から始まり、先の大戦では日本はアジアを侵略した悪い国と描かれる。戦後の日本では、こんな歴史観を当たり前のように受け入れてるが、真実はまったく違う。 世界最高の仏教文化を花開かせ、明治期に奇跡の近代化を成...

  • インタビュー 石平氏1─奇跡の日本史 第1部

    2011.07.26
    インタビュー 石平氏1─奇跡の日本史 第1部

    2011年9月号記事     奇跡の日本史 第1部 インタビュー 中国問題評論家 石平 1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学科を卒業。88年に来日し、神戸大学文学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務した後、評論活動に入る。現在、拓殖大学客員教授。『中国人の正体』(宝島社)など多数の著作がある。   ...

  • 世界に誇るすごい日本史─奇跡の日本史 第2部

    2011.07.26
    世界に誇るすごい日本史─奇跡の日本史 第2部

    2011年9月号記事     奇跡の日本史 第2部 世界に誇るすごい日本史(2)     日中、日米関係においては、戦後の歴史ばかりが注目されがちだが、日本の歴史は戦後だけではない。千年単位で振り返れば、たちまち世界に誇れる「日本」の姿が立ち現れてくる。   ...

  • 世界に誇るすごい日本史インタビュー 宗教学者 山折哲雄氏─奇跡の日本史 第2部

    2011.07.26
    世界に誇るすごい日本史インタビュー 宗教学者 山折哲雄氏─奇跡の日本史 第2部

    2011年9月号記事     奇跡の日本史 第2部 世界に誇るすごい日本史(2)   インタビュー 宗教学者 山折哲雄  (やまおり・てつお) 1931年、米国生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。国立歴史民俗博物館教授、京都造形芸術大学大学院長、国際日本文化研究センター所長などを...

  • 世界に誇るすごい日本史インタビュー 歴史アイドル 小日向えりさん─奇跡の日本史 第2部

    2011.07.26
    世界に誇るすごい日本史インタビュー 歴史アイドル 小日向えりさん─奇跡の日本史 第2部

    2011年9月号記事     奇跡の日本史 第2部 世界に誇るすごい日本史(2)   インタビュー 歴史アイドル 小日向えり(こひなた・えり) 1988年、奈良県生まれ。横浜国立大学卒。歴ドル(歴史アイドル)の草分け的存在。趣味は史跡めぐり、油絵、座禅、Tシャツ収集。三国志、戦国時代、幕末に関する歴史知識に...

  • 宗教課税論を糾す(3)

    2011.07.26
    宗教課税論を糾す(3)

    2011年9月号記事     本誌オピニオン 宗教は国家の介入を避け、道徳の源泉たる信仰心を守っている   小説家、エッセイストの中村うさぎ氏が、「週刊現代」7月9日号に「宗教法人、税金払ってよ」という記事を寄稿した。その議論の中には多くの誤解があると思われるので、その点を以下で指摘してみたい。  ...

  • 宗教課税論を糾す(2)

    2011.06.29
    宗教課税論を糾す(2)

    2011年8月号記事     宗教法人課税に関する論者の中には、宗教の非課税を認めながら、「政治に介入する宗教には課税すべきだ」と主張する人たちがいる。これは、政教分離の間違った解釈によるものだ。   宗教課税論を糾す(1) ──「信教の自由」を理解しない保守などありえない 宗教課税論を糾す(2) ──...

  • 宗教課税論を糾す(1) ──「信教の自由」を理解しない保守などありえない

    2011.05.30
    宗教課税論を糾す(1) ──「信教の自由」を理解しない保守などありえない

    2011年7月号記事   保守といえば、歴史や伝統を重んじる立場。当然、歴史的に尊重されてきた「信教の自由」への理解は深いはずだと思いきや、最近の保守系雑誌の論調を見ると、そうとばかりは言えないようだ。日本の保守に宗教への無理解が蔓延するのはなぜか。   宗教課税論を糾す(1) ──「信教の自由」を理解しない保守などありえない ...

  • キリスト教vs.イスラム教(PART 2)宗教融和の「千年王国」を拓け

    2010.12.24
    キリスト教vs.イスラム教(PART 2)宗教融和の「千年王国」を拓け

    2011年2月号記事   PART 2 宗教融和の「千年王国」を拓け   §1 宗教戦争の根源はミカエルとムハンマドの対立 ここからは、幸福の科学が明らかにしている霊界情報を踏まえて、キリスト教とイスラム教の対立の根源に迫りたい。千年以上の戦争の歴史から、紛争のない「千年王国」への大転換は、そこからしか起こらないだろう...

Menu

Language