rss

カテゴリ「世界:アジア」の記事一覧

  • 香港、警察の実弾射撃で中高生が重傷 政府は一斉弾圧の恐怖あおりデモ潰しを画策

    2019.10.07
    香港、警察の実弾射撃で中高生が重傷 政府は一斉弾圧の恐怖あおりデモ潰しを画策

    写真:PaulWong / Shutterstock.com   《本記事のポイント》  香港デモに参加した少年が、警察の実弾射撃を受け重傷 「緊急条例」の発動で、立法手続きなしに法律をつくれる"なんでもあり"の状況に 「第二の天安門事件」が起きる可能性もあり、日本政府にとっても他人事ではない ...

  • 2025年の超高齢社会で求められる「看取り」とは? 藤和彦氏の著者インタビュー

    2019.10.03
    2025年の超高齢社会で求められる「看取り」とは? 藤和彦氏の著者インタビュー

      2025年、最も人口の多い「団塊の世代」が、75歳以上の後期高齢者になる。これにより後期高齢者の数が2179万人に上り、実に全人口の約18%を占めると予測されている。65~74歳の前期高齢者を含めると、人口の30%以上が高齢者になる。世界が体験したことのないレベルの超高齢社会だ。   そんな中、経済産業省が所管する独立行政法人「経済産業研究所」...

  • 制裁解除で金体制は半世紀延命 脱北者で北朝鮮専門記者が語る北朝鮮情勢

    2019.10.02
    制裁解除で金体制は半世紀延命 脱北者で北朝鮮専門記者が語る北朝鮮情勢

      《本記事のポイント》 金正恩氏は粛清を増大させ、幹部の心が離れている。 文在寅政権は「北と組めば日本を経済的に抜ける」と豪語。韓国国民も従北意識。 制裁解除で、金体制は延命する。   韓国政府は8月22日、日本に日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を通告した。その直後の24日、北朝鮮は短距離...

  • 迷走する韓国の文在寅大統領 反日の根源にあるもの - ニュースのミカタ 2

    2019.09.30
    迷走する韓国の文在寅大統領 反日の根源にあるもの - ニュースのミカタ 2

    曺国氏の法務長官任命に反対するデモ。文政権は、文氏の腹心・曺氏のスキャンダルで揺らいでいる。写真:AP/アフロ。   2019年11月号記事   ニュースのミカタ 2 国際   迷走する韓国の文在寅大統領 反日の根源にあるもの    ニュース  ...

  • 混迷の韓国・脱「反日」で未来は開けるか? 呉善花氏インタビュー(後編)

    2019.09.23
    混迷の韓国・脱「反日」で未来は開けるか? 呉善花氏インタビュー(後編)

      呉善花 プロフィール (オ・ソンファ)1956年、韓国・済州島生まれ。評論家、拓殖大学国際学部教授。 90年『スカートの風』(三公社)がベストセラーとなる。98年に日本に帰化。『攘夷の韓国・開国の日本』(文春文庫、第五回山本七平賞受賞)、『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』(小学館新書)、『韓国を蝕む儒教の怨念』(小学館新書)など、著書多...

  • 混迷の韓国・脱「反日」で未来は開けるか? 呉善花氏インタビュー(前編)

    2019.09.21
    混迷の韓国・脱「反日」で未来は開けるか? 呉善花氏インタビュー(前編)

      呉善花 プロフィール (オ・ソンファ)1956年、韓国・済州島生まれ。評論家、拓殖大学国際学部教授。 90年『スカートの風』(三公社)がベストセラーとなる。98年に日本に帰化。『攘夷の韓国・開国の日本』(文春文庫、第五回山本七平賞受賞)、『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』(小学館新書)、『韓国を蝕む儒教の怨念』(小学館新書)など、著書多...

  • 日本は邦人保護のための「自衛隊派遣」を表明し、米英と連携すべき【香港革命成就への道(1)】

    2019.09.10
    日本は邦人保護のための「自衛隊派遣」を表明し、米英と連携すべき【香港革命成就への道(1)】

    ヘリ空母と称される護衛艦「いずも」。衣食住を自己完結できる自衛隊は災害救助で大きな力を発揮する。   香港デモをめぐり、当局の動きに対する市民の危機感が高まっている。   この週末には、取り締まりを強化する警察が死者数を隠しているという噂が広まったり、不信感を募らせた市民が数万人規模のデモを行い、アメリカ総領事館に支援を求めて行進したりした...

  • 米識者26人がトランプに公開提言「アメリカは香港の自由を守るため働きかけるべき」

    2019.09.02
    米識者26人がトランプに公開提言「アメリカは香港の自由を守るため働きかけるべき」

    写真:Yung Chi Wai Derek / Shutterstock.com   《本記事のポイント》 米専門家組織が、香港デモ隊への支援を求める公開提言をトランプ大統領に提出 香港政府高官への制裁や香港デモ隊の「5大要求」に対する公式支援などを求めた 隣国の日本政府は、静観したままで許されるのか  ...

  • パキスタンでの技術指導 70代で海外に挑戦した男の奮闘記(3)

    2019.09.01
    パキスタンでの技術指導 70代で海外に挑戦した男の奮闘記(3)

    写真: / Shutterstock.com   日本人の健康寿命は世界一。今世紀後半にも、100歳まで生きることが一般的になると言われています。   「老後資金2000万円」などの問題がささやかれている中で、年を重ねても輝いている人生の先輩が、日本にはたくさんいます。   本欄では、7月末発刊の本誌9月号記事「『...

  • 中国に狙われるインド 日印で「一帯一路」を止める / 現地ルポ 第3弾

    2019.08.29
    中国に狙われるインド 日印で「一帯一路」を止める / 現地ルポ 第3弾

    中国の習近平国家主席(右)は、資金力でインドのモディ首相を懐柔しようとしている。提供:PIB/AFP/アフロ   2019年10月号記事   現地ルポ 第3弾   中国に狙われるインド 日印で「一帯一路」を止める   安い日用品に、5Gネットワーク─。 中国の影響力がじわじ...

Menu

Language