rss

記事一覧

  • 知っておきたい「あの世の常識」99(1)

    2010.07.09
    知っておきたい「あの世の常識」99(1)

    2010年9月号記事     国際紛争の舞台裏からペットの供養まで―― どこからでも読めるテーマ別ガイド 知っておきたい「あの世の常識」99(1)     8月は、お盆やテレビの怪談番組、戦没者の慰霊など あの世や霊のことを思うきっかけが多い季節。 そこで、幸福の科学が説く...

  • 上海2010

    2010.07.08
    上海2010

      2010年9月号記事     上海万博は、発展する中国を象徴していた。中国パビリオンの壮大さは、中でも群を抜いていた。 しかし、ひとたび雨が降れば正面前の敷地に水が溢れ出すなど、細部の粗末さが各所で目についた。遠景と近景は、異なる像を映すのだろうか。      ...

  • 法律を「リストラ」しよう!

    2010.07.08
    法律を「リストラ」しよう!

    2010年9月号記事   法律を「リストラ」しよう! ~自由を守る「廃法府」をつくる~   日本は法治国家だ。しかし、その法律によって国民が苦しめられている。職業を自由に選べず、モノを自由に買えず、生活スタイルまで指図される。国家が法律を使って国民への管理を強める世界は、「刑務所の中の自由」でしかない。日本に自由を取り戻すために今必...

  • 民主党「終わり」の始まり

    2010.07.08
    民主党「終わり」の始まり

    2010年9月号記事       民主党「終わり」の始まり   国家社会主義を打ち倒し 国論を保守回帰させた幸福実現党       民主党が大敗した参院選。「消費税増税」が大きな争点になったが、その奥には、「日本の政治を左翼(国家社会主...

  • マスコミの偏向報道

    2010.07.08
    マスコミの偏向報道

    2010年9月号記事   中日新聞よ、おみゃあさん民主主義を知っとりゃあすか? マスコミの偏向報道が政治参加の自由を阻む     候補者を1人だけ無視して報道   7月11日、国民の代表を選ぶ参院選が行われたが、その裏で日本の民主主義が脅かされていた。脅かしたのは、民主主義を守るはずの新聞...

  •  【UFO PANIC5】ただ今、日本政府にUFO情報開示を請求中!

    2010.07.08
    【UFO PANIC5】ただ今、日本政府にUFO情報開示を請求中!

    2010年9月号記事   UFO PANIC 5 ただ今、日本政府にUFO情報開示を請求中!   7月7日、中国・浙江省杭州蕭山国際空港がUFO騒ぎのために一時閉鎖された。最近、中国ではUFO出没が頻発し、慌ただしい様相を呈している(詳報は次号)。一方で未だにUFOの存否論議に終始する日本。そんな日本に対して長年、UFOの...

  • 菅首相のネタ本? ロールズ「格差原理」を検証

    2010.07.05
    菅首相のネタ本? ロールズ「格差原理」を検証

    2010年9月号記事   若い世代に知ってほしい政治哲学講義 「最小不幸社会」に退場勧告!   菅政権発足以来、人口に膾炙した「最小不幸社会」という言葉。この発想の根っこには、アメリカの政治哲学者ジョン・ロールズの唱えた「格差原理」があると指摘する人は多い。 しかし、格差原理は決して日本を幸福にすることはない。日本はむしろ「...

  • 「世界レベルのリーダー」を養成せよ

    2010.07.03
    「世界レベルのリーダー」を養成せよ

    (『平和への決断』第2章「太平洋戦争の勝敗を分けたもの」より抜粋・編集。2010年6月10日収録)   今こそリーダー養成を学ぶべき 特に、今、われわれ日本人がアメリカから学ぶべきことは、指導者養成のところです。ここを、しっかりと学んでおかなければいけないのです。 同書のなかでマッカーサーの霊も、「日本には、意思決定のできる人がいない」ということを...

  • 製造業の未来はこうなる

    2010.07.02
    製造業の未来はこうなる

    上海万博の日本館でバイオリンを演奏する二足歩行の日本製ロボット   2010年9月号記事   人生の羅針盤 No.163 幸福の科学総裁大川隆法 対機説法 未来創造のためのヒント(3)   【問】私は現在、夫が経営する小さな会社を手伝っています。製造業の研究開発を手伝うような仕事です。 近未...

  • 2010年参院選 マニフェスト徹底比較

    2010.06.15
    2010年参院選 マニフェスト徹底比較

    2010年8月号記事   どの政党が「国難」から国民を救うのか? しみったれた「最小不幸社会」を吹き飛ばせ!     菅政権が発足してわずか1カ月で参院選に突入する。 菅直人首相は、「最小不幸社会」を目指すと言っているが、これは政府の仕事を「年越し派遣村」のような貧困救済に限定するようなもので、つき詰め...

Menu

Language