rss

記事一覧

  • 大統領就任演説は名演説?金融とイラク戦争の「敗戦宣言」だった

    2009.02.10
    大統領就任演説は名演説?金融とイラク戦争の「敗戦宣言」だった

    2009年4月号記事   短期連載   オバマのアメリカ② 「金融敗戦とイラク敗戦を認めた演説」   「きょう我々は立ち上がり、埃を払い、アメリカ再生の仕事を再び始めなければならない(begin again the work of remaking America)」 アメリカのつくり直し(...

  • 「漢検」バッシングは的外れ

    2009.02.10
    「漢検」バッシングは的外れ

    2009年4月号記事       外国人が漢字を学ぶ機会の創出を   文科省立ち入り検査 「漢検は儲けすぎ!」   文部科学省は2月9日、財団法人「日本漢字能力検定協会」(京都市)に立ち入り検査を行った。過去5年間で合計約20億円の利益を上げており、公益法人にしては利益...

  • 奇跡のビジネス・ストーリー

    2009.02.10
    奇跡のビジネス・ストーリー

    2009年4月号記事   挫折なんかこわくない! どこからでも道は開ける   未曾有の不況に、「誰か助けてくれ!」と、悲鳴を上げる経営者も少なくないだろう。しかし、政府の無策をなじったり、自分の悲運を嘆いたりしたところで、道が開けるわけではない。挫折を力強く乗り越えるためには、決して人のせいにしない強い心と、努力と工夫を惜しまない精...

  • 30兆円の銀行紙幣を発行せよ

    2009.02.10
    30兆円の銀行紙幣を発行せよ

    2009年4月号記事   緊急提言! 1年で日銀不況は克服できる   トヨタ、ソニー、日産と、日本を代表する企業が次々と赤字決算となり、いよいよ日本の景気後退は本格的なものになりつつある。そのきっかけとなったのは、アメリカのサブプライム問題に端を発した金融危機だと言われるが、本当にそうだろうか? ここ数年の経済政策を冷静に振り返って...

  • 新局面を開く逆発想のすすめ

    2009.02.09
    新局面を開く逆発想のすすめ

      2009年4月号記事   幸福の科学総裁 大川隆法対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第146回   厳しい時代を乗り切るヒント⑧ クリエイティブに生きる①(全4回) ──2008年12月13日 幸福の科学・江東支部精舎(東京都江東区)にて──     ...

  • 生活防衛  7つのヒント

    2009.01.18
    生活防衛 7つのヒント

      2009年3月号記事 収入危機時代を賢く生き抜く   「百年に一度の経済危機」とやらの影響で今年は庶民の家計も、厳しい冬の時代を迎えそうだ。 だが、ピンチはチャンス。今こそ生活の中の無駄を省きお金で買えない本当の幸せを再発見できる時でもある。 収入が減った分は、人間関係や智慧で乗り切り内なるパワーを蓄えて、来るべき「春」...

  • オバマ政権の船出

    2009.01.18
    オバマ政権の船出

      2009年3月号記事 短期連載 オバマのアメリカ  ① パレスチナ問題、経済危機など課題山積 大いなる期待と不安   ついにオバマ政権がスタートする。空前ともいえる規模の大統領就任式は、景気後退の波に襲われているアメリカ国民の期待の表れといえるだろう。しかし、ここにきてパレスチナ問題が再燃し始めた。「...

  • 世界を救う日本の知力

    2009.01.18
    世界を救う日本の知力

    2009年3月号記事 イノベーションで新たな産業を生み出せ   国内メディアは「不況、不況」の大合唱。世界的な食糧危機も叫ばれるなか、「人類の衰退は避けられない」との見方もある。しかし、歴史を振り返れば、苦難の時代にこそ新たな基幹産業が産声を上げ、次代の経済活動の柱となってきた。今は生みの苦しみの時期にすぎない。基幹産業を生むカギがイノベーション(技術革新)...

  • 「婚活」で「婚難」をクリア!

    2009.01.18
    「婚活」で「婚難」をクリア!

      2009年3月号記事 これで必ず結婚できる!?   かつては近所のオバサンや親戚が世話をしてくれた結婚。自由恋愛が当たり前になってからは、オクテの男女には〝婚難〟な時代となっている。そこで注目されているのが「婚活=結婚活動」だ。「婚活」ブームの実態から〝必ず結婚できる法則〟を考えてみた。 (「婚活」応援委員会) イラ...

  • 派遣村は真に「失業者」を救ったのか

    2009.01.18
    派遣村は真に「失業者」を救ったのか

    2009年3月号記事 「恐慌」を演出?   年越し派遣村は実態を反映していない?   12月31日から正月5日まで東京・日比谷公園に開設された「年越し派遣村」が物議をかもしている。     昨年後半の急激な景気後退の影響で、製造業を中心に全国で派遣社員の解雇が続出。社員寮を退去させられ、年末年始に...

Menu

Language