rss

記事一覧

  • Happy Science News The - Liberty 2012年9月号

    2012.07.26
    Happy Science News The - Liberty 2012年9月号

    講演会の様子を伝える現地紙「Bukedde」   2012年9月号記事   大川隆法総裁 ウガンダ英語説法 アフリカ全土に広がる勢い 大川隆法・幸福の科学グループ創始者兼総裁の6月23日のウガンダでの説法は、ウガンダのみならず、アフリカ全土に広がる勢いを見せている(アフリカは今世紀末、世界のリーダーとなる参照)。 &n...

  • ユトリノフォト yutori no photo 2012,09

    2012.07.26
    ユトリノフォト yutori no photo 2012,09

    2012年9月号記事   湖岸でボートを出すタイミングをうかがっていた若者二人、湖面が照らされるのを待っていたかのように、朝日に向かって静かにこぎ出していった。   【クリックで拡大】 ウガンダの首都カンパラ郊外エンテベ空港のほど近く、ビクトリア湖アンジェリータビーチ。   写真と文/渡辺正裕 ...

  • 山口敏太郎 のエックス-リポート 【第5回】

    2012.07.26
    山口敏太郎 のエックス-リポート 【第5回】

    2012年9月号記事   山口敏太郎 のエックス-リポート No. 005 オカルト研究家・山口敏太郎氏が宇宙人、UFO、その他のミステリー情報を合理的、科学的、実証的、ジャーナリスティックに検証する   (やまぐち・びんたろう) 1966年、徳島市生まれ。神奈川大学経済学部卒業。作家、妖怪研究家、漫画原...

  • 「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」 リュック・ベッソン監督インタビューリバティweb シネマレビュー

    2012.07.26
    「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」 リュック・ベッソン監督インタビューリバティweb シネマレビュー

    2012年9月号記事   リバティweb シネマレビュー 「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」   家族への愛と祖国の自由のために   【公開日】 7月21日(土)角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー 公式HP...

  • あの芥川賞の芥川龍之介が「週刊文春」に苦言 

    2012.07.21
    あの芥川賞の芥川龍之介が「週刊文春」に苦言

      公開霊言抜粋レポート   芥川龍之介が「週刊文春」に苦言 悪質報道からの「転業」を勧める? 「芥川龍之介が語る『文藝春秋』論評」 2012年7月20日収録   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって...

  • 幸福の科学攻撃の黒幕、文春創業者・菊池寛の正体

    2012.07.12
    幸福の科学攻撃の黒幕、文春創業者・菊池寛の正体

      公開霊言抜粋レポート   「幸福の科学攻撃の黒幕、文春創業者・菊池寛の正体」   「霊言現象」とは、あの世の霊存在の言葉を語り下ろす現象のこと。これは高度な悟りを開いた者に特有のものであり、「霊媒現象」(トランス状態になって意識を失い、霊が一方的にしゃべる現象)とは異なる。また、外国人の霊の霊言の場合には、霊言現象を行...

  • 地に堕ちた「週刊文春」 除名元信者の作り話でねつ造記事

    2012.07.11
    地に堕ちた「週刊文春」 除名元信者の作り話でねつ造記事

      地に堕ちた「週刊文春」 除名元信者の作り話でねつ造記事 手段を選ばず人を引きずり下ろす編集方針 これまで幸福の科学への中傷記事を繰り返し掲載してきた「週刊文春」。7月11日発売の7月19日号では、幸福の科学を除名された元教団職員の種村修氏による作り話を裏取り取材もせずにそのまま掲載するという、普通のジャーナリズムではあり得ないルール無視の手法が登...

  • ルーマニアの国際演劇祭で日本の舞踏に注目 上演作品名:「寒山 蓮遥抄より」 動画抜粋紹介

    2012.07.11
    ルーマニアの国際演劇祭で日本の舞踏に注目 上演作品名:「寒山 蓮遥抄より」 動画抜粋紹介

      東欧ルーマニアのシビウ市。ほとんどの日本人はその名さえ聞いたこともなく、地図上の位置も思い浮かばないだろう。ルーマニアのほぼ中央に位置するこの町では、スコットランドのエディンバラ国際フェスティバル、フランスのアヴィニョン演劇祭に次ぐ、ヨーロッパ第三の規模の国際演劇祭が開かれている。   ルーマニアでは1989年の革命で共産党独裁政権が倒れるまで...

  • 『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』に、「週刊新潮」が大反論記事 酒井編集長が逆ギレ? 守護霊インタヴューのどこが気に障ったのか

    2012.07.05
    『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』に、「週刊新潮」が大反論記事 酒井編集長が逆ギレ? 守護霊インタヴューのどこが気に障ったのか

      『「週刊新潮」編集長・悪魔の放射汚染』に、「週刊新潮」が大反論記事 酒井編集長が逆ギレ? 守護霊インタヴューのどこが気に障ったのか     全国書店で発売中 定価1,470円( 税込) 幸福の科学出版刊 Amazonはこちら 7月5日発売の「週刊新潮」(7月12日...

  • 6歳未満で初の脳死臓器移植 霊界を前提とした医学の進歩を - Newsダイジェスト

    2012.06.25
    6歳未満で初の脳死臓器移植 霊界を前提とした医学の進歩を - Newsダイジェスト

    6 歳未満男児の脳死判定で、日本臓器移植ネットワークが記者会見。写真:時事   2012年8月号記事   富山大学付属病院に入院していた6歳未満の男児が改正臓器移植法に基づいて脳死と判定され、心臓・肝臓・腎臓の臓器移植手術が6月に行われた。6歳未満の幼児の脳死判定は、国内で初めてとなる。 2010年7月に改正臓器移植法が全面施行...

Menu

Language