rss

記事一覧

  • 自分や組織の力を見極める方法(前編)

    2006.05.08
    自分や組織の力を見極める方法(前編)

    2006年7月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第111回 シリーズ「正しき道を求めて」 自分や組織の力を見極める方法(前編)   問 経営者が、自分や組織の力を見極め、企業を発展させていくためにはどのようにすればよいのでしょうか。   &...

  • すばらしきアニメワールド

    2006.04.08
    すばらしきアニメワールド

      2006年6月号記事 すばらしきアニメワールド ~大人もハマるその魅力~   「アニメ」と聞くと、「子供のもの」と思い込んでいる人は多い。 しかし、さまざまな人がアニメを“人生の師”として仕事やスポーツなどの分野で活躍している。 いまやアニメは日本の代表的な輸出産業の1つともなっている。 ...

  • 繁栄を築いた人たち  電力の鬼 松永安左エ門

    2006.04.08
    繁栄を築いた人たち 電力の鬼 松永安左エ門

    2006年6月号記事 シリーズ繁栄を築いた人たち 電力の鬼 松永安左エ門   かつて“電力の鬼”と呼ばれた男がいた。 戦前は、激しい競争を勝ち抜いて日本最大の電力会社を創り上げ戦後は、政官の圧力を撥ね退けて電力事業の民営化を成し遂げた。 男の名は、松永安左エ門(1875~1972)。 師・福沢諭吉から受...

  • なぜ老夫婦は線路で命を絶ったのか

    2006.04.08
    なぜ老夫婦は線路で命を絶ったのか

    2006年6月号記事 自殺者を減らそう2006 多重債務を防ぐ必須知識 なぜ老夫婦は線路で命を絶ったのか──大阪「ヤミ金」心中事件その後   3年前、大阪で、借金の取り立てを苦にした夫婦らの心中事件が起きた。 「ヤミ金融対策法」が成立するきっかけとなったこの事件で、金を貸していたヤミ金業者が、この3月に逮捕された。 消費者...

  • ロングテール革命

    2006.04.08
    ロングテール革命

      2006年6月号記事 「売れない商品」で成果が上がる! ロングテール革命 アマゾン、グーグルに見る「絞らない」戦略   いま経済において、新たな動きが注目されている。2割の売れ筋商品や優良顧客が8割の成果を生み出すという「80対20の法則」に替わって、商品も顧客も絞りこまない方が成果が大きいという「ロングテール現象」が現れている...

  • 過ぎた欲を自己点検するポイント(後編)

    2006.04.08
    過ぎた欲を自己点検するポイント(後編)

      2006年6月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第111回 シリーズ「正しき道を求めて」 過ぎた欲を自己点検するポイント(後編)   問 幸福の科学には、「強い願いは実現していく」という教えもあれば「実力の範囲内で生きよ。欲が過ぎると滅びに至る」という教えもあります。 ...

  • トンデモ上司とトホホ部下

    2006.03.08
    トンデモ上司とトホホ部下

    2006年5月号記事 新入社員に贈る トンデモ上司とトホホ部下 それでも僕らは戦い続ける   職場における永遠のテーマ「上司と部下」。 無責任な上司に反抗的な部下。 不条理なんて当たり前。 それでも我々は明るい未来を心に描きながら力強く生きていくのだ! イラストレーション/増澤香織   &nb...

  • 宗教学に吹き始めた新しい風

    2006.03.08
    宗教学に吹き始めた新しい風

      2006年5月号記事 ザ・争点 宗教学に吹き始めた新しい風   1995年のオウム事件から11年。 当時、宗教の価値判断を誤った一部の宗教学者により宗教学界全体は大きな逆風にさらされた。 だが、課題は抱えながらもいま、宗教学界には、“新しい風”が吹き始めている。 「死と生の考察」や...

  • 繁栄を築いた人たち  「トヨタウェイ」のルーツ 豊田佐吉

    2006.03.08
    繁栄を築いた人たち 「トヨタウェイ」のルーツ 豊田佐吉

    2006年5月号記事 繁栄を築いた人たち 「トヨタウェイ」のルーツ 豊田佐吉   今年、生産台数で世界一が見えてきたトヨタ自動車。 グループの連結売上が合計で18兆円を超えるまさに日本最強の企業グループだ。 しかし、この実績は一朝一夕につくられたわけではない。 とりわけグループの創始者・豊田佐吉(1867~1930)が貧しさの...

  • 不登校にならないための親子学

    2006.03.08
    不登校にならないための親子学

    2006年5月号記事 あなたの家庭は大丈夫? 不登校にならないための親子学   日本中で減らない不登校や引きこもり。子供がそうなると、親はどこから解決していいか分からなくなるもの。しかし、糸口はある。親自身に一定の傾向性が見受けられるからだ。専門家や体験者の言葉から、不登校・引きこもりの子を持つ親の傾向性を検証し、問題の解決を図りながら、親子が互いに...

Menu

Language