rss

記事一覧

  • 「レンタルお姉さん」が行く

    2006.07.10
    「レンタルお姉さん」が行く

    2006年9月号記事 ニート・ひきこもり 200万人時代の「救い」になるか   「レンタルお姉さん」をご存知だろうか。フーゾク?  なんて誤解してはいけない。実はニートやひきこもりの人を訪問し、彼らを社会参加につなげる新しい仕事だ。ニート対策の一つとして注目される、そのユニークな活動の実態を本誌記者が同行ルポした。  (文中敬称略...

  • 新・日米同盟でアジアはどう動く?

    2006.07.10
    新・日米同盟でアジアはどう動く?

      2006年9月号記事 台頭する中国の覇権主義   6月末に日米両国首脳が日米安保を「21世紀の新しい日米同盟」と意義づけたばかりの7月5日、北朝鮮が日本海に7発のミサイルを発射し、世界に衝撃を与えた。新たな日米同盟は、北朝鮮やその“後ろ盾”の中国との「冷戦」と もいうべき事態にどう行動するのか。 ...

  • 言葉で楽しむクラシック入門 第2回

    2006.07.10
    言葉で楽しむクラシック入門 第2回

    2006年9月号記事   たとえばベートーヴェンの「生き方」を体験―― 「三つの聴き方」でもっと深く感動しよう! 茂木一衞氏(横浜国大教授)   先般、日本人で初めてモーツァルトゆかりの大聖堂でコンサート(「レクイエム」)を指揮した茂木一衞氏。 音楽学者であると同時に、演奏など実践の場も持つ同氏は私たちがクラシック音...

  • わが子に正しい国語力を

    2006.07.09
    わが子に正しい国語力を

      2006年9月号記事 各教科対策シリーズ第3弾 日本人として恥ずかしくない わが子に正しい国語力をつける方法(基礎編)   簡単な漢字が書けない、敬語が使えない、自分の考えをうまく話すことができない、人の話が聞けない・・・。昨今の若者の国語力の低下は、各方面から指摘されている通りだ。 7月号の「英語」、8月号...

  • 金正日体制崩壊へ多国籍包囲網を

    2006.07.09
    金正日体制崩壊へ多国籍包囲網を

    2006年9月号記事 リバティ・オピニオン 先制攻撃は是か非か激震!北朝鮮ミサイル問題 金正日体制崩壊へ多国籍包囲網を   7月5日、北朝鮮はミサイル7発を日本海に向けて発射し、それを受けた国連安保理決議は激しい駆け引きの末に、まずは妥当な方向で決着した。この間、国内に浮上した「敵基地攻撃論」の是非と、今後日本が取るべき北朝鮮対策について提言...

  • そこまでやるか!の仕事術

    2006.07.09
    そこまでやるか!の仕事術

    2006年9月号記事 「トヨタ式」に学ぶ そこまでやるか!の仕事術   豊田佐吉、喜一郎という一介の発明家親子が起こしたトヨタが、ついに世界一を射程に入れた。その発展の原動力となった「カイゼン」「かんばん」などのトヨタ式の考え方は、今や多くの企業や団体に導入されるようになった。が、なかなかうまくいかないのが実情だ。なぜトヨタにできて、我々にはできない...

  • 「環境の変化」と「能力の変化」の関係

    2006.07.09
    「環境の変化」と「能力の変化」の関係

      2006年9月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第115回 シリーズ「正しき道を求めて」 「環境の変化」と「能力の変化」の関係   問 環境が変化すると、新しい視点を得て成長していくことができると聞いていますが 変化しない環境のなかにあ...

  • 霊界メカに注目せよ

    2006.06.08
    霊界メカに注目せよ

      2006年8月号記事  完成直前!映画「永遠の法」 重要情報FILENo.4「霊界メカに注目せよ」 科学と神秘性が一つになった先に希望の未来が現れる!   9月30日公開の映画「永遠の法」(製作総指揮/大川隆法)の製作が、いよいよ佳境にさしかかってきた。 霊界、冒険、ラブロマンスとさまざまな要素を持つこ...

  • わが子の数学嫌いを治す方法

    2006.06.08
    わが子の数学嫌いを治す方法

      2006年8月号記事 各教科対策シリーズ第2弾 実践!夏休み前に知っておきたいわが子の数学嫌いを治す方法   昔から、基本3教科と言えば、「英語」「数学」「国語」。 先月号の「英語」に続き、今月号は、小学生から高校生に到るまで、わが子の数学(算数)力を飛躍的に高めるための処方箋を探った。   ...

  • 言葉で楽しむクラシック入門  第1回

    2006.06.08
    言葉で楽しむクラシック入門 第1回

    2006年8月号記事 言葉で楽しむクラシック入門 第1回 心が豊かになるモーツァルト   新しいスタイルの音楽祭などを通して、クラシック音楽が日本人に、より身近なものになってきた。これからのビジネスや人生に大切な「感性」と「知性」を両方磨けて、しかもこの上なく楽しいもの──それがクラシック音楽だ。新シリーズ第1回は今年の主役モーツァルトをお題に、ベス...

Menu

Language