rss

記事一覧

  • 「宗教教育」は始まるか

    2006.06.08
    「宗教教育」は始まるか

    2006年8月号記事 情報見聞録 教育基本法改正のもう一つの焦点 「宗教教育」は始まるか   「愛国心」と宗教教育 アメリカによる占領時代に制定され、日本の戦後教育の枠組みを規定してきた教育基本法──。 新しい時代の教育の基本理念をうたって国会に提出された政府の改正案は6月、結局継続審議となって、秋の臨時国会に持ち越されることになった...

  • ストップ!自殺者3万人時代

    2006.06.08
    ストップ!自殺者3万人時代

    2006年8月号記事 自殺対策基本法が成立 ストップ!自殺者3万人時代   ついに8年連続で、日本の自殺者が3万人を超えてしまった。そんな中、国会で自殺対策基本法が成立するなど、自殺者を減らすための枠組みが国を挙げて本格化しつつある。もうこれ以上「自殺者3万人時代」を続けないためには、どうすればいいのか。     ...

  • ヤバい!?発想術

    2006.06.08
    ヤバい!?発想術

    2006年8月号記事   厳選5つの最強ツール大公開! ヤバい!?発想術 使えるアイデアはこうして出せ!!   ◆「シーマン」の誕生秘話、斎藤由多加氏一問一答 ◆“睡眠活魚”でブレイクの水産加工会社 ◆『えんぴつで奥の細道』を生み出したひらめき ◆『ウケる!発想術』著者・中島孝志氏激論...

  • 自分や組織の力を見極める方法(後編)

    2006.06.08
    自分や組織の力を見極める方法(後編)

    2006年8月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第114回 シリーズ「正しき道を求めて」 自分や組織の力を見極める方法(後編)   問 経営者が、自分や組織の力を見極め、企業を発展させていくためにはどのようにすればよいのでしょうか。   &...

  • 見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006.05.08
    見えてきた靖国・竹島問題の深層

    2006年7月号記事   見えてきた 靖国・  竹島問題の深層 中国・韓国にどう向き合うか   靖国や竹島問題で中国・韓国との首脳会談が開かれず、「日本はアジアで孤立している」という声があがっている。だが問題点を考えてみると、中韓の靖国参拝批判は国際常識を逸脱した内政干渉といえるし、竹島をめぐる韓国の主張は国際法上成り立た...

  • 『ダ・ヴィンチ・コード』論争を追う

    2006.05.08
    『ダ・ヴィンチ・コード』論争を追う

    2006年7月号記事 ザ・争点 『ダ・ヴィンチ・コード』論争を追う   世界で6千万部を超えたとされる、小説『ダ・ヴィンチ・コード』が映画化、公開された。 この小説は、かつてのキリスト教異端派に伝わるさまざまな伝承を下敷きとしているが世界の人々をこれほどまでに惹きつけ、論争を巻き起こす理由はどこにあるのか。 折りしも「ユダの福音書」の...

  • 職場の女性を敵に回さないヒケツ

    2006.05.08
    職場の女性を敵に回さないヒケツ

    2006年7月号記事   男と女は違う星からやって来た!? 職場の女性を敵に回さないヒケツ   業績アップを考える前に取り組まねばならぬことがある――はずだ。 声に出せず部下にも相談できず密かに恐れて続けている、あのこと。 そう。職場の女性たちを敵に回さなくて済むにはどうすればいいのだ!?   ...

  • 自分でできるストレス・マネジメント

    2006.05.08
    自分でできるストレス・マネジメント

      2006年7月号記事 「勝ち組」だってつらい! 大競争時代の「うつ」対策 自分でできるストレス・マネジメント   現代の競争社会で、つらいのは、敗れた人や低迷している人ばかりではない。いわゆる「勝ち組」も、過重な仕事や成果を求められ、うつ気味になっていることが少なくない。誰もが心のリスクを抱えている今の時代。自分でできる早めのス...

  • 未来社会のヒントは「エジソン」にあり!

    2006.05.08
    未来社会のヒントは「エジソン」にあり!

      2006年7月号記事 未来社会のヒントは「エジソン」にあり!      白熱電球をはじめ、映写機、蓄音機など、科学技術で世界中の人々の暮らしを豊かにした世界の発明王トーマス・ エジソン。来年の生誕160周年を前にイベントが行われたり、今年9月末にはエジソンが登場するアニメ映画「永遠の法」が封切られるなど、改め...

  • 小学校英語大論争の行方

    2006.05.08
    小学校英語大論争の行方

    2006年7月号記事 必修化は正しいか わが子に本当の英語力をつけるには 勃発! 小学校英語大論争の行方   現在すでに全国で9割を超える公立小学校が「英語活動」を導入している。 そのようななか、3月末に中央教育審議会(文部科学相の諮問機関)の外国語専門部会が「小学校英語必修化」の報告をまとめた。 いまや多くの企業では英...

Menu

Language