rss

記事一覧

  • 日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部  日本的社会主義との決別を【教育】

    2008.10.15
    日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【教育】

    2008年12月号記事   日本の政治が世界を救う! 教員間の切磋琢磨が教育を再生する “聖域”と化した公立教育にメスを   不正採用汚職事件や学力テスト結果の公表などで日本の教育界に激震が走っている。だがこれは、保護者や外部の人たちの要望や批判が届かない公立教育界の“聖域”が...

  • 日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【農業】

    2008.10.15
    日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【農業】

    2008年12月号記事   日本の政治が世界を救う! 社会主義がいかに日本の農業をダメにしたか   いまや日本も会社や「人」を自由に売り買いできる時代になった。昨今の金融危機で、日米欧の企業が入り乱れて買収合戦を繰り広げているのはその表れだ。また、引き抜きやリストラ、転職も当たり前になった。 しかし、土地に関してはなぜか未だ...

  • 僕らの未来をのぞきに中台国境の金門島まで行ってきた

    2008.10.15
    僕らの未来をのぞきに中台国境の金門島まで行ってきた

    2008年12月号記事   国境ルポルタージュ 沖縄から台北、金門へ アジア情勢の最前線をいく   今年は、中国が台湾の金門島を砲撃した「八二三砲戦」から50周年。中国の国家戦略として、もし台湾の併合、沖縄の属国化という穏やかならぬものがあるならば、国境を接した沖縄県民である僕としては一度その最前線を見ておこうと思い、台湾に旅立った...

  • 新潮社に東京地裁が賠償命令

    2008.10.15
    新潮社に東京地裁が賠償命令

    2008年12月号記事   「週刊新潮」のズサンな取材が明らかに     「週刊新潮」の記事によって名誉を傷つけられたとして宗教法人幸福の科学(大川隆法総裁)が発行元の新潮社などに損害賠償等を求めた訴訟の判決が、10月1日東京地方裁判所で出された。原優裁判長は名誉毀損を認め、新潮社側に200万円の損害賠償を命じた。 ...

  • 日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【社会保障】

    2008.10.15
    日本の政治が世界を救う!第Ⅱ部 日本的社会主義との決別を【社会保障】

    2008年12月号記事   日本の政治が世界を救う! 「自助努力」と「利他の精神」による新たな医療・介護・年金システムを   〝社会保障クライシス〟解決のための新発想 匿名座談会 各種の世論調査で、国民の多くが今もっとも切実に不満や不安を抱えているのが医療や年金などの社会保障だ。もはや制度の手直しや財源確保レベルでは...

  • 今こそ日本から世界へ未来モデルの発信を

    2008.10.15
    今こそ日本から世界へ未来モデルの発信を

      2008年12月号記事 緊急掲載    大川隆法総裁法話 「ニューヨークで考えたこと」 2008年10月5日 幸福の科学 新宿支部精舎にて   今こそ日本から世界へ未来モデルの発信を   米リーマン・ブラザーズ破綻から2週間後の9月28日、大川隆法総裁は英語説法を...

  • 病に打ち克つために大切なこと

    2008.10.15
    病に打ち克つために大切なこと

    2008年12月号記事   幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤  第142回 厳しい時代を乗り切るヒント④ 朝の来ない夜はない──危機の時代を乗り切るための考え方③   ──2008年1月26日・横浜中央支部精舎における説法より──   三...

  • 与えるほど豊かになる法則

    2008.09.15
    与えるほど豊かになる法則

    2008年11月号記事   超不況業種でこの効果! 逆説の「必勝戦略」   量販店の進出で苦戦する街の電器屋、さびれた地方のシャッター街、そして構造不況に陥る衣料業界──経営が傾いて当たり前のこの状況から、見事、業績を伸ばしている企業や店がある。なぜ、この厳しい時代に斜陽産業のなかにあって、成果を上げることができるのか??その秘密を...

  • 「日本は世界のリーダーを目指す」と断言する者が首相たり得る

    2008.09.14
    「日本は世界のリーダーを目指す」と断言する者が首相たり得る

    2008年11月号記事   リバティ・オピニオン 新首相誕生、解散・総選挙へ   福田康夫首相の突然の退陣を受け、麻生太郎・自民幹事長が新首相に選出される見通しだが(9月17日現在)、すでに各衆院議員は“天下分け目の決戦”へと走り出している。今回の衆院選は、2010年代に向けて日本と世界のあり方を問う選挙。日...

  • 日本は根本から安全保障についての議論を

    2008.09.14
    日本は根本から安全保障についての議論を

    2008年11月号記事   リバティ・オピニオン 「国連幻想」を打ち砕いたロシアのグルジア侵攻   オリンピック開会式の日に勃発したロシアのグルジア侵攻後、ロシアと欧米の間では緊張状態が続いている。国連の国際平和における機能不全が明らかとなった以上、日本は根本から安全と平和を守るための議論をしなければならない。 &n...

Menu

Language