rss

記事一覧

  • 中国・韓国が嫌がる東条英機の〝亡霊〟

    2005.10.07
    中国・韓国が嫌がる東条英機の〝亡霊〟

    2005年12月号記事 リバティ・コラム 小泉首相の靖国参拝が反発される「本当の理由」 中国・韓国が嫌がる東条英機の"亡霊"   10月17日、小泉純一郎首相は総裁選後初めて靖国神社を参拝、中国や韓国などから猛烈な抗議の声が挙がっている。なぜ、小泉首相は靖国にこだわり、中・韓はかくも反発するのか。その真の理由は、今、小泉首相に東条英機の"亡霊...

  • 売上げ限界突破物語3

    2005.10.07
    売上げ限界突破物語3

      2005年12月号記事 短期集中連載 売上げ限界突破物語   経営コンサルタント砂田淳 (本稿は幸福の科学文化芸術祭2005・文筆部門に入選した砂田淳氏の作品の一部を編集部で再構成したものです) (すなだ・きよし) 1958年生まれ。大阪府出身。業界紙記者を経て、経営コンサルタント。(株)アデイナス代表取締役。「...

  •  「多重債務」脱出マニュアル

    2005.10.07
    「多重債務」脱出マニュアル

    2005年12月号記事 借金地獄はこうすれば抜け出せる! 「多重債務」脱出マニュアル   複数のサラ金やクレジット会社などへの借金返済に苦しむ「多重債務者」。 家庭崩壊やホームレス、自殺などにもつながり深刻な社会問題となっている。 真っ先に求められるのは、確かな相談先と返済額を圧縮するための知識だ。   &n...

  • 私が“途中下車”したサイテー男

    2005.10.07
    私が“途中下車”したサイテー男

      2005年12月号記事 少子化・晩婚化は男の責任!? 私が“途中下車”したサイテー男 ~女性たちの証言~   「日本男児」──この言葉を耳にしなくなってどれくらいたつのだろう。 懐かしさすら覚えてしまう。 「男尊女卑」とか「女尊男卑」とかそんな小さな議論なんて、この際どうでもいい。 ...

  • 行基、夢窓疎石、蓮如に学ぶ「国を動かす力」

    2005.10.07
    行基、夢窓疎石、蓮如に学ぶ「国を動かす力」

      2005年12月号記事 シリーズ 元気の出る 人物伝 第11回 行基、夢窓疎石、蓮如に学ぶ 国を動かす力   国を動かすのは、何も政治家とは限らない。   時として有徳の宗教家が現れて時代を動かすことがある。 奈良時代の行基、南北朝時代の夢窓疎石戦国初期の蓮如などは、その典型だ。 なぜ彼...

  • 次はNHK民営化!?

    2005.10.07
    次はNHK民営化!?

    2005年12月号記事 「受信料を強制徴収」に国民が猛反発 次はNHK民営化!?   受信料の不払いに歯止めがかからず、NHKの経営が根幹から揺らいでいる。そこで出てきたのが、「受信料の強制徴収」案。だが今度は、これに国民が猛反発。この際、NHK新生のためには、CMを解禁して受信料を無料化する「民営化」以外にない!?   &...

  • 子供に安全な社会をつくるには

    2005.10.07
    子供に安全な社会をつくるには

    2005年12月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤 第106回 新シリーズ「正しき道を求めて」 子供に安全な社会をつくるには   問 最近は、小さな子供たちが犯罪に巻き込まれることが多く、とても心配です。子供を護るために、親としてできることは何でしょうか。    ...

  • 21世紀の無税国家論

    2005.09.07
    21世紀の無税国家論

    2006年1月号記事   よ~く考えよう♪ ムダ遣いなのに「増税」って本気? 21世紀の無税国家論   借金が800兆円に迫り、「国家破産」も絵空事ではない日本の財政赤字──。小泉首相は見事、郵政民営化を成し遂げ、一気に「小さな政府」への改革を加速させようとしているが、一部では消費税率アップやサラリーマン増税が論議されている。しかし...

  • 自殺サイトの危険性

    2005.09.07
    自殺サイトの危険性

    2005年11月号木記事 ついに殺人事件まで起きた── 自殺サイトの危険性   集団自殺のきっかけとなるだけでなく詐欺やレイプなど犯罪の温床になっているともいわれる「自殺サイト」。 その実態と危険性を改めて明らかにしネット自殺や犯罪の防止への取り組みを探った。   「自殺志願者なら怪しまれない」 「口を押さえ...

  • 医師とのコミュニケーションを大切に

    2005.09.07
    医師とのコミュニケーションを大切に

      2005年11月号記事 「健康診断」はホントに効果ある!? 診断結果を過信せず医師とのコミュニケーションを大切に   健康診断(健診)で異常がないからといって安心できない── 健診の効果を見直す厚労省研究班の報告書が波紋を呼んでいる。要は健診結果だけで安心せず体の異常を感じたら医師に症状を詳しく相談するなど医師との言葉に...

Menu

Language