rss

記事一覧

  • 日本の未来を開くアイデア

    2009.05.21
    日本の未来を開くアイデア

    2009年7月号記事   幸福実現党の政策から考える   八方塞がりに見える日本の打開策とは何か── 幸福実現党では「幸福倍増宣言」というキャッチフレーズのもとで景気回復策や教育、防衛などすでに基本的な政策の枠組みを明らかにしている。 同党の「主要政策(09年5月版)」をもとに日本の未来を開く政策とはいかなるものかを考えた。...

  • 脳死臓器移植推進の前提として  霊的真実にも目を向けよ

    2009.05.21
    脳死臓器移植推進の前提として 霊的真実にも目を向けよ

      2009年7月号記事 オピニオン 活発化する法改正の動き   「今国会で方向・筋道をきちんとつけて、日本人が海外からの臓器移植に過大に頼ることを避ける措置を取っておく必要がある」 自民党の細田博之幹事長は5月8日の記者会見で、臓器移植法改正案の成立を今国会で目指すべきだとの考えを示した。 現行法は1997年10月...

  • 日本政治の   新しい時代が始まる

    2009.05.21
    日本政治の 新しい時代が始まる

    2009年7月号記事   混迷する政治に活路を! 世界は劇的に変化している、にもかかわらず、わが国の政界は政局にうつつを抜かし、国民の間には政治不信が高まっている。今こそ、新しい時代の日本のビジョンと政策を打ち出す政治パワーが必要ではないか。   小沢氏辞任で混沌とする政界   「政権交代の実...

  • 中国の空母建造に日本の備えはあるか

    2009.05.21
    中国の空母建造に日本の備えはあるか

    2009年7月号記事   「今が中国にとって空母建造のチャンス」 「国内経済に巨大な成長推進の効果をもたらす」 航空母艦(空母)建造が公然の秘密になっている中国で4月、海軍少将でもある張召忠国防大学教授が、空母建造の効用として内需拡大や産業の活性化が見込めるという見解を示した。   空母建造には、長く時間がかかり...

  • メキシコ発  新型インフルエンザの  霊的背景と対策

    2009.05.21
    メキシコ発 新型インフルエンザの 霊的背景と対策

    2009年7月号記事   「人はウイルスに負けるような弱い存在ではない!」   かつてペストなどの疫病は、神の祟りや人々の呪いによるものとされたが19世紀以降、細菌やウイルスが発見されると、そうした考えは一蹴された。 だが、迷信も唯物論も、いずれも感染症の実態を捉えきってはいない。 グローバル社会で、今回のような新型インフル...

  • 国師・大川隆法総裁の〝軌跡〟

    2009.05.21
    国師・大川隆法総裁の〝軌跡〟

    2009年7月号記事   大川隆法・幸福の科学グループ創始者(兼)総裁は1986年の立宗以来、政治や経済のあるべき姿についても全国各地での法話や本誌記事などを通じて、数々の提言を行ってきている。 そうした提言が、多くの人を救ったり実際の政策として実現している。 このほど大川総裁の発案によって幸福実現党が立党されたがすでに「国師」として大きな政治的影響...

  • 「閉塞感」の強い時代だからこそエジソンに学ぼう

    2009.05.21
    「閉塞感」の強い時代だからこそエジソンに学ぼう

    2009年7月号記事   何を作っても、どうやっても売れない―― そんな風にあきらめてはいけない。戦争や不況の時代に、次から次へと発明品を送り出した成功者・エジソンに学べば、逆風の時代のヒントが見えてくる。 このほど発刊された『エジソン発想法』の著者・浜田和幸氏に話を聞いた。 (はまだ・かずゆき) 1953年鳥取県生まれ。東京外国語大学中国科...

  • 「幸福実現党宣言」

    2009.05.21
    「幸福実現党宣言」

    2009年7月号記事   緊急掲載 幸福の科学グループ創始者(兼)総裁 大川隆法 法話 レポート 具体的幸福の実現を目指し、幸福の科学が政党を結成   4月30日、大川隆法総裁は法話『幸福実現党宣言』を説いた。 本法話は幸福の科学グループによる責任政党「幸福実現党」の創立宣言であり 宗教とは別の次元...

  • 日本の社会主義化を防ぐために

    2009.05.19
    日本の社会主義化を防ぐために

      2009年7月号記事 幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法シリーズ 人生の羅針盤  第149回   日本の社会主義化を防ぐために ──2008年12月13日 幸福の科学・江東支部精舎(東京都江東区)にて──     役人は基本的に「不況が好き」である...

  • オーストラリアは  中国に呑み込まれるのか?

    2009.04.18
    オーストラリアは 中国に呑み込まれるのか?

    2009年6月号記事 ニュース ラッド政権下で中国に急接近   オーストラリアのラッド首相が11年ぶりの政権交代で就任してから1年余り経ち、中国との結びつきが目に見えて強くなっている。     日米豪の関係を重視した前政権から大きく路線転換。政権発足後ほどなくして、スミス外相が日米豪印4カ国の首脳による戦略...

Menu

Language