rss

記事一覧

  • 円高になるほど輸出が増える日本経済の現実

    2010.09.10
    円高になるほど輸出が増える日本経済の現実

      6年半ぶりの円売り介入 9月15日、ついに政府・日銀が6年半ぶりとなる円売り・ドル買い介入に踏み切った。 野田佳彦財務相は、介入後の記者会見で「必要なときには介入も含めて断固たる措置を取っていきたい」と表明、ようやく円高阻止に向けた"本気"の姿勢を見せることになった。 きっかけとなったのは、前日に行われた民主党の代表選。介入に...

  • 苛烈な〝破壊者〟ニーチェの闇

    2010.09.07
    苛烈な〝破壊者〟ニーチェの闇

    2010年11月号記事   いま日本でなぜか、ニーチェがブームだ。ベストセラーも生まれ、若い人たちの心も捉えているようだ。なぜニーチェが流行るのか。そしてその危うさとは?西洋哲学の研究者であり大学の哲学講師である伊藤淳氏に分析してもらった。   Profile 伊藤淳(いとう・じゅん) 1962年生まれ。2001年東洋大学大学院博士...

  • 大ヒットする曲のつくり方

    2010.09.02
    大ヒットする曲のつくり方

    2010年11月号記事   幸福の科学総裁 大川隆法 対機説法 人生の羅針盤 No.165 未来創造のためのヒント(5)   【問】主人は今37歳で、パソコン関係のプログラミングの仕事をしています。結婚する前から、主人は音楽をつくる仕事に転職したい気持ちがあったのですが、家庭を持った今、年齢的にも、収入が安定している現在の仕...

  • ライフミッションは人間を強くする

    2010.09.01
    ライフミッションは人間を強くする

    (じつかた・はるみ)外資系IT企業で秘書、人事教育を経験後、コーチとして独立。心の法則とコーチングスキルをドッキングさせ、人の幸せと人生の成功を実現させるコーチングサービスを展開。短期間でコーチングスキルが習得でき、受講生から好評を博している。著書に『幸せなライフミッションが見つかる天使の質問』(総合法令出版)がある。   ストロング・マインドで人生の壁を打ち破れ!...

  • 逆境は周囲に頼らず長所を磨くとき

    2010.09.01
    逆境は周囲に頼らず長所を磨くとき

    (かわせ・かずゆき)1955年北海道生まれ。総合商社丸紅関連の子会社時代、株式会社イエローハット創業者の鍵山秀三郎氏に一風変わった営業をして知己を得る。その後、転職して、イエローハットに3年間籍を置き、販売および販売企画のコンサルタントとして従事し、タイヤ売上日本一にも輝く。2000年に独立し、購買心理学、経済心理学等をベースとした販売技術を編み出す。著書に『また、売れちゃった!』(ダイヤモ...

  • 信じて忍耐すれば良い日は必ずやって来る

    2010.09.01
    信じて忍耐すれば良い日は必ずやって来る

    (ささき・つねお)1944年秋田市生まれ。東京大学経済学部卒業後、東レ入社。2001年、東レ同期トップで取締役となり、03年、東レ経営研究所社長に就任。10年8月より現職。経団連理事、内閣府審議委員、大阪大学客員教授などを歴任する。著書に『ビッグツリー』『そうか、君は課長になったのか』『部下を定時に帰す「仕事術」』(いずれもWAVE出版)がある。   ストロング・マ...

  • まず自分から変わるのがリーダーの条件だ

    2010.09.01
    まず自分から変わるのがリーダーの条件だ

    (みやばた・きよつぐ)1935年大阪市生まれ。中央大学大学院法学研究科修了後、東京都庁に入庁。交通局長を経て、94年から東京都地下鉄建設株式会社の代表取締役専務。98年、はとバス代表取締役社長に就任。倒産の危機にあった同社を再建し、2002年に退任後は、同社特別顧問や東京都交通局経営アドバイザリー委員を歴任。著書に『はとバスをV字回復させた社長の習慣』(祥伝社)がある。  ...

  • 成長し続ける人生の秘訣

    2010.09.01
    成長し続ける人生の秘訣

    ストロング・マインドで人生の壁を打ち破れ!(1) 何度転んでも立ち上がるストロング・マインドで人生の壁を打ち破れ!   病気、失恋、離婚、リストラ、不況による経済苦など、長い人生にはさまざまな苦難や挫折が待ち構えている。誰もが避けて通れない人生の壁――。それを打ち破るために必要なのが「ストロング・マインド(強靭な意志の力)」だ。苦難を乗り越え、強き...

  • 円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(2)

    2010.08.29
    円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(2)

      2010年10月号記事   円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(2)   円高が続き、国内では悲観論が起きている。だが長期的には、世界経済に強い影響力を持つ日本は、円高トレンドを受け入れ、古い成長モデルを捨て、強い国・豊かな国際社会の構築を目指すべきではないか。【円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(...

  • 円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(1)

    2010.08.29
    円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(1)

    2010年10月号記事   円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(1)   円高が続き、国内では悲観論が起きている。だが長期的には、世界経済に強い影響力を持つ日本は、円高トレンドを受け入れ、古い成長モデルを捨て、強い国・豊かな国際社会の構築を目指すべきではないか。【円高が世界を救う?-有事のドルから有事の円へ(1)】 (編集...

Menu

Language